カスタムページの設定変更

32件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND 最新経営

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 1ページ掲載) T P アメーバ経営

    ■小グループによる独立採算制 京セラの創業者、稲盛和夫現名誉会長が考案した経営手法。企業内の小集団が市場の動きや流れに対応して、まるでアメーバ(単細胞生物)のように自在に変化するというのが命名の由来で、1959年の創業以来、同社を発展させる原動力となってきたものだ。 1998年に約2000億円の負債を抱え会社更生法を申請した複写機メーカー旧三田工業が京セラ子会社となったが、予定を7年前倒しして

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 2ページ掲載) T P エンタープライズ・プロジェクト・マネジメント(EPM)

    ■経営目標を効率的に実現する手段 プロジェクトマネジメント(PM)は、国家的な大規模事業について、その事業目標達成のために最適なヒト、モノ、カネなどの資源を優先的・集中的に集め、より早期に事業完遂を目指すマネジメントシステムとしてスタートした。 起源としては、米国で大恐慌対策として行われた1930年代の「テネシー川開発プロジェクト」がある。また60年代に実施された人類を月に運ぶという米国の「ア

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 3ページ掲載) T P 活動基準原価計算(ABC)/ 活動基準管理(ABM)

    ■原価計算は間接費重視の時代へ  製品を作っている企業にとって、製品がいくらで作られているかを把握することは、製品価格や仕入先、人員配置の決定、収益力など企業活動の様々な面に影響するため、重要な経営課題だ。そこで、原価計算の手法が研究され、経営に生かされてきた。 原価は単純に言うと、製品を作るのにかかる直接費(材料代や人件費など)と、間接費(工場の家賃や水道・光熱費など)から構成されている。以

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 4ページ掲載) T P 環境経営

    ■環境負荷低減と事業発展を両立 企業が全社的なレベルで環境対策や環境負荷低減策などを実行しながら、事業の継続的発展を目指す経営を行うこと。環境経営は企業活動のあらゆる分野に関わるが、大別すると自社製品の環境性能の向上、企業活動における環境負荷の低減、社会に対する貢献の3種類になる。 には、製品の省エネルギー化やリサイクル率の向上などがある。この分野には省エネルギー法やリサイクル法などの法律があ

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 5ページ掲載) T P 技術経営(MOT)

    ■技術を製品に結びつける経営 企業が持つ高い技術力を生かした製品を作り出し市場をリードするのが、経営の理想だ。だが、新しい技術を製品作りに応用するのは簡単ではなく、活用されずに眠っている技術も多い。 このように、技術がありながら企業利益に結びつかない状況は「死の谷」と呼ばれ、日本企業の国際競争力が低下した原因と言われる。そこには、経営者が技術をよく理解できないため、開発した技術を製品に生かす仕

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 6ページ掲載) T P コンプライアンス経営

    ■法令や規則を守る体制を構築 コンプライアンスとは「従うこと」の意味だが、企業経営では法令や規則を守るという意味で使われる。 コンプライアンス経営がクローズアップされたのは、食品の不当表示や自動車のリコール隠しなど、消費者に大きな影響を与える企業の不法な行為が多発したことからだ。 利益の追求を最大の目的とする企業の場合、個人レベルや部門レベルで業績を上げるため、あるいは損失の発生を回避するため

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 7ページ掲載) T P サービサー

    ■債権回収を専門に行う会社 債権回収を専門的に行う会社のこと。1999年2月に「債権管理回収業に関する特別措置法(いわゆるサービサー法)」が施行されたのに伴い、サービサーが設立できるようになった。 この背景には、バブル経済の崩壊などで生じた不良債権を迅速に処理し、停滞した経済を活性化させたいとする意向があった。90年代後半、金融機関は巨額の不良債権を抱えていた。また、長引く不況から販売代金など

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 8ページ掲載) T P CS経営

    ■顧客の満足度を上げて業績を向上 CSとは顧客満足(Customer Satisfaction)のこと。自社の製品やサービス、さらには企業姿勢や社会貢献活動なども含めて顧客の満足を得ることで、業績の向上につなげていこうとするのがCS経営だ。 CSの概念は1990年前後に米国から導入されたと言われる。それまでの日本では、一定の品質の商品を低価格で消費者に提供することでマーケットを拡大していく「量

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 9ページ掲載) T P 製品ライフサイクル管理(PLM)

    ■製品の企画から廃棄まで情報管理 製品の企画から設計、製造、出荷、販売、サポート、廃棄(リサイクル)までのライフサイクルを包括的に管理することで、市場ニーズに合った製品開発や市場投入の迅速化、生産効率アップなどを実現する経営の仕組み。PLMはProduct Lifecycle Managementの略。 現在の社会では、製品利用者のニーズが多様化し、その変化も激しい。このため、製品の高機能化、

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 10ページ掲載) T P 組織IQ

    ■企業の能力を数値化して測る IQは人間の知能水準を測るものだが、これを企業などの組織に当てはめ、その能力を指標化したのが組織IQだ。 人間はある情報を基に、その意味を理解して意思を決定する。理解力や意思決定力が高ければIQが高くなるわけだ。企業も同じで、様々な情報を分析することで事業計画を立てて実行する。そこで情報や資源の活用という観点から組織の能力や機能の状況を評価し、数値化する組織IQが

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 11ページ掲載) T P トヨタ生産方式

    ■基本は徹底的な無駄の排除 トヨタ自動車は、グループの純利益が1兆円を超え、利益で世界の上位10社に入る優良企業だ。このため、その強さの秘訣を学び参考にしようと、同社の仕組みに注目が集まった。その中から浮かび上がってきたのが、トヨタ生産方式と言われるものだ。 ただし、生産方式といっても、これは単なる製造現場でのシステムではなく、仕事に対する姿勢や考え方を指して使われることが多い。クオリティーを

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 12ページ掲載) T P バランス・スコアカード(BSC)

    ■戦略の共通理解を基礎に行動計画 バランス・スコアカードとは、米国ハーバード大学ビジネススクールのR・キャプラン教授と経営コンサルタントのD・ノートン氏が開発した経営管理手法。企業戦略を具体的なアクションに落とし込むうえで有益な企業マネジメントシステムとされ、欧米や日本でも1990年代後半から、こうした経営手法を導入する企業が増えている。 BSCではまずビジョンを明確にすることからスタートする

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 13ページ掲載) T P 不動産投資信託(REIT)

    ■投資家の資金で不動産を運用 投資家から集めた資金をオフィスビルやマンションなどの不動産で運用し、賃貸収益や売却益などを配当金として投資家に分配するもの。 不動産投資は、一般的に株式投資などと比べてリスクが少なく、預金などよりリターンが多い。例えば、マンションを購入して賃貸に利用した場合、物件が良ければ安定した家賃収入が見込まれ、転売する場合も、購入金額以上で売れる可能性がある。ただ、購入物件

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 14ページ掲載) T P プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

    ■最も効率的な経営資源の再配分 会社の経営資源を最も効果的に配分するため、複数の事業や製品のうち、どれを育成しどれから撤退すべきかという「選択と集中」を的確に判断するための考え方。 1970年代初め、米国で多くの巨大企業が事業再編を進める中、大手経営コンサルティング企業のボストンコンサルティンググループが提唱した経営管理の手法だ。 PPM(Product Portfolio Managemen

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 15ページ掲載) T P マテリアルフローコスト会計

    ■業務改善に使う環境会計の一種 環境負荷の低減と企業利益の追求を同時に達成することを目的とする新しい環境会計手法。通常の環境会計は外部に情報開示するために作成されるが、マテリアルフローコスト会計は内部指標として業務改善に役立てる管理会計の一種である。 マテリアル(原材料)を生産工程に投入し、製品化に至るまでの製造工程での流れを種類別に物量と金額の両面から明らかにし、製品に活用されないマテリアル

  • 1

    キーワード 最新経営手法がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/03/01号, 16ページ掲載) T P リアルオプション

    ■経営者に与えられた選択権 オプションとは、自分の都合に合わせて使うか使わないかを決められる選択権のことを意味する。例えば海外旅行でオプションツアーと言えば、現地観光などに参加するかしないか、好きな方を選択できるスタイルだ。 金融の世界では、ある金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買するかしないかを選べる「オプション取引」が浸透。現物の株や債券でなく、選択権というリアルでないものを取引材料

  • 1

    キーワード 最新経営(日経ビジネスアソシエ, 2004/05/04号, 1ページ掲載) T P ERP(統合基幹業務システム)

    ■経営資源の最適配分で利益追求 人材、設備、資金などの経営資源を、企業全体で最適に配分することで利益の最大化を図るための手法のこと。ERPはEnterprise Resource Planningの略で、統合基幹業務システムと訳されている。 このために必要な情報の基盤をERPシステムと言うが、このシステムを構築するためにERPパッケージ(別名統合業務パッケージ)というソフトウエアが様々な企業に

  • 1

    キーワード 最新経営(日経ビジネスアソシエ, 2004/05/04号, 2ページ掲載) T P EVA(経済付加価値)

    ■米スターン・スチュワートが考案 EVAとは「Economic Value Added(経済付加価値)」の略称。米国のコンサルティング会社であるスターン・スチュワート社が考案した経営指標で、同社が商標登録している。 一般に、企業は日々の活動の中で何らかの価値のあるものを生産し、そこから収益を得る。こうして得られた利益を、投資または運用する中で、また新たな活動を展開する。こうした繰り返しの中で企

  • 1

    キーワード 最新経営(日経ビジネスアソシエ, 2004/05/04号, 3ページ掲載) T P SRI(社会的責任投資)

    ■企業の社会的責任を投資の判断に 従来、企業は雇用創出や税金納付などを通して、社会貢献を行ってきた。しかし現在はそれだけでは不十分で、企業には社会的公正や倫理、環境への配慮などを取り入れ、消費者、従業員、地域社会などに対し社会的責任のある行動を取ることが求められている。 社会的責任を強く意識した会社では意欲の高い従業員が確保でき、消費者からの評判も良く、成長が見込めてリターンが期待できるという

  • 1

    キーワード 最新経営(日経ビジネスアソシエ, 2004/05/04号, 4ページ掲載) T P MOT(技術経営)

    ■経営と技術を融合した概念 島津製作所に勤務する田中耕一氏が2002年にノーベル化学賞を受賞し、企業研究のレベルの高さを世界的に示した。一方では、青色発光ダイオードを開発した米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二氏が以前の勤務先企業に対して特許権の帰属確認と開発報酬200億円を求めて係争し、特許権が会社側に帰属することが確定。研究者の評価が十分ではないという面も指摘されている。 研

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ