カスタムページの設定変更

15件の検索結果  1〜15件を表示

キーワード |キーワード AND 税金 AND 会社

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の基礎知識(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 1ページ掲載) T P 税金・税法

    ■公共サービスの費用を負担  我々の暮らしは、国や地方公共団体からの様々な公共サービスによって支えられている。 防衛・警察や消防、社会保険、福祉、子供の教育、老人介護などのサービスにより、安全で健康的な生活が保障されているし、道路建設、上下水道、防災環境の整備といった公共事業により、快適な暮らしを享受している。 これらのサービスは民間の活動で賄うことは難しいため、国や地方公共団体が担っている。

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の基礎知識(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 2ページ掲載) T P 租税公平の原則

    ■公平・中立・簡素が重要な理念 どのような税を、どのような考えに基づいて課したらよいのか説いたものを、租税原則と言う。この租税原則ではアダム・スミスの4原則、ワグナーの4大原則・9原則、マスグレイブの7条件などが有名だ。 租税原則は時代や経済情勢、社会情勢などによって影響を受け、考え方にも変遷があるが、基本的なものについては共通している。それは、税負担の公平性、国民経済の発展や安定を阻害しない

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の基礎知識(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 3ページ掲載) T P 税務調査

    ■脱税を見つけて摘発する 納税に際しての申告内容が正しいか、脱税が行われていないかを確認するために、国税局や税務署が納税者である会社や個人を対象に行う調査業務。適正・公平な課税を実現し、申告納税制度に対する国民の信頼を維持するのが目的だ。最近では経済の国際化や広域化、電子商取引の拡大に伴って調査内容もより複雑化している。 会社に調査に入る場合、その頻度は会社の規模、業績、過去の調査事情などによ

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の基礎知識(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 4ページ掲載) T P 累進課税

    ■課税対象額が増えるほど上がる税率 累進課税というのは課税対象額が高くなるほど税率も高くなる課税方式のこと。現在の日本では所得税、住民税の一部(所得割分)、相続税、贈与税などに累進課税制が採用されている。 基本にあるのは収入の多い者がより多く負担する垂直的公平という考え方だ。例えば、所得税では課税される所得金額が330万円以下の場合、税率は10%、330万円超〜900万円以下では20%、900

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の種類(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 5ページ掲載) T P 直接税と間接税

    ■商品に上乗せして支払う間接税 税金を納める方法によって分類した呼び方。直接税とは税金を払う個人や企業が直接国や地方自治体に納めるもので、納税者と税を負担する者が同じ税金のこと。間接税は商品やサービスなどを購入、利用する際に税金分を支払い、それを商店や企業などがまとめて納税するもので、納税者と税を負担する者が異なる。 直接税には、所得税、法人税、相続税、贈与税といった国に納める国税、都道府県民

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の種類(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 6ページ掲載) T P 法人税

    ■会社の所得にかかる税金 株式会社や有限会社などの会社(法人)の所得にかかる税金(国税)のことを言う。所得とは、企業活動によって得られる利益(益金)から、活動に要した費用(損金=人件費、商品・原材料の仕入れ費用、店舗の家賃など)を引いたもののことだ。 所得を計算する期間は、年ベースの所得税とは異なり、各会社が定めた事業年度になる。会社は、事業年度が終了した翌日から2カ月以内に税務署に確定申告書

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の種類(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 7ページ掲載) T P 固定資産税

    ■土地、家屋などの所有に関する税 固定資産税は土地、家屋、償却資産(固定資産)に対して課される地方税。納税義務を負うのは毎年1月1日時点でのこれらの資産の所有者で、具体的には、土地については土地登記簿または土地補充課税台帳、家屋については建物登記簿または家屋補充課税台帳、償却資産については償却資産課税台帳に、それぞれ所有者として登記、または登録されている者が納税義務を負う。 ちなみに償却資産と

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の種類(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 8ページ掲載) T P 目的税

    ■特定の目的のために徴収する税金 税金と一口に言っても、その内容や徴収法、納付先や徴収の目的などによって、いくつかに分類されている。この分類の一つにあるのが目的税と普通税だ。 目的税は、最初から特定の目的で使うために徴収される税金のこと。これに対して、使途を特定せず、一般的な財源に充てる目的で課税する税は普通税と言う。住民税、固定資産税、軽自動車税などがあり、大部分の税金が普通税に当たる。 税

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金の種類(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 9ページ掲載) T P 外形標準課税

    ■資本金や売上高を基に税額を決定 地方自治体が徴収する地方税である法人事業税は、国税の法人税と同じように企業の所得(利益)を基に課税されている。このため、企業の利益が減ると法人事業税も減るし、赤字になれば課税されない。しかし、赤字の企業でも道路整備や廃棄物処理など、地方自治体による事業の恩恵を受けているのであるから相応の負担をすべきという応益課税を自治体は主張していた。そこには景気に左右されな

  • 1

    キーワード 税金(会社) 納税の手続き(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 10ページ掲載) T P 青色申告

    ■正確な記帳に対する税的優遇制度 日本の所得税は、納税者が自ら税法に従って所得と税額を正しく計算し、納税するという申告納税制度を採っている。この申告について、一般の記帳より水準の高い記帳を行い、その帳簿に基づいて正しい申告をした人は、所得税の計算などを優遇する税制上の措置を盛り込んでいる。この制度が青色申告である。 この青色申告制度を利用できるのは、所得税の場合、不動産所得、事業所得、山林所得

  • 1

    キーワード 税金(会社) 納税の手続き(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 11ページ掲載) T P 減価償却

    ■固定資産を費用化する手続き  建物や機械装置、車両、器具備品などの固定資産は長期間使用できる一方、時の経過や利用状況によって価値が減少していく。 このような減価償却資産の取得費用を、取得時に一遍に計上するのではなく、使用できると見込まれる期間で配分して徐々に費用とする計算手続きを減価償却と呼ぶ。また、この費用が減価償却費である。 本社建物などを購入した際、購入費を全額費用とすると、その年度は

  • 1

    キーワード 税金(会社) 納税の手続き(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 12ページ掲載) T P 総合課税、分離課税

    ■年間の所得は合算して課税が原則 所得には、給与所得や事業所得のほかに、土地や建物を貸して得る不動産所得、年金などの雑所得といった様々なものがある。これらには所得税がかけられるが、原則的には個別に課税されるのではなく、1年間に得られた所得を合算したうえで、一定の税率で所得税がかけられる。これが総合課税だ。 ただし、所得税は所得額が大きくなると税率がアップする累進課税であるため、すべての所得を合

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金と企業経営(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 13ページ掲載) T P 税効果会計

    ■企業会計と税法の差異を修正  企業会計上の収益または費用と、税務上の益金または損金の認識時期の差によって生じる税金の前払いや繰り延べを、決算書に反映させる会計処理手法を言う。日本では1999年4月以後開始の事業年度から、証券取引法の規制を受ける会社について、単独・連結決算での導入が義務づけられた。  実務上、税務上の所得は企業会計上の利益に一定の加算、減算をして計算する。つまりこの加・減算分

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金と企業経営(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 14〜15ページ掲載) T P 平成15年度税制改正

    ■新たな飛躍に応える財政目指す 2003年度の税制改正では、「持続的な経済社会の活性化を実現するための『あるべき税制』の構築に向けて」として、様々な改正が行われた。 小泉政権にとっては2度目の税制改正になる。現在と将来に対する国民の不安を最小限に抑え、安心できる公共サービスを提供できること、財政の健全性を維持しつつ新たな飛躍に応えられる財政体質を目指したとしている。 具体的には、産業の競争力強

  • 1

    キーワード 税金(会社) 税金と企業経営(日経ビジネスアソシエ, 2003/12/02号, 16ページ掲載) T P 連結納税制度

    ■企業グループを1法人として課税 企業グループを一つの法人のようにとらえて課税する制度。グループ内の各社の損益を合算して法人税を算出するもので、2002年度から導入された。 もともと法人税は、個々の法人を独立の課税単位として捉え、各々に課税する仕組みとなっている。これに対して、連結納税制度では企業グループは一体的経営をしているという考え方に立っている。 これにより、グループ内の個々の法人の損益

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ