カスタムページの設定変更

32件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND マーケティング

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 1ページ掲載) T P データウエアハウス(DWH)

    ■  経営を支える情報の宝庫 企業には顧客の購買に関する情報をはじめ、様々な生の情報が入ってくる。これらの生情報をデータベースに集積し、経営上の意思決定支援のために活用できるように整備した企業情報システムをDWHという。 企業各部門でデータベースを構築し、独自に集めて加工したデータを基に意思決定する企業は少なくない。しかし、これでは、全社的な観点からはデータの出所や集め方がばらばらで適切な判断

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 2ページ掲載) T P データマイニング

    ■ 膨大なデータから“金鉱”を探る データマイニングとはビジネス活動に伴って生み出される膨大な量のデータの中から、経営やマーケティングに有用な傾向、特徴、意味、相関関係、パターンなどを導き出すことを言う。マイニング(mining)は「採鉱」「採掘」の意味で、「生データ」の中に眠る“金鉱”を探り当てることからこう呼ばれている。 市場が飽和状態にある中、データを戦略的に活用し、顧客一人ひとりと良好

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 3ページ掲載) T P テストマーケティング

    ■ 新製品の発売前に行うテスト販売 新製品などを発売する前に、消費者や市場関係者などの反応や改善点を探るためにテスト販売を行うこと。 通常は、製品の特性や販売条件を考慮して選択した特定の地域と販売チャネルで、製品を販売し、広告・販促活動も行う。実際の新製品発売と同じ条件の下で売れ行きや商品認知度などを測定するためだ。 さらに、商品の購買者や非購買者に対するアンケート調査などを行うことで、商品の

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 4ページ掲載) T P テレマーケティング

    ■ 通信手段により企画や販売を促進 「顧客の創造、顧客満足の向上、顧客保持といったマーケティングプロセスをパーソナルで双方向性を持つ通信メディアを通じ、円滑かつ有効に実現する手段」(日本テレマーケティング協会の定義)。具体的には、電話やファクスなどを使って顧客や一般消費者の情報を集めてデータベース化し、その内容を分析することで、製品の企画や販売、サービスの向上などに生かす手法のことだ。 最近で

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 5ページ掲載) T P パーミションマーケティング

    ■ 顧客から許可を得て情報提供 一般消費者あるいは顧客からパーミション(許可)を得たうえで相互のコミュニケーションを取り、消費者を顧客へ、顧客を優良顧客へと導いていくマーケティング手法。米ヤフーのダイレクト・マーケティング担当副社長だったセス・ゴーディン氏が提唱した手法だ。 ゴーディン氏は、一般的なマーケティングで行われているダイレクトメールやeメールを利用した広告を、消費者の日常に土足で入り

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 6ページ掲載) T P ブランドエクイティ測定

    ■ 消費者が感じるブランド価値 ブランドエクイティとは、ブランドが持つ無形の価値や資産を指し、ブランド名を聞いて、消費者が感じるプラスの価値からマイナスの価値を引いたものを言う。ブランドエクイティ測定とは、その大きさを測ることだ。 ブランドエクイティの要素には、特定の製品を識別できる名前、特定の機能や効能による差異、ブランドから受ける連想やイメージ、メッセージ、ブランド名の認知度、消費者のブラ

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 7ページ掲載) T P フリークエント・ショッパーズ・プログラム

    ■ 優良顧客囲い込みが狙い 利用頻度の高い優良顧客との長期的な関係継続を目的とした販売促進に関するマーケティング手法。ポイント制度やマイレージサービスなどがその代表例で、優良顧客の購買頻度や購買額がさらに高まるように、魅力的な特典を用意するものだ。 流通業のある調査によると、2〜3割の「お得意」で、その店舗の全売り上げの7〜8割を占めるという。また新規顧客獲得のコストは既存顧客維持のコストより

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 8ページ掲載) T P プレミアムキャンペーン

    ■ 景品、賞金などで購買を促す プレミアムは日本語で景品、賞品、賞金、奨励金などのことを言う。プレミアムキャンペーンとは、プレミアムを用意することで、商品に対する消費者の注目度や認知度を上げ、購買を促すために実施する。プレゼントキャンペーンと同じような意味で使われることが多い。セールスプロモーション(15ページ)の一環として行われる。 キャンペーンの種類は、消費者が景品を希望して応募する際に、

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 9ページ掲載) T P ポジショニング

    ■ 競合関係の把握と位置づけ 自社の商品やサービスなどの特徴や目的とする顧客、内容などを明確にし、市場での競合関係を把握し、位置づけすること。 一般的には、商品に対して期待されるニーズや利点、特徴、価格などを縦軸、横軸に設定し、 この2軸で構成した図の上に自社商品や競合商品などを配置する。このように図表化することで、それぞれの商品がどんな市場をターゲットにし、どんな商品と競合しているかを、より

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 10ページ掲載) T P マーケティング

    ■ 商品開発から販売までの活動全般 消費者にとって魅力的で良い商品を開発し、適正な価格で効率的に販売し、収益を上げていくための活動全般を言う。日本マーケティング協会ではマーケティングについて、「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動」と定義している。 顧客ニーズに合った製品やサービスを企業のヒト、モノ、カネ、情報

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 11ページ掲載) T P マーチャンダイジング

    ■ 商品の流通や販売を計画し管理 企業は策定したマーケティングの目標を実現するために、適正な場所、時期、価格、数量を定めて商品を市場に流していかなければならない。これを行うに当たっては、その計画を練り、実行し、全体の流れを管理することが重要となる。これらの仕事がマーチャンダイジングで日本語では商品化計画とか商品政策と訳されている。 誰に、何を、いつ、どこで、どのような方法で、どれだけ販売するの

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 12ページ掲載) T P マスマーケティング

    ■ 大量生産、大量消費を支える市場 同じような嗜好や価値観を持つ者が多く存在するとして市場を単一のものととらえることをマスマーケティングと言う。消費者を一口に大衆ととらえるような考え方で、それぞれの個性や嗜好に重きを置いた消費者のとらえ方とは異なる。高度経済成長の時代に、大量消費や大量生産を支えた市場が、このマスマーケットだ。 高度成長期には消費者が製品に求めるものは基本的な機能が中心で、その

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 13ページ掲載) T P メガブランド

    ■ 誰もが知っている強力なブランド 他社の製品と識別するために、その当該製品につけられた名称やデザイン、シンボル、マークなどをブランドと言う。また、製品のほか、製品を所有する企業自体にも固有のイメージ、つまりブランド性を持たせることで販売の拡大を狙う企業ブランドがある。これらのブランドの中で、誰もが知っている強力なブランドを特にメガブランドと言う。例えば、「コカ・コーラ」や「ナイキ」、「ウィン

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 14ページ掲載) T P リテールサポート

    ■ メーカーや卸が小売店を支援 リテールサポートとは、メーカーや卸売業者による小売店への支援を意味する。メーカーや卸売業者の収益を上げるには、取引先であり、消費者との接点となっている小売店の収益や経営効率性が向上しなくてはならない。特に、小規模の小売店の場合、品揃えや売り場作りなどの経営ノウハウが十分でないことも多く、リテールサポートが重要になる。■ 品揃えや棚割りなどを提案  一般に、日常的

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 15ページ掲載) T P ルートセールス

    ■ マーケティング戦略の最前線 特定の顧客先を定期的に巡回し、販売を行うマーケティング手法。一定以上のボリュームを伴う継続的な取引が前提。大手ボトラー、日本コカ・コーラは1960年頃から行うなど、多くのメーカーなどが行っている。 もともとは商品の配送、受注機能が重視されてきた。しかし最近は新商品の説明、キャンペーン提案など、マーケティング戦略の前線としての役割がクローズアップされるようになって

  • 1

    キーワード マーケティング その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/09/02号, 16ページ掲載) T P ワン・トゥ・ワン・マーケティング

    ■ 顧客を「同質」とする見方を否定 ワン・トゥ・ワン・マーケティング(one to one marketing)とは、1990年代初めにドン・ペパーズ氏とマーサ・ロジャーズ氏が提唱したマーケティング手法。顧客を同質のものとみなすマスマーケティングを否定し、個々の顧客の属性や好みに応じててマーケティング活動を行うことで収益の向上を図ることを目指す。 代表例がジーンズ大手、米リーバイ・ストラウのカ

  • 1

    キーワード マーケティング その1(日経ビジネスアソシエ, 2003/08/19号, 1ページ掲載) T P イベントマーケティング

    ■ 新製品を紹介する展示会が代表 スポーツ、文化イベント、博覧会、展示会、ビジネスショー、セールスプロモーションなどといった様々なイベントを、商品の宣伝や市場調査、販売促進などのマーケティングに活用することをイベントマーケティングと呼ぶ。また、入学、就職、結婚など、人生の重要な出来事であるライフイベントで発生するニーズを対象としたイベントマーケティングもある。 イベントマーケティングの代表は、

  • 1

    キーワード マーケティング その1(日経ビジネスアソシエ, 2003/08/19号, 2ページ掲載) T P 因子分析

    ■ データに隠された事実を探る手法 数多くの調査項目の間にある相互関連性を分析することで、潜在的な要素(因子)を見つけ出す統計手法のことを因子分析と言う。マーケティング分野では製品の評価や消費者態度、企業イメージなどの分析に使われる。 因子分析の作業は、まずアンケート調査により分析の基礎となる情報を数多く収集することから始まる。例えば、消費者態度の調査であれば「ブランドが好きだ」とか「環境配慮

  • 1

    キーワード マーケティング その1(日経ビジネスアソシエ, 2003/08/19号, 3ページ掲載) T P エリアマーケティング

    ■ 地域に合った営業戦略を実行 地域の状況や特性を把握し、それに合った営業戦略を立てて実行することを言う。 例えばコンビニエンスストアを出店する場合、対象地域の人口や同業他社の店舗位置を確かめ、できるだけ多くの顧客を獲得できる可能性が高い場所に店舗を作るといった方法が取られる。次に、出店した後も全国画一的な品揃えを行うのではなく、地域のニーズを調査、把握したうえで、競合店に対して競争力のある商

  • 1

    キーワード マーケティング その1(日経ビジネスアソシエ, 2003/08/19号, 4ページ掲載) T P オプトインメール

    ■ 電子メールを利用して販売促進 電子メールを利用した販売促進の手法で、事前にメールを受け取ることを承諾した対象者だけに企業などがメールを送るもの。ダイレクトメールのインターネット版と言えるが、対象者は事前に承諾しているため、いきなり知らない企業からダイレクトメールが届くということはない。 対象者は関心のある情報を選択して得られ、企業側は年齢、性別、居住地、趣味、嗜好などから送信先を絞り込み、

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ