カスタムページの設定変更

12件の検索結果  1〜12件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    インクジェットは環境改善に貢献します(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    20041122no.29編集室目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1編集室インクジェットは環境改善に貢献しますニュース■電子情報2エプソン,回路基板用インクジェット技術■ライフ4ビタミンc60,安全性試験結果を発表7英国政府,ナノ粒子の評価リポートを公開8国

  • 3

    エプソン,2007年の実用化目指す回路基板用インクジェット技術を公開(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■電子情報2004/11/01エプソン,2007年の実用化目指す回路基板用インクジェット技術を公開セイコーエプソンは2004年11月1日,東京都内の本店で,同社が開発を進めているインクジェット法を用いる回路基板製造方法の技術説明会を開催。これまでに試作に成功した基板を展示して紹介した。説明者は,生産技術開発本部本部長の森昭雄氏とkn推進プロジェクト部長の和田健嗣氏である。同社は,経済産業省の経

  • 3

    ビタミンC60バイオリサーチ,フラーレンの安全性試験結果を発表(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■ライフ2004/11/09ビタミンc60バイオリサーチ,フラーレンの安全性試験結果を発表三菱商事の子会社ビタミンc60バイオリサーチは,このほどフラーレンに関する安全性試験の結果について本誌に発表した。同社が開発したフラーレンは,残留溶媒や不純物を取り除き精製した「biofullerene」と,ポリマーにbiofullereneを分散させた水溶性フラーレン「radicalsponge」。この

  • 3

    英国衛生安全委員会,ナノ粒子に関するレビューリポートを公開(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■ライフ2004/10/29英国衛生安全委員会,ナノ粒子に関するレビューリポートを公開英国の衛生安全委員会事務局(hse:healthandsafetyexecutive)は,このほど,ナノ粒子に関するレビューリポート「rr274」をまとめた。ここではレビューのあらすじだけ載せる。リポート本文はリンク先からダウンロードすることができる。ナノテクノロジーは,それについて広い範囲で学際的な研究開発

  • 3

    国立環境研,ナノ粒子の健康影響研究設備を公開(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■ライフ2004/10/29国立環境研,ナノ粒子の健康影響研究設備を公開独立行政法人国立環境研究所は,2007年10月27日,平成16年度「つくば新技術講座」の見学会で,昨年から研究を進めているナノメートルスケールの微粒子の,健康への影響を研究する設備を公開した。「これまでほとんど公開していない」(同研究所環境健康研究領域上席研究官の小林隆弘氏)と言う。環境研が進めているのは,「大気中微小粒子

  • 3

    英Surrey大教授のHunt氏,ナノ粒子の健康安全評価の重要性を主張(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■ライフ2004/10/29英surrey大教授のhunt氏,ナノ粒子の健康安全評価の重要性を主張英国surrey大学看護倫理学センター所長で同大教授の倫理学者であるgeoffreyhunt氏(写真)が,2004年10月25日,独立行政法人産業技術総合研究所技術情報部門研究経営調査室が東京の経済産業省で開いた第4回「ナノテクノロジーと社会」討論会でナノテクノロジーの倫理的問題について講演。「様

  • 3

    地震予知へ一歩前進か(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■ナノサイエンス04/11/04地震予知へ一歩前進か今回は,番外編として「ナノテク以外の興味深いニュース」をご紹介したいと思う。まず,新潟の地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。今回は地震研究の最前線の話題なのである。実は,日経ナノテクノロジーの連載と連動させて,自分のサイトで「竹内薫の科学コラム」とを始めたのだが,2週間ほど前,そこにこんな記事を書いた。「オレは地震学には無知なの

  • 3

    都ナノテク議連,企業訪問を皮切りに本格的な活動を開始(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■その他2004/11/04都ナノテク議連,企業訪問を皮切りに本格的な活動を開始2004年6月1日に東京都議会の議員で結成され,6月8日に初会合を開いた「ナノテクノロジー推進議員連盟」(本誌2004年6月14日号の関連記事参照)のメンバー代表が,11月2日,江戸川区にある東京インスツルメンツの本社を訪問した(写真)。今回は議員連盟ができてから初めての活動である。訪問したのは議員連盟の会長を務め

  • 3

    「第13回ポリマー材料フォーラム」リポート 参加者同士の密な交流に主催者の工夫(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    pdfplus2004.11.22pdfplus2004.11.2211スペシャルフィーチャースペシャルフィーチャー目次へ■解説学会報告「第13回ポリマー材料フォーラム」リポート参加者同士の密な交流に主催者の工夫2004年11月11日と12日,名古屋国際会議場で「第13回ポリマー材料フォーラム」が開催された。主催は社団法人高分子学会。運営委員長は,名古屋工業大学大学院工学研究科都市循環システム

  • 3

    有機EL産業拡大に向け次々と課題をクリア(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    ■解説技術トレンド有機el産業拡大に向け次々と課題をクリア薄型ディスプレイ(fpd:flatpaneldisplay)に不可欠な機能を厚さわずか数mm程度のパネルで実現できる有機el(エレクトロルミネッセンス)(写真1)が注目されている。しかし,普及する製品になるまでの技術的な課題はまだいくつもある。ここでは,有機elが抱える課題を挙げるとともに,地域の産業活性化のために有機elに期待する山形

  • 3

    plus(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    pdfplus2004.11.222plusヘッドラインplusヘッドライン以下のニュースは日経ナノテクノロジーのwebサイトに掲載した速報記事です。urlをクリックしてご覧下さい。目次へ200411/5●元シャープの英国研究者,北アイルランドのナノテクセンター所長として来日http://nano.nikkeibp.co.jp/members/news/20041105/11356/index

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/11/22)

    pdfplus2004.11.222目次へ日付名称場所主催問合先11月22日月~11月24日水symposiumonnanotechnologyinenvironmentalprotectionandpollutionbangkokthailandapnf,nstdahttp://www.apnf.org/sympindex.htm11月23日火~11月25日木17thinternationa

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ