カスタムページの設定変更

22件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |キーワード AND 金融

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 1

    キーワード 最新ヒット商品と売れ筋トレンド(日経ビジネスアソシエ, 2005/07/05号, 5ページ掲載) T P 金融商品

    ■ペイオフ解禁で運用先検討の動き 2005年4月からペイオフ全面解禁が実施され、万が一、銀行が破綻した場合は、普通預金の払戻保証額は元本1000万円とその利息までとなった。 一般の預金者にとっては、資産管理の自己責任がより強く求められるようになったわけだが、預貯金の超低金利が長引いていることもあり、資産の運用先を改めて検討する機会でもある。 そこで、預金に代わるペイオフ対策商品として、様々な金

  • 1

    キーワード 景気がわかる(日経ビジネスアソシエ, 2004/11/02号, 4ページ掲載) T P 金融政策と景気

    ■通貨量の調節で経済の動きを調整 金融政策とは、中央銀行(日本の場合は日本銀行)が市中に出回るお金の量(通貨供給量、マネーサプライ)を調節することで、物価の安定を図ったり、経済の動きを調整することを言う。 市中に供給される通貨供給量と経済活動の間には密接な関係がある。必要以上に市中にお金が出回ると「カネ余り」の状態となり、通貨価値が下落して物価が上がるインフレ現象を起こす。一方、反対に市中にお

  • 1

    キーワード 2004年 政治・経済・ビジネス(日経ビジネスアソシエ, 2004/01/06号, 21ページ掲載) T P 金融機関の不良債権

    ■不良債権の残高は減少が続く 日本経済を再生するための最大の課題と言われていた金融機関の不良債権問題が好転の兆しを見せている。 金融機関の不良債権とは、銀行などが企業に融資を行ったものの、その企業の経営が悪化して回収不能になるリスクが高くなった債権のこと。バブル経済が崩壊した後、企業経営の悪化によってこの額が膨れ上がり金融機関の経営を圧迫した。そこで、銀行などは不良債権を減らすために、企業への

  • 1

    キーワード 国際経済(日経ビジネスアソシエ, 2003/02号, 11ページ掲載) T P 金融安定化フォーラム

    ■国際金融システムの安定化を協議 国際金融システムの安定化を目指すため、市場の監督や監視についての意見交換や具体的な対応策の協議を行う場として1999年に設けられた機関。 設立のイニシアチブを取ったのは、G7(7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)。メンバーは、G7および主要先進国、国際通貨基金、世界銀行、経済協力開発機構など国際機関、国際金融監督団体、各国中央銀行の専門家などだ。 当初、国際金融シス

  • 1

    キーワード 国際経済(日経ビジネスアソシエ, 2003/02号, 15ページ掲載) T P 国際開発金融機関(MDB)

    ■途上国の開発事業に資金を融資 発展途上国の経済・社会開発を進める事業に融資することで、地域の安定化や国際社会の健全な発展を目指すことを目的に設立された国際的な金融機関の総称。 第二次大戦後の各国の復興を支援するために1944年に設立された国際復興開発銀行(IBRD)が始まり。その後IBRDには、国際開発協会(IDA)や国際金融公社(IFC)など、新しい役割を持つ組織が加わって世界銀行(21ペ

  • 1

    キーワード 国際経済(日経ビジネスアソシエ, 2003/02号, 25ページ掲載) T P ニューヨーク金融市場

    ■ドルを背景に世界的な影響力 国際金融市場という言葉は、狭義では預金や貸出など資金取引が国際的に行われる金融市場を指すが、一般には債券や株式など資本取引が行われる資本市場も含めて用いられる。 国際金融市場というと、ニューヨークのほか、ロンドンや東京なども挙げられる。とりわけニューヨーク金融市場は、世界最大の株式市場であるウォール街を抱えるなど米国金融市場の中核であり、国際通貨ドルと米国の巨大な

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 1ページ掲載) T P インターバンク市場

    ■金融機関が相互に資金運用する場 金融市場を、取引される金融商品の満期までの期間で大別した場合、その期間が1年以内である市場を短期金融市場、1年を超える市場を長期金融市場という。短期金融市場は銀行、証券会社、保険会社、企業、国、地方公共団体などが参加し、日本銀行が金融調節を行う重要な役割も果たしている。 短期金融市場で扱う代表的な金融商品には、無担保コール翌日物、CD(譲渡性預金証書、8ページ

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 2ページ掲載) T P インフレターゲット

    ■政策的にインフレ率を設定 中央銀行(日本では日本銀行)がインフレ率、つまり物価上昇率の目標を設定・公表するもので、インフレーション・ターゲッティングともいう。物価下落が景気をさらに悪化させるデフレスパイラルへと日本経済が突き進むのを阻止する策の1つとして、インフレターゲットの導入を検討する声が政府や与党で高まってきている。 近年、インフレターゲットを採用したのはニュージーランド(1990年)

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 3ページ掲載) T P オフショア市場

    ■非居住者と自由に金融取引を行う 非居住者(外国法人、外国政府、国際機関)からの資金調達、非居住者に対する資金運用(いわゆる外−−−−−外取引)などに関して、税制や為替管理などの規制を緩めて、自由な取引が行えるようにした国際金融市場のこと。オフショアとは、「沖合」とか「海岸から離れた」という意味の英語だ。 財務大臣の承認を得て特別国際金融取引勘定(オフショア勘定)を設けた銀行などの金融機関(オ

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 4ページ掲載) T P 金融再生法

    ■破たん銀行の再生のための法律 破たんが決定した銀行を再生させるための手続きを定めている法律で、正式名称は「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」。 第1条ではその目的を「我が国の金融の機能の安定及びその再生を図るため、金融機関の破綻の処理の原則を定めるとともに、金融機関の金融整理管財人による管理及び破綻した金融機関の業務承継、銀行の特別公的管理並びに金融機関等の資産の買取りに関する緊急

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 5ページ掲載) T P 金融制度改革(金融ビッグバン)

    ■国際金融市場の復権を目指す 金融市場の規制を緩和・撤廃して、金融市場の活性化や証券業界の国際化を図ろうというもの。1996年に第2次橋本龍太郎内閣が、2001年までに日本の金融市場をニューヨーク、ロンドン並みの国際金融市場として復権させることを目標として提唱した。金融ビッグバンとも言われる。 具体的には、銀行、証券、保険の各業務範囲の見直し、金融持株会社制度の導入。手数料、内外取引を自由化し

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 6ページ掲載) T P 国債

    ■国の収入不足を補うための借金 国が歳入不足を補うために発行する債券で、使い途により以下の4つに分類される。建設国債=公共事業のために発行特別国債(赤字国債)=一般会計の歳入不足を補うために発行借換国債=既存の国債を返済(償還)するために発行財政融資資金特別会計国債(財投債)=財政融資資金の運用のために発行 国債は償還期限の期間別に超長期国債、長期国債、中期国債、短期国債の4種類がある。また、

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 7ページ掲載) T P 財政投融資

    ■公的機関が実施する事業の財源 政府が、金利をつけて返済しなくてはならない有償資金を使い、民間では困難な大規模で長期にわたるプロジェクトを実施したり、民間金融機関が応じるには難しい長期の融資や民間の経済活動を支援する融資を行ったりするもの。 資金の貸付先は国や地方公共団体などの公的機関に限られており、公的機関は税金と財政投融資資金の両方を使って様々な事業を行っている。■税金を使えない事業分野に

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 8ページ掲載) T P 譲渡性預金証書(CD)

    ■第三者に譲渡できる預金証書 第三者に譲渡することができる銀行の預金証書のことで、通常CD(negotiable certificate of deposit)という略称で呼ばれている。 預金者のほとんどは法人で、利率、額面、満期が定められている。一般の預金と違うのは利率が銀行と預金者の相対で決める自由金利商品となっていることだ。このため、CDレートと呼ばれる金利は金融市場の状況を敏感に反映す

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 9ページ掲載) T P セーフティーネット

    ■金融危機を回避する有効な制度 セーフティーネットとは、危険を回避するための措置のことで、本来はサーカスで演技者が落ちてもけがをしないように張られた網のことを指す言葉だった。これが、社会制度上のリスク回避措置に対して使われるようになった。例えば、個人が負うリスクを軽減する保険制度や、失業者が増大するリスクを防ぐ制度のこともセーフティーネットと呼ぶ。だが、現在、最も注目されているのは金融危機を回

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 10ページ掲載) T P 整理回収機構(RCC)

    ■破たん金融機関などの資産を回収 バブル経済崩壊後、公的資金が投入された破たん金融機関や住宅金融専門会社(住専)などの資産整理と回収を主に行っているのが整理回収機構(Resolution and Collection Corporation)。 その設立の経緯は、経営破たんした東京協和信用組合と安全信用組合の処理を行うために1995年に設立された東京共同銀行(96年に整理回収銀行に変更)に始ま

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 11ページ掲載) T P 日銀当座預金残高

    ■金融機関が日銀に持つ預金の残高 銀行や証券会社などの民間金融機関は日本銀行に当座預金口座を開設し、そこに資金を預けることで、銀行間で必要となる資金決済が円滑に行われるようにしている。この口座にある資金を日銀当座預金残高という。 この口座の最も重要な役割は、日銀が金融市場の資金量をコントロールすることで景気の回復を図ったり、過熱した景気を抑えたりする公開市場操作の際に、資金の受け渡しに利用する

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 12ページ掲載) T P 日銀特融

    ■取り付け騒ぎなどに対する緊急融資 日本銀行が資金不足に陥った金融機関に対して行う特別融資。金融システム安定のための金融政策の1つである。 特融を行う場合は2種類あり、1つは健全な金融機関が、コンピューター事故などにより一時的に資金不足に陥った場合で、日銀の独自の判断で行う(日銀法第37条)。 もう1つは、経営の健全性に問題のある金融機関に対して、信用秩序維持のため、政府からの要請を受けて日銀

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 13ページ掲載) T P 不良債権処理

    ■バブル期の融資のツケを処理 不良債権とは、金融機関が融資した貸出金の中で、返済や利息の支払いが滞っていたり、経営不振に陥っている企業向け融資のこと。 銀行は自己査定により融資の状況を調査しているが、この中で以下の3つに当てはまる債権を不良債権と呼んでいる。「要注意先」のうち3カ月以上の延滞があったり、貸し出し条件を緩和した債権。今後経営破たんに陥る可能性の高い「破たん懸念先」向けの債権。法的

  • 1

    キーワード 金融(日経ビジネスアソシエ, 2002/06号, 14ページ掲載) T P ペイオフ

    ■破たん銀行の預金払い戻し制度 金融機関が破たん状態に陥った際、預金者1人当たりに対して元本1000万円を上限に預金の払い戻しを行う制度をペイオフという。 以前、預金は国により全額保証されていた。しかし、バブル経済崩壊後の金融危機により、1994年に東京協和信用組合と安全信用組合の2信用組合が破たん。政府は公的資金を注入して不良債権の処理を行ったが、その後も銀行の破たんが相次いだ。このような状

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ