カスタムページの設定変更

15件の検索結果  1〜15件を表示

キーワード |'@sh頭痛'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ドコサヘキサエン酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    魚油に含まれる成分で、必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一つ。DHAと略記される。脂肪や悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用、高血圧の予防、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の予防、視力の向上、躁うつ病やうつ病、認知症の改善、抗がん作用など、幅広い効用があるとされている。DHAを含む食品が「中性脂肪値を下げる効果が期待できる」という内容のトクホ(特定

  • 0.5

    ビタミンB2(サプリメント事典, 2011/08/01)

    2@@@@@@@@@ビタミンビーツー vitaminb @sh口内炎@ @sh頭痛@ @shニキビ@ --> 脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに必要な水溶性のビタミン。食品ではレバーや魚、乳製品、納豆、卵などに多い。体内でリン酸が結合してフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)になり、脂肪酸の分解や胆汁・コレステロールの合成、毒物の分解(解毒)などを

  • 0.5

    ホワイトウィロウ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salix alba。中央〜南ヨーロッパ、北米に育つ高さ25m程度の樹木。和名はセイヨウシロヤナギ。樹皮の抽出エキスがサプリメントに使われる。解熱・鎮痛作用があり、古くから民間療法に使われてきた。頭痛薬として定番のアスピリンは、ホワイトウィロウに含まれるサリシンをもとに作られたのが始まり。アスピリンに比べると効き目は穏やかだが、胃が荒れるといった副作用は少ない。

  • 0.5

    ペパーミント(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Mentha piperita。シソ科の植物。和名はセイヨウハッカ。葉に胃酸を増やして消化機能を整える働きがある。有効成分はメンソールで、清涼感のある香り。ガムやアメの香料としてもおなじみだ。精油成分は、頭痛や凝り対策のアロマセラピーにも用いられる。ペパーミントの精油とキャラウェイの精油の混合物を腸で溶けるカプセルに入れたもので行った試験では、IBS(過敏性腸症候群)の症状を和らげたという

  • 0.5

    フィーバーフュー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Tanacetum partheniumなど。キク科の多年草、ナツシロギクのこと。片頭痛の予防や、片頭痛の回数を減らしたり、痛みを軽くするとされ、欧米で注目されている。有効成分は葉に存在するセスキテルペン類とされる。1日目安量は、エキスで50〜100。効果が表れるまでには、平均3カ月かかるので、発作時の鎮痛用には適さない。消炎、発汗などの作用もある。花の部分をサラダやハーブティーにして食用

  • 0.5

    板藍根(サプリメント事典, 2011/08/01)

    アブラナ科の植物、菘藍(うすらん、ホソバタイセイ)の根。抗ウイルス、抗菌、免疫増強、解熱消炎作用があるといわれ、中国の家庭では、板藍根のエキスを顆粒状にしたお茶を、カゼなどの感染症の予防に飲む。香ばしい味なので、のどが痛いとき、うがいをするように飲むといい。SARS(重症急性呼吸器症候群)に効くと、話題になった。【漢方】抗ウイルス作用のある生薬として、カゼやインフルエンザ、おたふくかぜなど、ウ

  • 0.5

    薄荷(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】漢方の生薬の薄荷(はっか)は主に学名でMentha aruensisと呼ばれるものを用いる。「涼性」で、発汗作用、体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用、体の上部の熱を冷ます作用などがある。銀翹散(ぎんぎょうさん)や加味逍遙散(しょうようさん)などの漢方薬に含まれ、カゼの初期や花粉症、頭痛、目の充血、のどの腫れ、ストレス緩和などによく用いられる。

  • 0.5

    バターバー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    和名はセイヨウフキ。学名Petasites hybridus。キク科の多年草。地下茎から抽出したペタシンという成分が、鼻づまりの原因となるアレルギー物質、ロイコトリエンの働きを抑える。抗アレルギー薬と同等の効果があり、眠くなりにくいという研究報告が、2002年に英医学誌に発表された。花粉症をはじめとするアレルギー対策に利用される。またドイツでは、20年以上前から片頭痛の薬として販売されている。

  • 0.5

    ナチュラルプロゲステロン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    女性ホルモンの一種、プロゲステロンと同じ働きをする成分を、植物や大豆から抽出したもの。クリームなどに配合した「塗るサプリ」として米国で商品化、日本でも販売されている。更年期障害のイライラ、頭痛やめまいなどの不快な症状を和らげるほか、バストアップ効果もあるとされるが、厳密なデータはない。ホルモン補充療法に用いる天然物抽出の女性ホルモン薬を指すこともある。

  • 0.5

    チェストツリー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Vitex agnus-castus。南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物で、和名はイタリアニンジンボク。チェストベリーとも呼ばれる実のエキスは、女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、月経不順やPMS(月経前症候群)を改善する。ドイツではPMSに伴う下腹部痛や頭痛、イライラ、乳房の張りなどの医薬品として認められている。一日目安量はエキスで30〜

  • 0.5

    4-ヒドロキシトリプトファン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    体内で神経伝達物質のセロトニンに変わる物質。5-HTPという略称が使われることが多い。普通の食品にはほとんど含まれておらず、アフリカ原産の植物、グリフォニア(学名Griffonia simplicifolia)から抽出した5-HTPが、サプリメントとして販売されている。ヒトを対象とした試験で、不眠や憂うつ感、頭痛を和らげる効果が報告されている。

  • 0.5

    香蘇散(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】香附子(こうぶし)、紫蘇(しそ=シソ)、甘草(かんぞう)、陳皮(ちんぴ)、ショウガから成る漢方薬。軽い発汗作用と、体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用があり、カゼの初期、「気」のめぐりが悪いために起こるイライラや頭痛など、比較的幅広い症状に用いられる。シソや陳皮、ショウガなど、食材としても使われるものが多く入っており、作用はおだやか。

  • 0.5

    桑の葉(サプリメント事典, 2011/08/01)

    桑は、クワ科クワ属の落葉樹。葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という、ブドウ糖に構造が似た成分に、食べた糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにする作用がある。ダイエットや糖尿病の予防を目的としたサプリメントに配合される。葉を乾燥、焙煎させた桑の葉茶はダイエット茶として使われる。【漢方】カラグワ(学名Morus alba)の葉は、カゼ、発熱、頭痛、目の充血などに用いられる漢方薬でもあ

  • 0.5

    キャッツクロー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    アカネ科のツル植物で、アマゾン地域に自生する。葉の付け根部分にネコの爪のような形をした太いトゲがあることから、「キャッツクロー(ネコの爪)」という名が付いた。変形性関節症や、リウマチ性関節炎の症状を改善したという報告がある。樹皮に含まれるアルカロイド類に、痛風やリウマチ、神経痛、片頭痛などを抑える抗炎症作用や、免疫力を高める作用があるとされる。アフリカ原産のデビルズクロー(悪魔の爪)も同様の働

  • 0.5

    菊花(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】菊の花。学名Chrysanthemum morifoliumなど。多数の品種が出回っている。生の菊花は食材として、乾燥品はお茶として使われる。顆粒状や粉状のサプリメントもある。体の上部にこもった熱を冷まし、体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用があり、目の充血や腫れ、痛みなど、カゼによる頭痛やのどの痛み、高血圧などに用いる。目のかすみや視力減退に用いられる杞菊地黄丸(こぎくじおうが

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ