カスタムページの設定変更

17件の検索結果  1〜17件を表示

キーワード |'@shPMS月経前症候群'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ムイラプアマ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Ptychopetalum olacoidesなど。アマゾンの熱帯雨林に原生するボロボロノキ科の薬草。キンモクセイのような香り。現地では、樹皮が胃腸を強くするお茶として、樹皮や根から取ったエキスがマッサージ薬や入浴剤として使われる。強壮作用で知られ、栄養ドリンクに配合される。また、うつや神経痛、月経痛、PMS(月経前症候群)の諸症状にも効果がある。有効成分は、ムイラプアマだけに含まれる特殊

  • 0.5

    マグネシウム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    300以上もの代謝酵素が働くのに必要な必須ミネラル。高めの血糖、中性脂肪、血圧を下げる作用を持つ。筋肉の収縮を抑え、脳梗塞や心臓病、こむら返りも防ぐ。骨を形成するミネラルの一つでもある。PMS(月経前症候群)や慢性疲労症候群を改善する効果も報告されている。ストレスにさらされると、尿から排泄される。食品では、にがり、ナッツ類、きな粉、ヒジキなどに多い。サプリメントの場合、カルシウムとマグネシウム

  • 0.5

    β-カリオフィレン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    イランイランやクローブ(丁子)などの精油に多く含まれる香り成分。香りをかぐと、PMS(月経前症候群)やマタニティーブルー、更年期障害など、ホルモンバランスの変化に伴う不安や憂うつを軽くする効果がある。

  • 0.5

    ブラックコホシュ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Cimicifuga racemosa。別名ラケモサ。シミシフーガともいう。北米原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。鎮痛・鎮静効果があることから、北米の先住民たちが民間療法に用いてきた。現在、欧米でPMS(月経前症候群)や更年期障害の諸症状を和らげることから「女性の特効薬」として使われている。即効性は期待できないが、1カ月以上のみ続けると効果を実感できるようだ。海外で肝障害の報告

  • 0.5

    バレリアン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Valeriana officinalis。ヨーロッパや西アジアに自生するオミナエシ科の植物。和名はセイヨウカノコソウ。根や茎の部分を用いる。神経過敏や不安・不眠の症状を抑える。睡眠改善にはエキスで300〜400、根の乾燥物なら2〜3gを就寝前に、昼間のイライラ対策なら、その半量程度をのむといい。レモンバームやパッションフラワー(トケイソウ)と組み合わせると相乗効果が期待できる。独特の臭い

  • 0.5

    春ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ウコンの一種で、正式名はキョウオウ。学名はCurcuma aromatica Salisb。秋ウコンに比べると、色素成分のクルクミンの含有量は少ないが、秋ウコン同様、肝臓の機能を助け、アルコールの分解と胆汁の分泌を促す。また、独特の精油成分を含み、殺菌作用のほか血圧やコレステロールを下げる作用もある。【漢方】漢方の生薬としては、日本では根茎が主に用いられ、秋ウコンを鬱金(うこん)、春ウコンを姜

  • 0.5

    テアニン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。リラックス効果があり、200のテアニンをのむと、リラックスの指標となる脳波のα波が引き出されることが確認されている。就寝前にのむことで寝つきが良くなり、睡眠の質(中途覚醒や起床時の疲労感の有無)が改善されたという報告もある。集中力アップ効果、PMS(月経前症候群)や更年期障害の改善効果も期待できるとされている。テアニン200は煎茶20杯分に相当。

  • 0.5

    チェストツリー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Vitex agnus-castus。南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物で、和名はイタリアニンジンボク。チェストベリーとも呼ばれる実のエキスは、女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、月経不順やPMS(月経前症候群)を改善する。ドイツではPMSに伴う下腹部痛や頭痛、イライラ、乳房の張りなどの医薬品として認められている。一日目安量はエキスで30〜

  • 0.5

    ゼラニウム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Pelargonium asperum。南アフリカ原産、フウロソウ科の多年草。花や葉から抽出した精油がアロマセラピーに用いられる。バラに似た香りで、不安と抑うつ感を鎮め、精神を明るく高揚させる。月経前症候群(PMS)や月経痛などにもいいとされる。

  • 0.5

    クラリセージ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Salvia sclarea。花と葉から抽出した精油が、アロマセラピーに用いられる。甘いナッツのような香りで、鎮静、鎮痙作用を持つ。PMS(月経前症候群)や月経痛、月経不順の人向けにマッサージオイルにも使われる。

  • 0.5

    γ-リノレン酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    n-6系の多価不飽和脂肪酸。体内ではリノール酸から作られる。母乳の成分であるほか、月見草(メマツヨイグサ)など一部の植物種子に多く含まれる。月見草などの種子油や微生物で作ったγ-リノレン酸が使用されている。アトピー性皮膚炎を改善する効果があり、英国では医薬品として用いられている。1日340で月経前症候群(PMS)の症状を緩和したという報告もある。

  • 0.5

    カルシウム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    骨や歯の形成と維持に欠かせないミネラル。体内では、その99%までが骨と歯に存在する。不足すると骨が弱くなり、骨折や骨粗しょう症を引き起こす。筋肉の収縮や心臓の拍動を調節する働きも持つ。また、月経前の不調であるPMS(月経前症候群)を改善する働きもあり、不足するとイライラや情緒不安定につながるといわれる。食品では干しエビ、煮干し、ヒジキ、チーズ、牛乳、納豆などに多く含まれる。ミネラルは協調して働

  • 0.5

    加味逍遙散(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用が強い柴胡(さいこ)、「血」を補う当帰(とうき)のほか甘草(かんぞう)、ショウガ、薄荷(はっか)といった8種類の生薬から成り立つ逍遙散(しょうようさん)という漢方薬に、のぼせやほてりなど、熱症状を鎮める牡丹皮(ぼたんぴ)と山梔子(さんしし)の2種の生薬を加えたもの。主に、イライラしやすい、怒りっぽい、のぼせやほてりがある、乳房や胸脇部が張るなど

  • 0.5

    ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Curcuma longa。ショウガ科の植物。ターメリックともいう。切り口が鮮やかな黄色で、カレー粉の原料になる秋ウコンのほか、切り口が薄い黄色の春ウコン(キョウオウ)、切り口が紫がかった白色の紫ウコン(ガジュツ)がある。秋ウコンに多い色素成分のクルクミンは、肝臓の解毒作用を高めるとされ、ウコンを酒を飲む前にとると二日酔いの予防作用があるとされてきた。また、胆汁の分泌を促して消化を助けるほ

  • 0.5

    イブニング・プリムローズ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    和名はメマツヨイグサ。学名Oenothera biennis。夜に黄色い花が開き、朝にはしおれるアカバナ科植物。普通の食用油にはあまり入っていないγ-リノレン酸が種子に豊富に含まれている。花や葉はPMS(月経前症候群)、消化器系や呼吸器系の疾患などに効果があるとされてきた。種子から取った油には乳房痛やPMS(月経前症候群)にいいとされる。イブニング・プリムローズの種子から取った油は、一般には類

  • 0.5

    イチョウ葉エキス(サプリメント事典, 2011/08/01)

    イチョウ(学名Ginkgo biloba)の葉から抽出したエキス。ケルセチンやルチンなどのフラボノイドや、イチョウ葉特有の成分であるテルペン類のギンコライドなど、様々な成分を含む。臨床試験で、脳血管性やアルツハイマーによる認知症を改善する効果や、月経前症候群(PMS)の緩和が認められている。血行を高め、肩凝りや冷え性を改善する効果もある。生の葉は摂取しないこと。フラボノイドやテルペン類の含有量

  • 0.5

    秋ウコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ウコンの一種。学名Curcuma longaなど。ショウガ科の植物で、英語名はターメリック。切り口が鮮やかな黄色で、カレー粉の原料になる。ほかにウコンには、切り口が薄い黄色の春ウコン(キョウオウ)、切り口が紫がかった白色の紫ウコン(ガジュツ)がある。秋ウコンに多い色素成分のクルクミンは、肝臓の解毒作用を高めるとされている。酒を飲む前にとると二日酔いの予防になるとされる。また、胆汁の分泌を促して

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ