カスタムページの設定変更

15件の検索結果  1〜15件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    ナノビジネスの国際交流は研究の段階から(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    200438no.12編集室目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1編集室ナノビジネスの国際交流は研究の段階からニュース■電子情報2nanobridgeは複数研究所のシナジー—nec3intelceoがsiフォトニクスに言及4intel,ゲート長10nm以下でs

  • 3

    「NanoBridgeは複数研究所のシナジー効果」NEC支配人 福間氏(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    insideereport2004.3.8insideereport2004.3.823ニュースニュースニュース目次へ■電子情報04/02/18「nanobridgeは複数研究所のシナジー効果」nec支配人福間氏necは米サンフランシスコで開催している半導体関連の会議isscc2004において,現地時間2004年2月17日,固体電解質を使ったナノレベルの電気伝導スイッチ「nanobridge」

  • 3

    Intel CEOが基調講演でSiフォトニクスに言及(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    insideereport2004.3.83ニュース2004でその成果を発表した。necは,2004年1月の組織改正で,各事業部門にも分散していた研究所を本社部門の研究開発ユニットに統合し“中央研究所”という名称も復活させた。中央研究所の配下に統合した研究所が所属する。これに対し福間氏は「中央研究所の中央はnecグループ全体の研究所ということを意味しており,決して昔の研究開発におけるリニアモデ

  • 3

    Intel,ゲート長10nm以下でSiナノワイヤの採用を検討(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    事)と同じであったが,4800人以上の参加者(intelの発表)を前にceoが直接言及したことで,同社がsiフォトニクス技術に取り組む意気込みがうかがえる。barrett氏はsiフォトニクス技術を使った位相シフト方式の光モジュレーター(写真2)を使い,パソコン同士で動画転送するデモをした。(神保進一=サンフランシスコ発)■電子情報04/02/19intel,ゲート長10nm以下でsiナノワイヤ

  • 3

    米Washington大,光高速通信が可能な新材料を開発(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    ■電子情報04/02/18米washington大,光高速通信が可能な新材料を開発米washington大学化学教授で,情報工学用材料デバイス科学技術センター(以下,stcmditr)所長のlarrydalton氏は波長分割多重方式が実現可能で,高速データ通信が可能な新材料を開発したことを明らかにした。現地時間の19日金曜日に金曜日にシアトルで開かれる米科学振興協会(aaas)の会合で発表する

  • 3

    米Altair Nanotechnologies,酸化チタン構造物の設計・開発・製造プロセスで新特許(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    この新材料は,他の数多くの技術にも即座に適用可能という。例えば,フォトニック素子により非常に低い消費電力で大量のデータを携帯電話で送ることが可能になり,携帯電話をより小さなサイズにできる。同様に,航空ナビゲーションで一般的に使われている光学ジャイロスコープシステムが,この新材料によって従来よりもはるかに効率よく,また低価格なものとなる。さらに,コストが十分低ければ他の用途にも適用できる。人工衛

  • 3

    住友化学,英CDT社と有機EL用材料の共同開発で契約(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    で使われる触媒構造を実現するための二酸化チタンを製造するために有効なのである。altairnanotechnologies社長,rudie.moerck博士は「特許に関する基礎技術はすでに,金属チタン製造に使う二酸化チタン電極をよりコスト効率の高い方法で製造するための開発プログラム(darpaとの下請契約にもとづくプログラム)で使用されている」と語る。この契約はdarpaとの間で交わされている

  • 3

    NTTが黄色レーザーの開発に成功,波長のオーダーメイドが可能に(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    される。今後,住友化学とcdt社は,日本と英国を拠点として,材料工学,デバイス最適化,試験における実績を基盤に,商用化に向けての材料開発を進める。cdt社の発表によれば,両社で開発する材料は,主に発光効率が高く安定性に優れたデンドリマーなどを用いた新しい溶媒可溶タイプの燐光有機el材料。発光効率が高い点で,携帯電話,pda(個人用携帯情報端末),デジタルカメラなど,バッテリーを使用する携帯機器

  • 3

    Intel,ノートPC用燃料電池で拡張ベイ装着方式を提案(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    波数(波長)の異なるレーザー光を非線形光学結晶に入射させて,周波数の和あるいは差に相当する周波数(波長)のレーザー光を作り出す。nttフォトニクス研究所ではこれまで,非線形光学結晶としてlinbo3(ニオブ酸リチウム)を用い,光通信用の波長変換技術の研究開発を進めてきた。その結果,独自の作製方法を考案し,高い変換効率及び高信頼性を確認できたもの。今回,その非線形光学結晶を通信波長帯以外に適用可

  • 3

    東芝,米ADIのMEMS加速度センサー採用でウェブページを上下に揺らせるノートPC発売(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    (nguyen氏)であり,今後intelは業界団体などからの意見も取り入れていきたいとしている。(神保進一=サンフランシスコ発)■マシン04/02/23東芝,米adiのmems加速度センサー採用でウェブページを上下に揺らせるノートpc発売米analogdevices,inc.(adi)は,同社の業界最先端「imems」(集積マイクロ・エレクトリカル・メカニカル・システム:同社の商標登録)を活用

  • 3

    新型フラーレンなど「ナノメディシン研究成果発表会」が開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    レイを搭載し,タイプ入力,手書き入力,音声入力とデータ入力モードを選択できる。adiのヴァイスプレジデント兼マイクロマシン製品事業部担当であるbillgiudice氏は次のようにコメントしている。「高性能信号処理とmems技術を集積したデバイスの世界唯一の量産メーカーとして,当社のmems慣性センサー・テクノロジーが,多種多様なコンシューマー製品向けアプリケーションに次々に採用されている。im

  • 3

    米Triton BioSystems,ナノ材料でがん細胞を破壊する技術を発表(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    ゲット性を持つナノサイズの徐放性製剤の開発結果について報告した。invitroでの実験結果では薬物の放出が1週間以上にわたって持続することが確認されたという。北海道大学大学院歯学研究科教授亘理文夫氏はバイオ用のカーボンナノチューブやナノファイバーの開発について報告した。バイオ応用のための可溶性や分散性,サイズ制御などの方法のほか,生体為害性や細胞毒性を含む生体反応を調べている。京都大学大学院薬

  • 3

    英国の大学発ナノテクベンチャー   日本企業との交流に期待大きい(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    ■解説海外リポート英国の大学発ナノテクベンチャー日本企業との交流に期待大きい2004年2月9日から13日の五日間,英国でナノテク研究を行っている大学と企業を合わせて16カ所訪問した。その結果,英国では大学や国立研究機関などからナノテクベンチャー(表)が次々と誕生していることがわかった。ここでは,ナノテクによる新産業の創生を志向する大学の動きと,次々に誕生するナノテクベンチャーについて解説する。

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/03/08)

    insideereport2004.3.82カレンダーカレンダーカレンダー目次へ日経ナノテクノロジーinsideereport(毎月第2,第4月曜日発行)2004年3月8日号(no.12)購読料金1年(24号)98,000円(本体93,333円)各号4,800円(本体4,572円)購読申し込み問い合わせ電話0356961111発行人●宮田満編集長●黒川卓編集●神保進一/西村勝彦広告●企画部長○

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ