カスタムページの設定変更

44件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND 中国

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード 2006年を見通す最重要キーワード(日経ビジネスアソシエ, 2006/02/07号, 13ページ掲載) T P 中国の動向

    ■2020年GDPを2000年比4倍 中国経済は1978年に改革・対外開放の政策に踏み切って以来、高度成長を続けている。 2002年11月の共産党大会では、国内総生産(GDP)を、2020年には2000年の4倍にするという目標を提示した。これによれば、2003年から2020年まで、年平均7.2%の名目上の成長が継続されることになる。 2003年後半からは企業による過剰投資などが景気の過熱につな

  • 1

    キーワード 自動車の今がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/11/01号, 4ページ掲載) T P 中国市場

    ■自動車生産台数で世界第4位 2001年のWTO(世界貿易機関)加盟以後、中国の自動車の生産台数は3年間で倍増した。 2003年には世界第4位の生産大国となり、自動車産業は中国の国内産業の花形となった。2004年には自動車の生産台数、販売台数がともに500万台を超えた(中国汽車工業協会発表)。 この急成長を支えているのがマイカーブームを背景にした乗用車市場だ。供給不足が続き、海外に比べて高い価

  • 1

    キーワード 省エネ・資源問題(日経ビジネスアソシエ, 2005/09/06号, 9ページ掲載) T P 中国のエネルギー事情

    ■需給逼迫は深刻な問題に 中国は目覚ましい経済発展とともにエネルギー消費量も急増している。今や米国に次ぐ世界第2位のエネルギー消費国となっているのだ。 1人当たりのエネルギー消費量は約1トンで、日本の4トン、米国の8トンに比べるとまだ少ないが、今後、経済のいっそうの成長とともに増えることは間違いない。需給の逼迫は深刻な問題だ。特に、2002年以降は電力不足が大きな問題となっている。2003年に

  • 1

    キーワード 投資(お金の殖やし方)(日経ビジネスアソシエ, 2005/06/07号, 11ページ掲載) T P 中国株

    ■活況を呈す中国株式市場 市場経済の導入によって高度経済成長が続く中国では、株式市場も活況を呈しており、日本でも投資家による中国株ブームが起きている。 中国には中国本土と香港に株式市場がある。このうち、古い歴史を有する香港市場は世界的にも有名で、市場の状況を示すハンセン指数は経済ニュースなどにもよく登場する。 香港市場に上場されている中国株は、中国本土資本の香港法人が発行する「レッドチップ」と

  • 1

    キーワード 2005年がわかる 政治・経済・ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2005/01/04号, 16ページ掲載) T P 中国の動向(人民元、景気、台湾問題)

    ■景気過熱を懸念し引き締め 中国経済は高度成長を続けている。2003年には世界第3位の輸入大国、4位の輸出大国となった。携帯電話の普及台数は世界1位、自動車生産台数は4位、石油消費量は2位と、世界経済の中での存在感も増している。 だが、2003年後半からは企業による過剰投資などが、景気の過熱につながると指摘されるようになった。放置すればバブル経済を引き起こしかねない。そこで、中国政府は、200

  • 1

    キーワード 景気がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2004/11/02号, 15ページ掲載) T P 中国の景気動向

    ■世界的分業体制が経済関係を深化 年間の成長率が9%を超えるほどの発展を続ける中国経済。その影響力は日本経済にとって非常に大きなものになっている。例えば、財務省の「貿易統計」で2003年度の日本の輸入額を見ると、中国が9兆152億円で米国の6兆7634億円をはるかに上回ってトップとなっている。輸出額は米国がトップの13兆3810億円だが、中国も6兆9663億円で2位。前年度比の伸び率では米国が

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 1ページ掲載) T P 中国

    ■田中首相の訪中で国交が正常化 日本と中国の関係は、1931年に日本軍が中国を侵略したことで起きた満州事変から悪化した。第2次世界大戦後は、中国の覇権を争って勝利を収めた中国共産党が中華人民共和国を成立させ、敗れた国民党は台湾に逃れて台湾政府を樹立。米国の強い影響下にあった日本は台湾を支持したため中国との関係は改善されなかった。 しかし、70年代に入ると米国の対中政策が変化し、72年にはニクソ

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 6ページ掲載) T P 中国政策

    ■脅威論と協調論に揺れる歴代政権 米国の中国政策は、中国を脅威と見なして警戒する考えと、協調路線による実利を求める考えの間で常に揺れていると言える。 米国がそれまで敵対関係にあった社会主義国の中国と国交正常化交渉を開始したのは、1972年のニクソン大統領の訪中からだ。その裏には、当時のソ連と中国の対立が深刻化したことから、米中ともに、両国が接近することでソ連の動きを牽制できるという思惑があった

  • 1

    キーワード 2004年 政治・経済・ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2004/01/06号, 27ページ掲載) T P 中国元の切り上げ論議

    ■現在は対ドル連動の実質固定相場 中国元(人民元)は、以前は公定レートと闇レートの2つの為替レートが存在していたが、1994年に闇レートに合わせた形で一本化。この結果、対ドルで約3割切り下げたレートとなった。中国元は「管理フロート制」だ。建前上は変動相場制の形を取っているが、実際には中央銀行である中国人民銀行の元売り・ドル買いの市場介入によって、為替レートは1ドル=約8.28元の実質固定相場と

  • 1

    キーワード 2004年 政治・経済・ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2004/01/06号, 28ページ掲載) T P 中国の高速鉄道網整備

    ■今後20年メドに1万キロ整備  中国の高速鉄道構想が注目を浴びている。この構想が明らかになったのは1994年のこと。鉄道省が「大陸に高速鉄道を走らせる」と調査開始を表明したのがきっかけだった。構想の全体像はまだ固まっていないが、今後20年をメドに中国の国土約1万を高速鉄道で結ぶという壮大なプロジェクトだ。構想の中で具体化しているのが、北京−上海間約1300に時速300の高速鉄道を走らせ、4〜

  • 1

    キーワード 自動車 その2(日経ビジネスアソシエ, 2003/11/04号, 4ページ掲載) T P 中国市場

    ■通信手段により企画や販売を促進 中国の自動車市場は急拡大している。市場規模は2000年に初めて200万台を超え、2002年は300万台強を達成。2003年は400万台を突破すると予測されている。さらに、2010年には700万台以上になると見られ、1000万台を超えるとの予測もあるほどだ。 最近は新型車の発売が相次ぎ、一般市民の自動車への関心が高まっているのが現状。マイカーブームの到来といった

  • 1

    キーワード 北朝鮮の実情 その1(日経ビジネスアソシエ, 2003/07/15号, 4ページ掲載) T P 北朝鮮とロシア、中国との関係

    ■北朝鮮は中・ソ相手に二股外交 北朝鮮は1948年、旧ソ連の強い影響の下、故・金日成を首相として誕生した。朝鮮戦争では、中国の義勇軍の参戦で敗北を免れることができた。こうしたことから、ソ連と中国は北朝鮮の生みの親、育ての親と言われてきた。 だが、60年代に中ソ論争が起きたのに加え、ソ連の対米共存政策、中国の文化大革命との路線対立が表面化すると、金日成首相は自主路線を選択。中ソのどちらともつかず

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 1ページ掲載) T P 一国二制度

    ■資本主義と社会主義が共存 一国二制度とは1つの国の中で資本主義と社会主義という2つの制度が共存するシステムをいう。現在の中国の体制を指す言葉として使われる。 一国二制度は社会主義体制である中国に、1997年7月には英国から香港が、99年1月にはポルトガルからマカオが返還されたことで現実化した。香港やマカオは資本主義制度を最低50年間は維持し、自治が認められる特別行政区となっている。 一国二制

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 2ページ掲載) T P 改革開放

    ■経済改革と対外開放で経済再建 国家主導で行う計画経済により経済危機に直面した中国が、市場経済の導入という経済システムの改革と外国企業に対する市場開放により国家経済の再建を目指した政策のこと。 文化大革命時代の中国(1966〜77年)では、社会主義政策に基づいて経済は政府がコントロールし、海外企業の経済活動も認めないという政策が採られていた。これにより、経済成長が阻害され、国民生活は窮乏を余儀

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 3ページ掲載) T P 華僑

    ■福建省、広東省などから移住 海外(中国、台湾、香港、マカオ以外)に居住する中国人の総称。「僑」は「僑居(仮住まい)」または「僑民(仮住まいする人々)」の意味で、本来、華僑は中国国籍を持つ移住第一世代を指す。華僑が居住国の国籍を獲得した場合や2世、3世以降は「華人」と称して区別される。 華僑の出身地は福建省、広東省など主に中国南部。華僑・華人の数は正確には不明だが、最低でも2600万人以上とい

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 4ページ掲載) T P 邯鄲経験

    ■優良企業を見習い経営改革を推進 邯鄲(カンタン)経験とは、1996年に国務院が邯鄲鋼鉄をモデルにして呼びかけた、経営改革を進めようというスローガン。邯鄲は北京の南南西約450kmに位置する河北省南部の工業都市で、ここに邯鄲鋼鉄がある。同製鉄所は58年に創業した企業だが、80年代末から90年代の初めまで、他の国有企業と同様、原料・エネルギーコストの上昇と、鋼材市場の低迷という2重の苦しみに直面

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 5ページ掲載) T P 経済特区

    ■税制などを優遇、外資を誘致 発展途上国などが、工業化の推進と外貨の獲得を狙い、税制上の優遇措置を講じて外資の誘致を促し、輸出向け生産を行わせる地域を指す。 対外開放政策によって、主に先進国からの資本と先進技術の導入を狙った中国は、1979年に福建省の廈門(アモイ)と広東省の深セン(シンセン)、珠海(ジュカイ)、汕頭(スワトウ)の4都市を「経済特区」に指定。この特区内で中国資本と合弁事業を行う

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 6ページ掲載) T P 郷鎮企業

    ■地方組織や個人が運営する企業 主に農村地帯の行政組織である郷、鎮(日本の村や町に当たる)や農民が設立し、運営する企業体のこと。 郷鎮企業には、人民公社時代の社隊(人民公社と生産隊)企業が元になった郷・鎮政府所有の企業と、改革開放以前から農村部に存在していた個人経営の企業がある。現在では、農村部だけでなく、都市部の個人所有企業も郷鎮企業と呼ばれている。 1978年から始まった中国の改革開放路線

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 7ページ掲載) T P 最恵国待遇(MFN)

    ■国家間で有利な通商条件を保証 関税や輸入手続きなどの通商条件で第三国よりも不利にならない待遇を保証する国家間の取り決めのこと。例えば、日本が米国に有利な通商条件を与えた場合、日本は最恵国待遇の取り決めを交わしている他のすべての国にも同じ条件を適用しなくてはならない。 世界貿易機関(WTO)の加盟国は、互いに最恵国待遇を与えるという基本原則がある。このため、WTO加盟国が恒久的な最恵国待遇を与

  • 1

    キーワード 中国(日経ビジネスアソシエ, 2002/11号, 8ページ掲載) T P 三峡ダム

    ■世界最大のダム  長江(揚子江)中流の景勝地である三峡に建設中の巨大ダム。慢性的な電力不足を補うだけでなく、年々規模が増大する洪水対策の切り札であり、また、上流への大型船舶の航行なども目的としている。1992年4月の第7期全国人民代表大会で正式に着工が決まった。 当初の計画によると、三峡ダムの総予算は570億元(8550億円、1元=15円で計算。以下同)。高さ185m、幅2000m以上、水位

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ