カスタムページの設定変更

6件の検索結果  1〜6件を表示

キーワード |'@sh発熱'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ホワイトウィロウ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salix alba。中央〜南ヨーロッパ、北米に育つ高さ25m程度の樹木。和名はセイヨウシロヤナギ。樹皮の抽出エキスがサプリメントに使われる。解熱・鎮痛作用があり、古くから民間療法に使われてきた。頭痛薬として定番のアスピリンは、ホワイトウィロウに含まれるサリシンをもとに作られたのが始まり。アスピリンに比べると効き目は穏やかだが、胃が荒れるといった副作用は少ない。

  • 0.5

    板藍根(サプリメント事典, 2011/08/01)

    アブラナ科の植物、菘藍(うすらん、ホソバタイセイ)の根。抗ウイルス、抗菌、免疫増強、解熱消炎作用があるといわれ、中国の家庭では、板藍根のエキスを顆粒状にしたお茶を、カゼなどの感染症の予防に飲む。香ばしい味なので、のどが痛いとき、うがいをするように飲むといい。SARS(重症急性呼吸器症候群)に効くと、話題になった。【漢方】抗ウイルス作用のある生薬として、カゼやインフルエンザ、おたふくかぜなど、ウ

  • 0.5

    セージ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salvia officinalis。和名はサルビア。シソ科の多年草。強い殺菌力を持ち、発熱やのどの痛み、痰がからむといったカゼの諸症状を抑える作用を持つとされる。ハーブティーのほか、乾燥粉末のサプリメント、花や茎葉から抽出した精油などがある。香りと苦みには、食欲を出し、消化酵素を活発にする作用がある。消化不良、下痢、おなかの張り、吐き気など、胃腸の調子が悪いときの利用にも向く。アルツハイ

  • 0.5

    桑の葉(サプリメント事典, 2011/08/01)

    桑は、クワ科クワ属の落葉樹。葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という、ブドウ糖に構造が似た成分に、食べた糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにする作用がある。ダイエットや糖尿病の予防を目的としたサプリメントに配合される。葉を乾燥、焙煎させた桑の葉茶はダイエット茶として使われる。【漢方】カラグワ(学名Morus alba)の葉は、カゼ、発熱、頭痛、目の充血などに用いられる漢方薬でもあ

  • 0.5

    エルカンプーレ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Gentianella alborosea。アンデス山脈に自生するリンドウ科の高山植物。ペルーではインカ時代から、薬草として使用され、胃炎や肝炎、糖尿病、肥満、感染症、マラリアによる高熱などに効果があるといわれてきたが、最近では中性脂肪や血糖値、血圧の上昇抑制など、メタボリックシンドロームの予防効果に期待が集まっている。抗酸化力が強い。国内のヒト試験で、総コレステロール、中性脂肪の低下と、

  • 0.5

    アメリカニンジン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    北米に自生するジンセン(薬用ニンジン)の一種。学名Panax quinquefolium。熱を下げ、消化器の機能を改善する作用があるとされる。アメリカンジンセン、広東人参ともいう。【漢方】生薬名は西洋参(せいようじん)。体のエネルギーである「気」や、体に必要な潤い「水(すい)」を補う作用がある。高麗ニンジンと同じく、だるい、疲れやすい、といった「気」の不足による症状に効果があるが、高麗ニンジン

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ