カスタムページの設定変更

16件の検索結果  1〜16件を表示

キーワード |キーワード AND 最新の政治 AND 国際政治

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 1ページ掲載) T P 中国

    ■田中首相の訪中で国交が正常化 日本と中国の関係は、1931年に日本軍が中国を侵略したことで起きた満州事変から悪化した。第2次世界大戦後は、中国の覇権を争って勝利を収めた中国共産党が中華人民共和国を成立させ、敗れた国民党は台湾に逃れて台湾政府を樹立。米国の強い影響下にあった日本は台湾を支持したため中国との関係は改善されなかった。 しかし、70年代に入ると米国の対中政策が変化し、72年にはニクソ

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 2ページ掲載) T P 北朝鮮

    ■主体思想唱える社会主義国家 正式名称は朝鮮民主主義人民共和国。朝鮮半島の北部(北緯38度線付近の軍事境界線より北部)に位置し、面積は約12万kで、人口は約2255万人と推計されている。 政治体制は社会主義の一党独裁体制を取るが、その一党制を担う朝鮮労働党は支配組織として形骸化が指摘されており、現在は国防委員長である金正日氏の個人独裁体制色が強い。政策的には「主体(チュチェ)思想」に基づく独自

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 3ページ掲載) T P 韓国

    ■盧武鉉政権誕生後、混乱続く 2002年12月の大統領選挙で、韓国には盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が誕生した。少数与党という不安定な政権基盤に立った盧大統領だが、高い支持率をバネに、社会・政治・経済など幅広い分野での改革を目指した。 だが、経験不足から、「アマチュア政治」と揶揄され、場当たり的な政治手法が政界や官界で反発を買うようになった。経済の不振や雇用の不安で国民も離反していった。 さらに、

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 4ページ掲載) T P 台湾

    ■内戦で敗れた蒋介石が逃れる 台湾の面積は約3万6000k。規模としては九州よりやや小さい広さだ。人口は2214万人。住民は台湾出身の「本省人」が85%、中国大陸出身の「外省人」が13%、このほかが2%となっている。政治体制は三民主義(民族独立、民権伸長、民生安定)に基づく民主共和制を取っている。政治的な最高指導者は総統で、現在は陳水扁氏。 第2次世界大戦まで、一時日本の統治下に置かれていたが

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 5ページ掲載) T P ASEAN(東南アジア諸国連合)

    ■政治、経済の安定目指して結束 東南アジアの諸国が協力し、域内における経済成長、社会・文化的発展の促進、地域における政治・経済的安定の確保、域内諸問題の解決という3つの目的を果たすため、1967年に発足したのがASEAN(東南アジア諸国連合)だ。当時、ベトナム戦争による地域の混乱が懸念されていたため、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポールの5カ国(原加盟国)が協力することで戦

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 6ページ掲載) T P インド

    ■ソフトウエア開発に力を入れる ブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国を指した「BRICs」に産業界の注目が集まっている。これら4カ国は経済成長が著しく、購買力平価で換算した2003年のGDP(国内総生産)を見ると、中国は米国に次ぐ第2位、インドは4位に浮上する。1990年代以降、各国は規制緩和や市場自由化で外国資本を積極的に導入し、海外企業の生産技術を吸収して労働生産性を高めたことなどから成

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 7ページ掲載) T P アフガニスタン

    ■内戦の末、タリバンが政権握る アフガニスタンは19世紀の英国との戦争、20世紀のソ連による侵攻など、常に他国や他民族の侵入にさらされてきた。1989年にソ連軍が撤退した後は内戦が激化。96年以降はイスラム原理主義勢力のタリバンがパキスタンの支援を得て政権を握った。 タリバンは独自のイスラム教解釈による抑圧的な政治を行い、市民に窮屈な生活を強いた。特に、女性に対しては教育を受けることや職業に就

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 8ページ掲載) T P イラク

    ■長年の戦火にさらされる国土 中東の主要産油国の一つであるイラクは、1980年から88年まで続いたイラン・イラク戦争、90年のクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、2003年のイラク戦争と長年戦火にさらされてきた。 その責任を米国は、サダム・フセイン前大統領に負わせているが、イラン・イラク戦争当時には米国はイラクのフセイン政権を支援し、軍事力強化の手助けをしていたのだ。このため、「自国の利益のた

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 9ページ掲載) T P イスラエル

    ■激化するパレスチナ紛争 1947年、国連がパレスチナにおけるユダヤ人国家とアラブ人国家建設の決議案を採択したのを受け、48年にイスラエルの独立が宣言された。以後、圧倒的軍事力で領土を拡大し、「パレスチナは神から約束された自分たちの土地」と主張するユダヤ人と、千数百年住んだ土地をユダヤ人に追われたパレスチナ人の対立は根深く、パレスチナ人によるイスラエル国内での自爆テロとそれに対する報復攻撃の連

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 10ページ掲載) T P ロシア

    ■社会を安定させたプーチン大統領 第2次世界大戦後、国際政治の主導権争いを演じたソビエト連邦(ソ連)と米国。そのソ連は、米国との軍拡競争や経済政策の失敗などにより社会が疲弊し、政策面でも行き詰まる。そこで、1985年に書記長となったゴルバチョフ氏はペレストロイカ(立て直し)政策による社会改革に手をつけた。 だが、これにより国内政治の混乱は拡大することになった。91年8月には、保守派がクーデター

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 11ページ掲載) T P 拡大EU

    ■東西欧州の一体化 2004年5月、15カ国だった欧州連合(EU=European Union)に中・東欧などの10カ国が加盟し、25カ国からなる拡大EUが始動した。新加盟国はポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキア、スロベニアとバルト三国のリトアニア、ラトビア、エストニア、地中海の島国マルタとキプロス。1990年に旧西ドイツと統合する形でEUに加わった旧東ドイツを除くと、今回初めて旧共産主

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 12ページ掲載) T P スーダン

    ■内戦終結後にまた紛争勃発 アフリカは民族紛争や飢餓、貧困、病気が絶えず、世界で最も生命の危険にさらされている地域となっている。その中で大きな問題となっているのがスーダンの民族紛争だ。 同国では2004年5月に政府と南部の反政府武装勢力との和平協定が成立し、約200万人の犠牲者を出して20年以上に及んだ内戦に終止符が打たれたばかりだった。ところが、西部のダルフール地方で別の紛争が勃発。アラブ人

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 13ページ掲載) T P リビア

    ■大量破壊兵器の破棄を宣言 2003年12月、リビアの最高指導者であるムアンマル・アル・カッザーフィ大佐(カダフィ大佐)が、核兵器や弾道ミサイルなどを含む大量破壊兵器計画の開示・破棄を確約し、国際機関の査察官を即時、無条件で受け入れることに米英と合意した。リビアの大量破壊兵器開発放棄宣言を受け、IAEA(国際原子力機関)のエルバラダイ事務局長を団長とする査察団が首都トリポリに入り、同国大量破壊

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 14ページ掲載) T P 米国

    ■米軍の再編でテロとの戦いを強化 2004年11月の大統領選挙に向けて、米国は選挙モードに入っている。今回は同時多発テロ後初の大統領選。このため、テロ対策やイラク情勢をはじめとして、同時多発テロ後の復興がどのようなものだったのか、景気や雇用問題、財政の立て直しなどを争点として選挙戦が行われている。 ブッシュ大統領はテロとの戦いを重視する戦略への転換として、2004年8月に米軍の再編計画を発表し

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 15ページ掲載) T P 中南米

    ■政治対立で弾圧や内戦が頻発 中南米諸国は歴史的に米国の強い影響下にあるが、冷戦時代には社会主義諸国の影響も受けたことから、政治的にも経済的にも混乱を極めた。1953年のキューバ革命以降、共産主義などの活動家を中心とした社会改革の活動が活発化。これに危機感を持った米国が各国の共産化を阻止するために右派政権を支援したり、左翼政権の打倒を助けたりしたためだ。 これにより、70年代から80年代にかけ

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 16ページ掲載) T P 国連

    ■慢性的な資金不足に苦しむ 国連は1945年の創設時には加盟国が51カ国だったが、今やその数は4倍近くに増え191カ国。設立から60年近くが経ち、国際社会の変化に合わせて国連の役割も安全保障から人道、開発支援と多岐にわたる。同時に国連を取り巻く様々な問題も浮上している。 例えば、大きな課題が財政問題。2001年末現在、国連は約21億1000万ドルに上る滞納金を抱え、慢性的な資金不足に苦しんでい

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ