カスタムページの設定変更

43件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND 米国

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード 2006年を見通す最重要キーワード(日経ビジネスアソシエ, 2006/02/07号, 16ページ掲載) T P 米国の動向

    ■手堅い成長率を維持 米国の景気は原油の高騰やハリケーンの被害などにより、2005年半ば頃には不透明感が強まっていた。しかし、これらが経済に与えた影響は軽微だった模様だ。米国政府の見通しによると、2005年の国内総生産(GDP)の実質成長率は3.5%と底堅く、2006年は3.4%を予測している。  2006年11月には中間選挙が行われる。中間選挙とは連邦議会の選挙で、下院議員は全員が、上院は3

  • 1

    キーワード 自動車の今がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/11/01号, 5ページ掲載) T P 米国自動車メーカーの動向

    ■ビッグスリーのシェアが低下  米国内の新車販売台数は、2004年が前年比1%増の約1691万台で日本の約3倍もある世界一の規模だ。今後10年間で6400万人が新たに免許を取得するとも言われ、世界中の自動車メーカーが米国市場へ進出、参入している。 その中で、米国ブランドとして外国勢と厳しい戦いをしているのが、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、ダイムラークライスラー(クライスラー

  • 1

    キーワード エンタテインメントがわかる(日経ビジネスアソシエ, 2005/10/04号, 15ページ掲載) T P 米国の映画メジャー

    ■変貌する米国の大手映画会社  米国の大手映画会社は、現在、ウォルト・ディズニー、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ワーナー・ブラザーズ、パラマウント・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、ニュー・ライン・シネマ、20世紀フォックスがある。なお、ライオンが吠えるオープニングで有名な老舗映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)は、2005年4月、ソニー・コーポレーション・オブ

  • 1

    キーワード 省エネ・資源問題(日経ビジネスアソシエ, 2005/09/06号, 15ページ掲載) T P 米国のエネルギー戦略

    ■自給率向上が重要課題 米国は世界最大のエネルギー消費国だ。世界全体で使われるエネルギーの実に約25%を米国だけで使っている。広い国土を結ぶ飛行機、鉄道、自動車といった運送業で使われるエネルギー量が大きいほか、米国人のライフスタイルも影響している。 第1次石油ショックが起きた1973年から、英・独・仏の石油消費量は2割ほど減った。8%増えた日本も90年代以降は横ばいだ。だが、米国はほぼ一貫して

  • 1

    キーワード 2005年がわかる 政治・経済・ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2005/01/04号, 15ページ掲載) T P 米国の動向(政策、景気)

    ■双子の赤字が経済の大きな課題 ブッシュ大統領の2期目の政策に注目が集まっている。人事面では、既にパウエル国務長官の退任が決まり、後任にはライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が決定。知日派でも知られたアーミテージ国務副長官も退任し、外交チームのトップは入れ替わる。イラク問題の解決や中東和平、北朝鮮問題、フランスやドイツなどとの関係修復など、課題は山積だ。 また、経済チームも大幅に刷新され

  • 1

    キーワード 景気がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2004/11/02号, 14ページ掲載) T P 米国の景気動向

    ■米国の景気は回復の勢い強まる 米国の景気は2003年3月のイラク戦争突入により減速が懸念されたが、低金利による消費刺激策や所得減税などにより、2003年春から2004年初めまでの実質GDP(国内総生産)の伸び率は4〜7%台で、米景気の回復の勢いが内需を中心に強まりつつあるのを示していた。 減税効果がなくなる2004年春以降は、こうした景気がどこまで続くのかが注目され、景気の腰折れが心配されて

  • 1

    キーワード 最新の政治(国際政治編)(日経ビジネスアソシエ, 2004/09/21号, 14ページ掲載) T P 米国

    ■米軍の再編でテロとの戦いを強化 2004年11月の大統領選挙に向けて、米国は選挙モードに入っている。今回は同時多発テロ後初の大統領選。このため、テロ対策やイラク情勢をはじめとして、同時多発テロ後の復興がどのようなものだったのか、景気や雇用問題、財政の立て直しなどを争点として選挙戦が行われている。 ブッシュ大統領はテロとの戦いを重視する戦略への転換として、2004年8月に米軍の再編計画を発表し

  • 1

    キーワード ダイエット(日経ビジネスアソシエ, 2004/06/15号, 7ページ掲載) T P 米国の現状

    ■米国では国民の3割以上が肥満 米国では国民の3割以上が肥満とみられている。米疾病対策センターなどの調査によると、1999〜2000年に成人(20〜74歳)の31%が真性の「肥満」、33%が「太り気味」との認定だ。1976〜80年の調査時では「肥満」は15%だったので、その割合が倍増してしまったわけだ。 肥満は糖尿病や心疾患など深刻な病気の温床だ。同センターでは、2005年には死を引き起こす直

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 1ページ掲載) T P 住宅着工件数

    ■年換算で毎月発表 米国の重要な経済指標の一つ。商務省国勢調査局が毎月16日前後に前月データを発表している。 住宅着工件数は年率換算で発表されるのが特徴で、件数と前月比の増減によって住宅投資の状況が分かる。住宅着工件数と同時に建設許可件数も発表される。こちらは住宅着工件数の先行指標となるため、住宅着工件数と併せて注目されている指標だ。 米商務省が2003年12月に発表した11月の住宅着工件数(

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 2ページ掲載) T P 新国家エネルギー政策(NEP)

    ■原子力発電所の建設促進を示唆 2001年5月16日にブッシュ政権が発表した米国の新しいエネルギー政策、National Energy Policy(NEP)のこと。その主な内容は、原子力発電所の建設促進や、自然保護区における石油・天然ガスの採掘解禁などとなっている。エネルギー産業との関係が深い同政権が、原油価格の高騰や電力不足といった事態に備えるために打ち出した政策として注目を集めた。 特に

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 3ページ掲載) T P 人種問題

    ■「白人対黒人」の問題大きく アメリカ合衆国は1776年の「独立宣言」以来、自由と平等を掲げて建国されたが、実際には、建国当初から奴隷に代表される人種問題が存在している。 特に、労働力不足の解消のため、アフリカから強制的に移入させられてきた黒人の子孫たちは、差別と貧困に苦しんできた。 「人種のるつぼ」の米社会だが、その中で黒人と白人の対立は根深い。黒人が他の人種と異なり、自発的移民ではなかった

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 4ページ掲載) T P 政治機構

    ■大統領は国民主権の象徴 米国の政治機構の最大の特徴は、大統領制にある。米国大統領には、国家元首と行政府の長、三軍の最高司令官を兼務した強大な権力が与えられている。これは、国民主権の考え方により、君主に相当する役割を国民が選んだ大統領に担わせるためと言える。このように君主を置かない国家制度を共和制と言い、米国は近代国家では世界で初めて共和制を採用した国だ。 大統領の選出は、日本の総理大臣のよう

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 5ページ掲載) T P 単独行動主義(ユニラテラリズム)

    ■イラク攻撃以外でも単独に行動 国際的な問題に対して世界各国が協調して対応しようとする多国間主義(マルチラテラリズム)に対して、他国と協調せず1国が単独で対応しようとする立場のことを言う。特に、イラクに対する米国の攻撃は、多国間主義の立場を取る諸国が参加する国連安全保障理事会の同意を得ずに行ったことで、単独行動主義の際立った例として世界各国から批難されている。 米国の単独行動主義の例はこれだけ

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 6ページ掲載) T P 中国政策

    ■脅威論と協調論に揺れる歴代政権 米国の中国政策は、中国を脅威と見なして警戒する考えと、協調路線による実利を求める考えの間で常に揺れていると言える。 米国がそれまで敵対関係にあった社会主義国の中国と国交正常化交渉を開始したのは、1972年のニクソン大統領の訪中からだ。その裏には、当時のソ連と中国の対立が深刻化したことから、米中ともに、両国が接近することでソ連の動きを牽制できるという思惑があった

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 7ページ掲載) T P ドル政策

    ■「双子の赤字」を背景にドル安に 外国為替市場でドル安傾向が続いている。2003年12月にドルはユーロに対して、ユーロ導入以来の最安値を更新するなど、他の主要通貨に対してもドル安が一段と進んだ。 この背景には、米国の経常収支と財政収支の「双子の赤字」(13ページ参照)が膨れ上がっていることと、2004年11月の米大統領選挙を前にして、産業界の支援の必要性などの思惑から、米国のドル安容認姿勢が強

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 8ページ掲載) T P NAFTA(北米自由貿易協定)

    ■人口4億人超の大規模経済圏 米国、カナダ、メキシコの3カ国を擁する北米地域において、関税の撤廃、金融や投資の自由化などを実現した自由貿易地域を創設するため、1992年に関係国間で結ばれた協定。NAFTAはNorth American Free Trade Agreementの略。発効は94年1月1日。 その目的は、商品・サービスの貿易障壁を撤廃し、国境を越えた移動を促進する、公正な競争条件を

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 9ページ掲載) T P 二大政党制

    ■大統領も議員も二大政党に所属 米国では、共和党と民主党という2つの政党が政治を握っており、歴代大統領はもちろん、州知事、連邦議会議員、州議会議員のほとんどはこの両党で占められている。このように2つの政党が際立った力を持ち、政権交代を容易にしている政治形態を二大政党制と呼んでいる。 米国では、中小政党が存在しないように見えるほど徹底した二大政党制になっている。例えば、1998年以降の連邦議会議

  • 1

    キーワード 米国 その2(日経ビジネスアソシエ, 2004/02/03号, 10ページ掲載) T P ネオコン

    ■米国型民主主義の普及を目指す ネオコンはネオ・コンサーバティブの略で、日本語では「新保守主義」と訳される考えを持つ集団。防衛のための先制攻撃を辞さず、独裁国家は戦争を仕掛けて倒し、米国型民主主義を武力を伴ってでも広めようという戦略を持つとされる。民主主義の普及と言えば聞こえはいいが、独裁政権、反米政権は、世界最強を誇る米軍の力でねじ伏せてもやむなしという過激な面を併せ持っているわけだ。 ネオ

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ