カスタムページの設定変更

18件の検索結果  1〜18件を表示

キーワード |'@sh月経不順'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ローズ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    枝にトゲがあり、甘い香りの花を咲かせるバラ科の低木。薬用に使うのはガリカローズ(学名Rosa gallica)で、初夏に半八重の花をたくさん咲かせる。乾燥した花を煎じたハーブティーにはタンニンが含まれており、ドイツでは口内炎の治療に使う。精油は別の品種のバラから取るが、特にダマスクローズ(学名Rosa damascena)から取る精油は「精油の女王」とも呼ばれる豊かな香り。強壮作用などがあり、

  • 0.5

    レディースマントル(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Alchemilla vulgaris。和名はハゴロモグサで、ヨーロッパ原産のバラ科の多年草。葉が扇子のように折りたたまれていて、開くと女性のマントのようなのでこの名が付いた。花の時期に採取した地上部を薬用にする。たんぱく質を固める作用(収れん作用)があり、下痢止めに使う。ハーブティーは月経痛や月経不順の緩和を目的に使われることもある。レディズマントル、アルケミラとも呼ぶ。

  • 0.5

    松樹皮ポリフェノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    松の樹皮から抽出したポリフェノール成分。産地や抽出法の違いでピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノールといった商標名・商品名が付く松樹皮抽出物の主な成分。活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。主たる有効成分は、プロアントシ

  • 0.5

    マカ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Lepidium meyenii。ペルー原産のアブラナ科の植物。高度4000m級の高原地帯で栽培される。根菜類にしては、たんぱく質の含有率が高く、アミノ酸のバランスがいい。ビタミン・ミネラルも豊富で、鉄やカルシウムは他の根菜類の数倍から数十倍を含む。現地では、古くから、根の部分が食用のほか、滋養強壮のための民間薬として使われている。乾燥粉末や抽出エキスがサプリメントとして用いられる。有効成

  • 0.5

    フランス海岸松樹皮(サプリメント事典, 2011/08/01)

    フランス海岸松の樹皮。ポリフェノールを多く含む。この樹皮から抽出した成分は抽出法の違いでピクノジェノール、フラバンジェノールといった商標名・商品名が付いている。活性酸素を除去する抗酸化力が強く、血流を改善する効果が高い。関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上・中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。主たる有効成分は、プロアントシアニジン。

  • 0.5

    フラバンジェノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    フランス南西部のランド地方に生育する海岸松の樹皮から抽出した成分。OPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)を主成分としたポリフェノールを多く含む。東洋新薬の登録商標。活性酸素を除去する抗酸化力が強い。経口摂取で関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上・中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。また、塗布による末梢血流改善作用なども報告さ

  • 0.5

    ピクノジェノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    40種類を超えるポリフェノールを含むフランス海岸松樹皮エキス。ホーファー・リサーチなどの登録商標。活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下のほか、美肌効果も確認が進んでいる。主たる有効成分は、プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンの重合体(数個結合したもの)とされ

  • 0.5

    春ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ウコンの一種で、正式名はキョウオウ。学名はCurcuma aromatica Salisb。秋ウコンに比べると、色素成分のクルクミンの含有量は少ないが、秋ウコン同様、肝臓の機能を助け、アルコールの分解と胆汁の分泌を促す。また、独特の精油成分を含み、殺菌作用のほか血圧やコレステロールを下げる作用もある。【漢方】漢方の生薬としては、日本では根茎が主に用いられ、秋ウコンを鬱金(うこん)、春ウコンを姜

  • 0.5

    バラ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ローズのこと。薔薇と書く。枝にトゲがあり、甘い香りの花を咲かせるバラ科の低木。薬用に使うのはガリカローズ(学名Rosa gallica)で、初夏に半八重の花をたくさん咲かせる。これを乾燥した花を煎じたハーブティーにはタンニンが含まれており、ドイツでは口内炎の治療に使う。精油はダマスクローズ(学名Rosa damascena)などから取るが、特にダマスクローズは「精油の女王」とも呼ばれる豊かな香

  • 0.5

    当帰芍薬散(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】婦人科で最も多用されている漢方薬。当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、茯苓(ぶくりょう)など、6種類の生薬から成り立っている。「血」を補う作用と、水分代謝を良くする作用がある。月経不順、月経量の減少、月経痛、婦人科系の症状を伴うむくみなどに用いられる。おだやかな薬なので、長期にわたる服用が勧められることが多いが、症状がなかなか改善しない場合は、東洋医学的な診断の上でほかの漢方薬に変更

  • 0.5

    チェストツリー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Vitex agnus-castus。南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物で、和名はイタリアニンジンボク。チェストベリーとも呼ばれる実のエキスは、女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、月経不順やPMS(月経前症候群)を改善する。ドイツではPMSに伴う下腹部痛や頭痛、イライラ、乳房の張りなどの医薬品として認められている。一日目安量はエキスで30〜

  • 0.5

    セージ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salvia officinalis。和名はサルビア。シソ科の多年草。強い殺菌力を持ち、発熱やのどの痛み、痰がからむといったカゼの諸症状を抑える作用を持つとされる。ハーブティーのほか、乾燥粉末のサプリメント、花や茎葉から抽出した精油などがある。香りと苦みには、食欲を出し、消化酵素を活発にする作用がある。消化不良、下痢、おなかの張り、吐き気など、胃腸の調子が悪いときの利用にも向く。アルツハイ

  • 0.5

    クラリセージ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salvia sclarea。花と葉から抽出した精油が、アロマセラピーに用いられる。甘いナッツのような香りで、鎮静、鎮痙作用を持つ。PMS(月経前症候群)や月経痛、月経不順の人向けにマッサージオイルにも使われる。

  • 0.5

    エンゾジノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    松の樹皮から抽出したポリフェノール成分の一つ。活性酸素を除去する抗酸化力が強く、血流を改善する効果が高い。関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上・中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。主たる有効成分は、プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンの重合体(数個結合したもの)とされる。

  • 0.5

    温経湯(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】日本では、不妊によく用いられている漢方薬。呉茱萸(ごしゅゆ)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、人参(にんじん=高麗ニンジン)、桂枝(けいし)、ショウガ、甘草(かんぞう)など、12種類の生薬から成り立っている。日本では桂枝のかわりに肉桂(にっけい=シナモン)を用いることが多い。子宮を温める作用、「血」を補う作用、「血」をめぐらせる作用があり、冷えによる月経のトラブルに幅広く使える。

  • 0.5

    ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Curcuma longa。ショウガ科の植物。ターメリックともいう。切り口が鮮やかな黄色で、カレー粉の原料になる秋ウコンのほか、切り口が薄い黄色の春ウコン(キョウオウ)、切り口が紫がかった白色の紫ウコン(ガジュツ)がある。秋ウコンに多い色素成分のクルクミンは、肝臓の解毒作用を高めるとされ、ウコンを酒を飲む前にとると二日酔いの予防作用があるとされてきた。また、胆汁の分泌を促して消化を助けるほ

  • 0.5

    イタドリ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Fallopia japonica。タデ科の多年草で日本の山に自生する植物。別名スカンポ。根茎は医薬品、若芽は山菜としておなじみの食品。根茎には強力な抗酸化力を持つリスベラトロールが含まれる。このため、リスベラトロールのサプリメントの原料にもなっている。リスベラトロールは、イタドリのほかブドウの皮や種にも含まれており、がんや生活習慣病の予防に役立つとして米国で注目の成分。【漢方】根茎は、虎

  • 0.5

    秋ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ウコンの一種。学名Curcuma longaなど。ショウガ科の植物で、英語名はターメリック。切り口が鮮やかな黄色で、カレー粉の原料になる。ほかにウコンには、切り口が薄い黄色の春ウコン(キョウオウ)、切り口が紫がかった白色の紫ウコン(ガジュツ)がある。秋ウコンに多い色素成分のクルクミンは、肝臓の解毒作用を高めるとされている。酒を飲む前にとると二日酔いの予防になるとされる。また、胆汁の分泌を促して

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ