カスタムページの設定変更

37件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |'@sh疲労'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 0.5

    ビタミンB1(サプリメント事典, 2011/08/01)

    1@@@@@@@@@ビタミンビーワン vitaminb @sh疲労@ --> でんぷんなどの炭水化物を分解してエネルギーを取り出すのに必要な水溶性のビタミン。食品では豚肉、米ぬか、ゴマなどにたくさん含まれている。体内でピロリン酸が2個結合したチアミンピロリン酸(TPP)になり、解糖系やTCA回路(エネルギー産生回路)で働く複数の酵素の補酵素になる。不足すると力がわかずに疲れやすくなり、脚気

  • 0.5

    六味地黄丸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】六味丸(ろくみがん)とも呼ばれる。成長・発育・生殖・老化など、エイジングと深い関係のある「腎(じん)」の機能を補う漢方薬。地黄(じおう)を中心に、山茱萸(さんしゅゆ)、山薬(さんやく)など、六つの生薬から成り立っている。もともとは、成長が遅い小児の薬として中国の宋の時代に開発されたが、現在では小児から老人まで、「腎」の機能の低下によって起こる下半身のだるさや疲労感、排尿のトラブル、耳鳴

  • 0.5

    リンゴポリフェノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    リンゴの実に含まれるポリフェノール成分で、主な成分はプロシアニジンという、カテキンがいくつかつながったもの。特にリンゴの幼果(未熟果)に多く存在する。抗酸化力が強い水溶性の素材で、食品や化粧品等の機能性原料として利用されている。リンゴポリフェノールには、摂取した脂肪の体内への吸収を抑制し排出を促す一方で、肝臓内では脂肪生合成を抑制し脂肪燃焼を促進する働きがあり、内臓脂肪の蓄積やコレステロールを

  • 0.5

    六君子湯(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】人参(にんじん=高麗ニンジン)、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、陳皮(ちんぴ)、ショウガ、大棗(たいそう=ナツメ)、甘草(かんぞう)など、8種類の生薬から成る。消化吸収力の低下による疲労感や胃腸の不調などに、最も出番が多い漢方薬。「温性」で、体のエネルギーである「気」を補う作用があるため、胃腸の機能低下に対しては効果を発揮するが、食べ過ぎによるおなかの張りや、おなかに熱がこも

  • 0.5

    もろみ酢(サプリメント事典, 2011/08/01)

    沖縄特産の焼酎、泡盛(あわもり)の副産物として作られる飲料。米と水、黒麹(くろこうじ)菌を合わせて発酵させ、お酒を搾った後に残る「もろみ」が原料。黒麹菌が発酵の過程で作り出すクエン酸が豊富。酢酸を主成分とする食酢と違って、酸味成分(有機酸)の8割をクエン酸が占める。クエン酸は、エネルギーを作り出すTCA回路(クエン酸回路)を活性化し、乳酸が作られにくくする。血圧やコレステロール値を下げたり、脂

  • 0.5

    マグネシウム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    300以上もの代謝酵素が働くのに必要な必須ミネラル。高めの血糖、中性脂肪、血圧を下げる作用を持つ。筋肉の収縮を抑え、脳梗塞や心臓病、こむら返りも防ぐ。骨を形成するミネラルの一つでもある。PMS(月経前症候群)や慢性疲労症候群を改善する効果も報告されている。ストレスにさらされると、尿から排泄される。食品では、にがり、ナッツ類、きな粉、ヒジキなどに多い。サプリメントの場合、カルシウムとマグネシウム

  • 0.5

    補中益気湯(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】黄耆(おうぎ=アストラガルス)を中心に、人参(にんじん=高麗ニンジン)、当帰(とうき)、陳皮(ちんぴ)、大棗(たいそう=ナツメ)、甘草(かんぞう)、ショウガなど8種類の生薬から成る漢方薬。体のエネルギーである「気」を補う「補気薬(ほきやく)」の代表格。「気」の不足からくる慢性的な疲労感やだるさ、胃下垂、慢性の下痢、食欲不振、尿漏れ、不正性器出血などによく用いられる。労働や運動などによる

  • 0.5

    ホスファチジルセリン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    脳や神経組織の細胞膜に多く含まれているリン脂質。PSと略記される。細胞膜の情報伝達を担うホスファチジルイノシトールの代謝にかかわっており、神経細胞の情報伝達を円滑にする。ウシの脳から抽出したPSを使った、厳密な臨床試験で、アルツハイマー病など加齢による認知症の進行を遅くする効果が確かめられているが、過剰使用するとその効果は減弱するとの報告もある。ただし、狂牛病(牛海綿状脳症=BSE)の感染リス

  • 0.5

    ビタミンC(サプリメント事典, 2011/08/01)

    アスコルビン酸ともいう。レモンやピーマンなど、多くの野菜や果物に含まれる水溶性のビタミン。数多くの機能を担っている。代表的なものは、活性酸素を消去して体の酸化を防ぐ、皮膚や骨を丈夫にするたんぱく質「コラーゲン」の合成を助ける、ストレスに適応するためのホルモン合成を助ける──など。鉄の吸収やビタミンEのリサイクル(酸化されて効力を失ったビタミンEをもとの形に戻す)を助ける働きもあるので、サプリメ

  • 0.5

    BCAA(サプリメント事典, 2011/08/01)

    分岐鎖アミノ酸のこと。筋肉組織のたんぱく質であるアクチンとミオシンを構成するアミノ酸。ロイシン、イソロイシン、バリンの3種の必須アミノ酸を指し、アミノ酸サプリメントの主要成分だ。BCAAは運動後に活発になる筋肉たんぱく質の分解を抑え、合成を促進する働きを持つ。また、運動をしなくても筋肉の減りが抑えられたり、体脂肪を減少させることがわかってきた。摂取後約30分で血中濃度がピークになることを確認し

  • 0.5

    八味地黄丸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】八味丸(はちみがん)とも呼ばれる。成長・発育・生殖・老化など、エイジングと深い関係のある「腎(じん)」の機能を補う漢方薬。腎の基本方剤である六味地黄丸(ろくみじおうがん)に、肉桂(にっけい=シナモン)と附子(ぶし)を加え、体を温める作用を高めている。六味丸より冷え性向きの処方となっている。「腎」の機能の低下によって起こる下半身や全身の冷え、下半身のだるさや疲労感、排尿のトラブル、不妊な

  • 0.5

    ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ビタミンの一種、ナイアシンが変換されてできる補酵素。酸化型の略称のNAD、または還元型の略称のNADHと呼ぶことが多い。全身のエネルギー代謝を活発にして元気を出す作用があり、慢性疲労を改善し、時差ボケで眠くなるのを防ぐ。光や熱、湿気の影響で変性しやすいが、米メヌコ社の「ENADAlert」というNADHのサプリメントには、同社が開発し、特許を取得したNADHを安定化させる方法が用いられている。

  • 0.5

    冬虫夏草(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Cordyceps sinensisなど。中国で滋養強壮のために古くから珍重されてきたキノコの一種。蛾(が)やトンボといった昆虫などの虫に寄生して成長するため、宿主によって種類が異なる。免疫力向上や抗がん作用が注目されている。北虫草(ほくちゅうそう)ともいう。最近では、玄米などに菌を植えつけて人工培養できるようになっている。【漢方】生薬としては、「温性」で、呼吸器を潤す作用、体を温める原動

  • 0.5

    デヒドロエピアンドロステロン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    主に副腎皮質で作られ、男性ホルモンのテストステロンやその前駆体のアンドロステンジオン、女性ホルモンのエストロゲンへと変換されるホルモン。DHEAと略称で呼ばれることが多い。中年過ぎから血液中のDHEA量が急激に減るため、「若さの源」となるホルモンとして、米国で人気の高いサプリメント成分になった。勃起障害やうつ、疲労感、更年期障害、免疫力の低下などを改善するとの報告がある。日本では医薬品に区分さ

  • 0.5

    大豆ペプチド(サプリメント事典, 2011/08/01)

    大豆たんぱく質を酵素などで加水分解して作られる物質。基礎代謝を上げたり、運動による筋肉の損傷を修復して筋力を向上させる作用を持つ。ほかにも血中コレステロールを低下させる作用やリラックス効果、脳の疲労を和らげる働きなどが報告されている。1日目安量は4g。

  • 0.5

    スコルジニン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ユリ科の多年草、ニンニクに含まれる成分。強壮、疲労回復などの効果があるとされ血圧を下げたり、悪玉コレステロールを減らす作用があるという説がある。

  • 0.5

    十全大補湯(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】体のエネルギーである「気」を補う人参(にんじん=高麗ニンジン)や黄耆(おうぎ=アストラガルス)、「血」を補う当帰(とうき)や地黄(じおう)のほか、甘草(かんぞう)、肉桂(にっけい=シナモン)など10種類の生薬を合わせた漢方薬。「気」と「血」を補う漢方薬の基本方剤とされている。主に、疲労感や貧血、慢性病による消耗などに用いられる。

  • 0.5

    コラ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Cola nitidaなど。西アフリカ原産のアオギリ科常緑木。薬用となるのは種子で、薬用成分としてコラニン、テオブロミン、カフェインなどを含む。精神的・身体的な疲れに効くとして、ドイツでは医薬品として認められている。とりすぎると興奮して眠れなくなるので注意が必要。なお、清涼飲料水のコーラに種子から取ったエキスが入っているという話は誤りで、コーラにはコラエキスは入っていない。

  • 0.5

    小麦はい芽(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ビタミンB群やビタミンEを豊富に含む、小麦の芽になる部分。小麦はい芽を搾った小麦はい芽油はビタミンEとオクタコサノールなどの成分を含み、老化防止や美容、スタミナや耐久力の向上などの効用が知られている。

  • 0.5

    コエンザイムQ9(サプリメント事典, 2011/08/01)

    細胞のミトコンドリアが、細胞のエネルギー物質であるアデノシン3リン酸(ATP)を作るのに欠かせない成分。CoQ10(コーキューテン)と略記する。CoQ10は生体内で作られるが、ATPの合成に伴って消耗するため、運動などによってATP産生が活発になると供給が間に合わなくなる。また加齢とともに、体内のCoQ10量が減少する。食事でも摂取できるが、通常の食事で1日あたり5〜10程度と、それほど多くな

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ