カスタムページの設定変更

7件の検索結果  1〜7件を表示

キーワード |'@sh肩凝り'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ビタミンE(サプリメント事典, 2011/08/01)

    強い抗酸化作用を持つビタミン。油に溶けやすく、体内の油(細胞膜など)の中に溶け込んでその酸化を防ぐ。この作用により動脈硬化を抑え、心臓病や脳卒中を予防すると考えられているが、体質(ハプトグロビンというたんぱく質のタイプ)によっては効果が出にくいこともある。また、抗酸化作用によって血流を改善して、肩凝りや冷え性を解消する効果がある。食品ではアーモンドやクルミなどのナッツ類や胚芽油、卵黄、レタスな

  • 0.5

    松樹皮ポリフェノール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    松の樹皮から抽出したポリフェノール成分。産地や抽出法の違いでピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノールといった商標名・商品名が付く松樹皮抽出物の主な成分。活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。主たる有効成分は、プロアントシ

  • 0.5

    ヘプロニカート(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ビタミンB群の一つ、ナイアシンの誘導体。末梢の血管を拡張し、血流を良くして、手足の冷えを改善する医薬品成分。首や肩の凝りに効果がある。

  • 0.5

    ペパーミント(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Mentha piperita。シソ科の植物。和名はセイヨウハッカ。葉に胃酸を増やして消化機能を整える働きがある。有効成分はメンソールで、清涼感のある香り。ガムやアメの香料としてもおなじみだ。精油成分は、頭痛や凝り対策のアロマセラピーにも用いられる。ペパーミントの精油とキャラウェイの精油の混合物を腸で溶けるカプセルに入れたもので行った試験では、IBS(過敏性腸症候群)の症状を和らげたという

  • 0.5

    トコフェロール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ビタミンE成分の一つ。天然のビタミンEにはトコトリエノール類とトコフェロール類があり、それぞれα、β、γ、δの4種類ずつがある。ビタミンEのサプリメント成分では、α-トコフェロールを主成分とすることが一般的で、肩凝りや冷え性、更年期障害に効果がある。

  • 0.5

    シナモン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Cinnamomum verum。ニッキ(肉桂)のこと。樹皮がハーブティーなどに配合される。主成分のシンナミックアルデヒドに、末梢血管の拡張作用があり、手足の血流を改善し、冷えや肩凝りに効くとされる。発汗作用や殺菌作用、健胃・整腸作用もある。血糖値を下げる働きもあるとされている。毛細血管を保護する作用もわかってきた。枝などから抽出した精油もあり、冷えにいいとされる。【漢方】生薬としてはシナ

  • 0.5

    イチョウ葉エキス(サプリメント事典, 2011/08/01)

    イチョウ(学名Ginkgo biloba)の葉から抽出したエキス。ケルセチンやルチンなどのフラボノイドや、イチョウ葉特有の成分であるテルペン類のギンコライドなど、様々な成分を含む。臨床試験で、脳血管性やアルツハイマーによる認知症を改善する効果や、月経前症候群(PMS)の緩和が認められている。血行を高め、肩凝りや冷え性を改善する効果もある。生の葉は摂取しないこと。フラボノイドやテルペン類の含有量

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ