カスタムページの設定変更

10件の検索結果  1〜10件を表示

キーワード |'@sh膀胱炎など泌尿器関連'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    六味地黄丸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】六味丸(ろくみがん)とも呼ばれる。成長・発育・生殖・老化など、エイジングと深い関係のある「腎(じん)」の機能を補う漢方薬。地黄(じおう)を中心に、山茱萸(さんしゅゆ)、山薬(さんやく)など、六つの生薬から成り立っている。もともとは、成長が遅い小児の薬として中国の宋の時代に開発されたが、現在では小児から老人まで、「腎」の機能の低下によって起こる下半身のだるさや疲労感、排尿のトラブル、耳鳴

  • 0.5

    ブチュ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Barosma betulinaなど。アフリカ原産のミカン科の低木。葉からとる精油に抗菌作用があるとされ、尿路感染症の治療などに使われるほか、利尿作用があると考えられており、痛風に効くとされる。ただし、これらの効果は臨床試験では確かめられていない。また、試験管内実験では、抗菌作用がほとんどないという結果になっている。ブック、ブークー、ブッコノキなど様々な呼び名がある。妊娠中の人は使用しない

  • 0.5

    パンプキンシード(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ウリ科のペポカボチャ(学名Cucurbita pepo)の種。女性の頻尿、失禁を和らげる。1日にエキス量で525を目安にとる。3カ月程度で効果を実感できるとされる。花粉症などのアレルギーを抑える効果、脂質異常症や高血圧を改善する効果の研究も進められている。

  • 0.5

    八味地黄丸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】八味丸(はちみがん)とも呼ばれる。成長・発育・生殖・老化など、エイジングと深い関係のある「腎(じん)」の機能を補う漢方薬。腎の基本方剤である六味地黄丸(ろくみじおうがん)に、肉桂(にっけい=シナモン)と附子(ぶし)を加え、体を温める作用を高めている。六味丸より冷え性向きの処方となっている。「腎」の機能の低下によって起こる下半身や全身の冷え、下半身のだるさや疲労感、排尿のトラブル、不妊な

  • 0.5

    バターバー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    和名はセイヨウフキ。学名Petasites hybridus。キク科の多年草。地下茎から抽出したペタシンという成分が、鼻づまりの原因となるアレルギー物質、ロイコトリエンの働きを抑える。抗アレルギー薬と同等の効果があり、眠くなりにくいという研究報告が、2002年に英医学誌に発表された。花粉症をはじめとするアレルギー対策に利用される。またドイツでは、20年以上前から片頭痛の薬として販売されている。

  • 0.5

    ゴールデンシール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Hydrastis canadensis。北米原産のキンポウゲ科植物。ヒドラスチスともいう。古くから米国の先住民が根を薬用に用いてきた。のどのイガイガ感や痛み、感染性の下痢や尿道のトラブルに効くとされ、カゼを引いたときにエキナシアと一緒にのむと良いとされるが、こうした効果については厳密な臨床試験では確かめられていない。抗菌作用を持つアルカロイド類のベルベリンやヒドラスチンを含む。一般にアル

  • 0.5

    クランベリー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Vaccinium macrocarponなど。和名はツルコケモモ。ツツジ科ツルコケモモ属の果樹。果実は直径1程度の大きさで、深紅色をしている。ポリフェノールの一種、プロアントシアニジンのもつ強い抗酸化力で、膀胱や尿道の細胞に大腸菌が付着するのを防ぐため、尿路感染症の改善効果があり、医療現場でも利用されている。クランベリーに含まれる、キナ酸という成分が関係しているという説もある。膀胱炎にも

  • 0.5

    キナ酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    キナノキの皮やコーヒーの種子、クランベリーの実などに含まれている酸。クランベリージュースを飲むと膀胱炎や尿路感染症にかかりにくくなることが確かめられているが、これは主にキナ酸の、尿を弱酸性に保つ作用によると考えられている。

  • 0.5

    イタドリ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Fallopia japonica。タデ科の多年草で日本の山に自生する植物。別名スカンポ。根茎は医薬品、若芽は山菜としておなじみの食品。根茎には強力な抗酸化力を持つリスベラトロールが含まれる。このため、リスベラトロールのサプリメントの原料にもなっている。リスベラトロールは、イタドリのほかブドウの皮や種にも含まれており、がんや生活習慣病の予防に役立つとして米国で注目の成分。【漢方】根茎は、虎

  • 0.5

    アスパラガス(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Asparagus officinalis。ヨーロッパ原産のユリ科植物。食用にするのは茎だが、薬用には根の部分を使う。食用部分にはアスパラギン酸など、健康維持に役立つアミノ酸が含まれているほか、穂先にはルチンやグルタチオンが豊富。根にはサポニンなどが含まれていて、ドイツでは医薬品として尿路の炎症治療や腎臓結石の予防に使う。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ