カスタムページの設定変更

16件の検索結果  1〜16件を表示

キーワード |キーワード AND ビジネスマナー

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 1ページ掲載) T P 言葉遣い、敬語

    ■自分はへりくだり、相手を立てる 上司や取引先、顧客などビジネス関係の様々な立場の人とつき合ううえで重要なのが言葉遣いだ。常識のない言葉遣いは相手からの信頼感を損ない、仕事にマイナスの影響を及ぼしかねない。周囲の言葉遣いに注意を払い、社会人の必需品とも言える正しい敬語を身につけたい。 言葉遣いの基本は、自分はへりくだり(謙譲語)、相手を立てる(尊敬語)という考え方だ。同じ「行く」という行為を、

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 2ページ掲載) T P 人の呼び方(上司、同僚、取引先)

    ■対外的な会話には一般常識が必要 オフィスで上司や同僚をどう呼ぶかは、職場の雰囲気、上司の考え方によって様々だ。その職場の習慣にも配慮しつつ、相手が不愉快にならないような呼び方を心がけるのがよいだろう。 しかし、対外的な会話においては、一般的な常識に即した呼び方を身につけておかないと、先方に不快感を与えかねない。基本的なマナーを理解したうえで、その場の状況に応じた呼び方ができるようにしておくこ

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 3ページ掲載) T P 他社の訪問

    ■事前の約束取りつけが大原則 他社を訪問し話をすることは極めて日常的な当たり前の行動だが、この「単純な」行動にも厳然としたマナーが存在する。これに外れた行動を取ると、本人はもちろん、会社の評判さえも落としてしまう。過度に緊張する必要はないが、マナーに沿った礼儀正しい態度は極めて重要だ。 会社訪問のマナーは訪問前からスタートしている。他社を訪問する際はアポイント(約束)を取ることが大原則。突然の

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 4ページ掲載) T P 電話のかけ方、応対

    ■電話対応は企業イメージに影響 電話対応は、企業の顔とも言える重要な役割を担っている。顧客との対応で失礼な物言いがあったり、伝言を頼んだのに用件がきちんと伝わっていなかったりすれば、それは本人の信用を失うだけでなく、会社全体のイメージの低下にまでつながりかねないからだ。そこで、マナーの基本を押さえ、「あの会社の電話応対は実に気持ちがいい。きっと社内教育がしっかりしているのだろう」と評価されるよ

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 5ページ掲載) T P ビジネスEメール

    ■まず名前を名乗ること 社会人がビジネスの場で使うメールには、プライベートのメールとは異なるルールとマナーがあることを覚えておかなくてはならない。 基本中の基本のマナーが自分の名前を名乗ること。相手がメール以外の方法で連絡を取りたいと思った時に便利なように、電話番号や携帯電話番号を記載した「署名」をメールソフトで設定しておく。 署名を設定していても、メール本文を最後まで読み進まなくても誰からの

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 6ページ掲載) T P ビジネス文書

    ■“5W2H”で正確に ビジネスパーソンは社内向け、社外向けに様々なビジネス文書を作成する。企画書、業務報告書、稟議書、依頼書、契約書、注文書、挨拶状など内容は幅広い。いずれの場合も、目的は用件を正確、明瞭、簡潔に伝えることにある。そのためには、以下のような点に注意しなくてはならない。 まず、5W2H(When、Where、Who、What、Why、How、How much)の要素を入れて、正

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 7ページ掲載) T P ファクスの送信

    ■ファクス送付には送信状をつける ファクス文書の送信では、本体とは別にファクス送信状をつけて出すのが基本。ここには、上から、送信月日、送信先の会社名、部署名、個人名、本文(挨拶文)、送信枚数、送信する側の会社名、部署名、個人名、電話番号、ファクス番号を記入する。 本文には挨拶と送信の趣旨を簡単に記入する。頻繁にやり取りしている相手に対しては「いつもお世話になっております」といった簡単な挨拶でよ

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 8ページ掲載) T P 携帯電話のマナー

    ■ビジネスの場にふさわしい使い方 携帯電話は、ビジネスの基本ツールとして定着しているが、仕事の場面では相応の気遣いが求められる。使い方次第では周囲に不快感を与える恐れもあるので、常にその場の状況を考えながら、ビジネスとプライベートを上手に使い分ける心がけが必要だ。 会社から支給された仕事専用の携帯電話の場合、オフィス内での扱い方はそう難しくない。電源はオン、着信音もビジネスシーンにふさわしいシ

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 9ページ掲載) T P 国際電話、英文メール

    ■国際電話では事前のチェックを ビジネスのグローバル化が進み、国際電話をかけたりメールを海外に送ることは珍しくない。しかし、相手が日本人ではない場合には、現地のビジネスマナーや英文の一般的な書式にのっとった文書作成が求められる。 まず、国際電話の場合は、かける前のチェックが重要。外国語で会話する場合は、単語のチェックは最低限必要になる。場合によっては、ネイティブスピーカーやその言語に詳しい者に

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 10ページ掲載) T P クレーム対応

    ■最初に応対した者がまず対応 クレーム処理と聞くと、イヤなイメージを抱く者は少なくない。自社の製品やサービスに明らかに非がある場合ならともかく、顧客から理不尽な言いがかりや暴言などを浴びせられるケースがあるからだ。なるべくなら誰かに処理してもらいたいというのが、大方の心情だろう。 しかし、クレーム処理は最初に対応した者がまず行わなければならず、その機会は突然やってくる。職場に電話がかかってきた

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 11ページ掲載) T P 接客、接待

    ■訪問客には近くの人が素早く対応 顧客、得意先など業務に直接関わる相手に対する接客、接待は、ビジネスマナーで最も重要な部分と言える。 接客には、来客を取り次ぐ場合と自分を訪ねてきた客に対応する場合がある。訪問客が誰を訪ねてきたか分からない場合、相手が声をかけてくるまで対応しない人がいるが、近くにいる人がすぐに「失礼ですがどちら様でしょうか」と尋ね、相手の社名、氏名、訪問相手、用件、約束の有無を

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 12ページ掲載) T P 席次

    ■若手は下座が定位置 訪ねてきた取引先の社員を応接室に案内する、飲食店で接待する、上司とタクシーに同乗するといった場面はビジネスでは日常的に遭遇する。 このような時に基礎知識がないと困るのが席次だ。部屋や乗り物には「上座(かみざ)」と「下座(しもざ)」があり、その立場や状況によって、いるべき位置が決まっている。 ビジネスでは「お客様と社員」「上司と部下」など立場の違いに気を配って行動することが

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 13ページ掲載) T P 服装

    ■清潔で不快感を与えない服装を 人は第一印象で相手のことを判断する傾向があるため、ビジネスではいかに自分を印象づけ、好印象を持ってもらうかを心がけることが大切だ。 この第一印象を左右する要素の一つが服装。ビジネスパーソンの場合、男性ならば背広、女性はスーツというのが一般的だ。しかし、まず心がけておきたいことは、服装は清潔で、相手に違和感や不快感を与えないものを選ぶことである。 たとえ背広を着用

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 14ページ掲載) T P ホウレンソウ

    ■報告、連絡、相談を指す言葉 「ホウレンソウ」とは報告、連絡、相談のこと。仕事で「ホウレンソウを徹底させよう」と言った場合は、この3つを徹底しようということだ。 仕事は会社の方針に従い、上司や同僚、部下らと意思疎通を図りながら進めていくもの。上司からは指示が下され、これに従って仕事を進めていく。仕事は1人だけで達成できるものばかりではなく、様々な人と関わりながら遂行され、問題や判断を仰がなけれ

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 15ページ掲載) T P 社内恋愛

    ■理解しやすいというメリット 職場はビジネスパーソンにとって日中の活動の大半を占める生活空間であり、また共通の目的意識を持った活動の場でもある。そんな職場に男女が集まっていれば、恋愛の感情が生まれることも決してまれではない。 社内恋愛の最大のメリットは、日常的に接しており、相手の性格、思考などがよく分かり、理解しやすいことが挙げられる。また、相手の立場などが理解しやすいということもあるはずだ。

  • 1

    キーワード ビジネスマナー(日経ビジネスアソシエ, 2005/05/03号, 16ページ掲載) T P 贈答品、進物

    ■贈答品の代表はお中元とお歳暮 贈答品の代表としては、お中元とお歳暮の2つが挙げられる。いずれもお世話になった人、あるいは日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るものだ。 会社の場合は、特別にお世話になっている上司などに贈るケースが多い。一般的な上下関係では特に贈ることはないだろう。また、会社によっては虚礼廃止という理由でお中元やお歳暮を贈ることを禁じている場合があるので注意したい。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ