カスタムページの設定変更

32件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND 最新ビジネス

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 1ページ掲載) T P アウトソーシング

    ■中核業務に集中する経営手法 アウトソーシングとは、企業が自社の業務の一部を外部に委託することをいう。外注や下請けと違うのは、これらがあくまでも業務効率やコスト削減を中心に考えられているのに対し、アウトソーシングは自社で手がけるより専門性を持った外部に任せた方が、経営的に有利である場合に選ばれる点だ。 つまり、単に人手が足りないから仕事を外部に任せるものではない。重要ではあっても企業の中核部分

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 2ページ掲載) T P アカウンタビリティ

    ■業務遂行と結果を説明する責任 日本語では説明責任と訳されている。本来は会計に関する用語で、会計のアカウンティングと責任のレスポンシビリティーを合成したもの。業務の遂行状況と結果を利害関係者に対して説明する責任のことをいう。 このため、一般的には企業の経営者が株主などに対して、財務内容、経営戦略、業務の成果などを説明する責任を示す言葉として使われている。ただし、最近では、行政機関が行う政策や事

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 3ページ掲載) T P IT革命

    ■情報技術の進展が促す社会変革 パソコンやインターネットなどの急速な進化と普及によって、情報処理の高度化や高速化、通信手段の拡大と利用形態の多様化などが進展している。このように情報にかかわる新たな技術の登場により、産業や社会が大きく変化することをIT(情報技術)革命と呼んでいる。 IT革命の影響は社会のあらゆる部門に及んでいるが、最も大きい影響を受ける部門の1つが企業活動といえるだろう。 例え

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 4ページ掲載) T P 会社分割

    ■組織再編により経営効率を向上 企業が事業部門を分離・独立、あるいは別の会社に移譲することで組織を再編し、経営効率の向上を目指す手法が会社分割だ。 海外では、事業の再構築のためによく行われている手法だが、日本で会社分割を行うには難しい手続きが必要だった。それが、2000年5月の商法改正で会社分割制度が創設されたことにより、手続きが簡素化された。 この制度が作られた背景には、近年急速に変化してい

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 5ページ掲載) T P 確定拠出年金(日本版401k)

    ■運用により受取額が異なる年金 これまでの日本の年金は確定給付型年金と呼ばれ、将来の年金受取額である給付が最初から決まっていた。これに対して確定拠出年金は掛け金である拠出額は決まっているが、給付金の額は決まっていない年金だ。 確定拠出年金は、1980年代に米国で普及した年金制度で、その代表的なプランを401kという。401kの名称は、米国の内国歳入法(税法)「401条k項」に由来する。日本では

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 6ページ掲載) T P 株主価値経営

    ■株主の利益を重視する経営手法 株主価値とは、企業の利益が株主から得た資本を利用するコストを上回った分の価値を指し、この価値を高めることを目的とした経営手法を「株主価値経営」と呼ぶ。 欧米の企業は、伝統的に株主である投資家から集めた資金を使って事業を行うスタイルを採っており、株主価値をいかに高めるかが重要な経営課題であった。これに対し、日本企業は金融機関からの融資を中心とした資金調達に頼る経営

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 7ページ掲載) T P 株主代表訴訟

    ■株主が取締役を訴える制度 取締役が法令や企業のルールに反して会社に損害を与えたにもかかわらず、会社が責任追及を怠っている場合、株主が会社に代わって取締役を訴え、損害賠償請求ができる制度。訴えが認められると、取締役個人が損害賠償を行わなくてはならない。 これにより、会社が受けた損害を回復するとともに、役員による違法行為を抑制することも可能となることから、会社経営の健全性を高める効果がある。また

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 8ページ掲載) T P 環境経営

    ■環境対応を重視する経営手法 環境経営とは企業が環境に配慮しながら事業の継続的発展を目指すことをいう。 現在、地球レベルで地球温暖化や大気・水質・土壌汚染、廃棄物処理などによる環境破壊が問題になっている。これらを引き起こす要因の1つとして企業活動がある。 かつては、環境への配慮を怠った結果、環境汚染や廃棄物の不法投棄を引き起こす公害問題が多発した。しかし、通常の企業活動でも地球温暖化の原因とさ

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 9ページ掲載) T P 企業の合併・買収(M&A)

    ■合併、買収で企業の経営権を握る 企業が別の企業、あるいは事業部門と合併したり、買収によって企業の経営権を握るのがM&A(Mergers  & Acquisitions)だ。 その主な目的には、新規事業分野への進出による経営の多角化、既存の事業分野の強化、国際化戦略の強化などがある。 またメリットとしては、生産や販売システムを確保できるため、新規事業分野に進出する時間が短縮できる、専門技術や専

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 10ページ掲載) T P 企業倒産

    ■不渡り手形を2回出すと倒産 企業倒産とは一般的に、返済期限がきた債務を返済することができなくなり、事業活動の継続が不可能になった状態を指す。 具体的には、企業が取引先に対して振り出した約束手形(小切手)の期限が来たにもかかわらず、支払いに必要な資金がないと不渡りとなり、6カ月以内に2回不渡りを出すと銀行取引が停止されて倒産となる。 また、実際に不渡りを出さなくても、債務の返済ができなくなった

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 11ページ掲載) T P キャッシュフロー経営

    ■売上高や市場シェアより現金重視 企業経営の評価基準を売上高、市場シェア、利益の拡大とせず、事業活動によって得られるキャッシュ(現金及び同等物)を重視する経営手法。 これまでの日本企業の経営では、市場シェアを拡大し、売上高を伸ばすことで、利益も増えていくという考え方が主流だった。高い経済成長率により市場が拡大していた時代はその手法が成功を収めていた。事業の拡大によって資金が不足しても、将来の利

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 12ページ掲載) T P グローバル化

    ■国家の枠を超えた経済統合の動き 国民の生活が国家の枠を超えて世界的な動きに結びつくことをグローバル化、あるいはグローバリゼーションと呼ぶが、経済活動に対して使われることが多い。 特に、米ソの冷戦構造解消後、世界各国で経済自由化が進んだことに伴い、企業が海外市場を視野に入れた活動を展開。生産の効率化のために工場を海外に移すといった動きが加速した。また、より効率的な経営を目指すために国境を越えた

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 13ページ掲載) T P 景気指標

    ■経済データから景気動向を判断 経済に関する様々な統計の中から、景気の動向を判断できるデータを選んで指標化したものが「景気指標」と呼ばれる。景気指標は数多くあるが、その中で最も重要とされている景気動向指数(DI)、日銀短観、四半期別GDP速報(QE)の3つを御三家と呼んでいる。■日本経済全体の景気を判断するDI このうち、日本経済全体の景気動向を把握するのに役立つのが、景気動向指数(Diffu

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 14ページ掲載) T P 経済付加価値(EVA)

    ■企業の株主価値を示す経営指標 EVA(Economic Value Added)は、企業の経営状況を表す指標の1つで、株主の利益を優先した株主価値経営の度合いを示すのに使われる。開発したのは米国の経営コンサルタント、スタン・スチュワート社だ。 この指標は、事業活動によって生み出された利益から、これに使用された資金の使用料を差し引いて求められる。利益は売上高から原材料費、人件費、税金などを除い

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 15ページ掲載) T P コアコンピタンス

    ■絶対優位を保つ企業の中核能力 企業が他社に対して絶対的な優位に立てる中核的な能力や技術のこと。世界的企業の多くは、他社の追随を許さない技術力やデザイン力、サービス力を有しており、これを経営の中核に据えた事業戦略を進めている。 そこで、成功企業の例にならい、自社にしかない技術や自分たちにしかできないサービスを見つけ出し、そこに経営資源を集中していくのがコアコンピタンス経営の基本的な考え方だ。■

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 16ページ掲載) T P コーポレートガバナンス

    ■関係者の利益を守る企業統治 株主、従業員、債権者などのステークホルダー(利害関係者)の利益を守るため、適切な経営が行われるように企業を統治するシステムのこと。このため企業統治と訳されている。 近年、業績悪化や不祥事などによって企業イメージを低下させたり経営危機に陥る企業が相次いでいる。この原因は、経営者が企業活動のすべてを把握できないことや、独断的な意思決定による場合が多い。 例えば、消費者

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 17ページ掲載) T P 雇用環境

    ■若年層の失業率悪化が顕著 労働力人口に占める失業者の割合を失業率という。総務省統計局が毎月発表している完全失業率(完全失業者が労働力人口に占める割合)を見ると、2001年12月の数値は5.5%となり、4カ月連続で過去最悪を記録した。 2002年1月に入り、完全失業率は5.3%と0.2ポイント改善したものの、完全失業者数の増加は続いている。完全失業率を年齢別で見ると、25〜34歳(以下、いずれ

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 18ページ掲載) T P 資産の証券化

    ■調達とリスクヘッジを可能に 事業会社の売掛金や金融機関の貸出金など、将来のお金の受け取り(キャッシュフロー)が予定されている特定の資産を企業本体から切り離した上で、その資産のキャッシュフローを裏付けとした社債や受益権といった投資商品(証券)を発行し、投資家に売却することによって資金調達を行う手法。 資産の証券化により、企業は資金調達に加えて、調達金で既存の負債を弁済すれば、負債比率の圧縮やR

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 19ページ掲載) T P 執行役員制度

    ■株主本位の新・経営体制 企業における役員の役割を、経営を行い、商法上の直接の責任を負う取締役と、実際の特定部門の業務遂行に責任を負う執行役員とに分ける制度のこと。 経営の意思決定を迅速化し、株主の視点を代表し全社的な経営に取り組むのが取締役。一方、ポストの延長上にあったような部門の長としての役員は執行役員として区別する。従って、執行役員には事業運営のプロとしての役割が求められる。 米国企業で

  • 1

    キーワード 最新ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2002/05号, 20ページ掲載) T P 社外取締役

    ■取締役会を健全に機能させる制度 他企業の経営者や学者などを取締役として迎える制度。社内取締役と異なり、特定の業務執行は担当せず、経営全般について取締役会で意見を述べたり、外部の目で経営をチェックし、経営トップの暴走を抑えるなどの役割が期待されている。 欧米企業では広く浸透しており、日本でも導入する企業が増えている。2001年4月に、法制審議会・会社法部会では商法改正要綱案の「中間試案」を公表

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ