カスタムページの設定変更

13件の検索結果  1〜13件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    奥深い繊維の可能性に注目(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    20041227no.31編集室目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1編集室奥深い繊維の可能性に注目ニュース■電子情報2京都クラスター,フォトニクスセミナー開催3理研ナノフォトニクスシンポ,活発な討論■先端材料5消防庁,経産省とナノテク消防服開発を計画■ライフ

  • 3

    理研ナノフォトニクスシンポ,非線形光学領域における最新成果について活発な討論(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    3ニュースために,これを検出することで分子の有無を検出するというもの。検出感度は非常に高く,例えばベンゼン中のポルフィリン分子は0.4分子,ポリアクリルアミドゲル中のdnaは7分子の精度で検出できるとのこと。この熱レンズ顕微鏡では分子の選択的な検出が難しいが,μtasによる試料の分離などとあわせて実用化を目指していく。また,京都大学大学院工学研究科電子工学専攻教授の野田進氏によるフォトニック結

  • 3

    消防庁,経産省とナノテク消防服の開発を計画(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    理研の早澤紀彦氏(河田ナノフォトニクス研究室研究員)──「プラズモン増強の非線形振動ナノ分光」いずれの講演も非線形光学領域における最新の成果を講演したもので,講演後の質疑応答では活発な討論が交わされた。(佐藤銀平)■先端材料2004/12/02消防庁,経産省とナノテク消防服の開発を計画ナノテクノロジービジネス推進協議会(nbci)は2004年12月1日,経済産業省の会議室で,「先進消防服に関す

  • 3

    SNT, 交互積層膜による超撥水性材料を開発(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    末までに絞り込む,省庁内で事前検討体制を決定,2005年1月から3月末までの間に本調査提案書を作成,同年4月から7月の間に技術開発項目を絞り込み,8月から2006年3月まで技術開発内容の調査を行う。続いて,平成18年度である2006年4月からナノテク消防服の開発を開始する予定になっている。なお,予算の出所と予算額はまだ決定していないが,総務省と経産省の連携プロジェクトになる予定。「個人的な意見

  • 3

    灯台下暗し,遠赤外線は針金を伝わる(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    撥水性材料は,我々の身の回りにある雨具や衣料などで既に幅広く使われているが,フッ素などの環境汚染物質が含まれている場合が多いため,環境汚染物質を含まない撥水材料が地球環境のためにも求められている。今回開発した超撥水性交互積層膜が広く実用に供することができるようになれば,低コストで超撥水性機能のある材料として医療,バイオなどにも応用展開できる可能性があると期待されている。sntは,ナノテク(na

  • 3

    北大と物材機構が包括提携,バイオインスパイア技術による生体材料の開発から(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    えば,空港での手荷物や貨物の中の化学物質を検査することが容易になる。また,医学的な内視鏡への応用も考えられるだろう。mittleman博士は,本誌の取材に対して,「今回の導波路の技術は,手の届かない場所へ遠赤外線を向けなければならないような場合へと応用の幅を拡げる」と,遠赤外線の指向性が大幅に改善された点を強調した。産業への早期の実用化が望まれる。(竹内薫)■その他2004/12/07北大と物

  • 3

    電通学会,これからの産業に役立つナノテクノロジーを考える研究会開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    ■その他2004/11/30電通学会,これからの産業に役立つナノテクノロジーを考える研究会開催社団法人電子情報通信学会ナノエレクトロニクスソサイエティが主催する「次世代ナノ技術に関する研究専門委員会」の第2回研究会が,2004年11月25日と26日,東京のホテル銀座ラフィナート(旧京橋会館)で開かれた。初日は12人の講演と,講師と参加者の交流会が開催された。この専門委員会は,次の産業を創生する

  • 3

    京大,最先端のナノテク分析機器について学ぶスクールを開催。生徒の9割は企業人(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    ■その他2004/11/26京大,最先端のナノテク分析機器について学ぶスクールを開催。生徒の9割は企業人京都大学は2004年11月19日,第2回目の「京都ナノテクスクール」を開催した。このスクールでは,ナノテクノロジーの分析計測加工機器を開発している企業の技術者を講師に招き,基礎的な原理から具体的な応用までを学ぶ。今回の題材には,堀場製作所の分光エリプソメーター,日本電子のナノスケール電子線リ

  • 3

    日本のパートナー募集 Michael R. Knapp氏 米Cambrios Technologies社 社長 兼 CEO(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    ■国際交流日本のパートナー募集michaelr.knapp氏米cambriostechnologies社社長兼ceo前号に続き,日本企業とのパートナーシップを求めて来日した海外のキーパーソンを紹介する。今回は,生体が持つ自己組織化という特性を,積極的にエレクトロニクス分野に生かすビジネスを開拓しようとしている米cambriostechnologies社(cambriostechnologies

  • 3

    plus(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    pdfplus2004.12.272plusヘッドラインplusヘッドライン以下のニュースは日経ナノテクノロジーのwebサイトに掲載した速報記事です。urlをクリックしてご覧下さい。目次へ200412/9●自己組織化の米ベンチャーceo,日本のエレクトロニクスメーカー訪問http://nano.nikkeibp.co.jp/members/news/20041209/11398/index.s

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2004/12/27)

    pdfplus2004.12.272カレンダー目次へカレンダー目次へ2005年日経ナノテクノロジーpdfplus(毎月第2,第4月曜日発行)2004年12月27日号(no.31)購読料金1年(24号)98,000円(本体93,333円)各号4,800円(本体4,572円)購読申し込み問い合わせ電話0356961111発行人●藤堂安人編集長●黒川卓販売●影山潔(グループ長)上條登,曽波敬治協力ス

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ