カスタムページの設定変更

12件の検索結果  1〜12件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    CNT バックライト, 日機装が試作し話題に(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    291517192123252630ホットニュースcntバックライト,日機装が試作し話題にスペシャルフィーチャー■解説技術トレンドナノファイバー■インタビュー久間和生氏三菱電機役員理事先端技術総合研究所所長ニュース■電子情報ナノスピントロニクスの産業利用促進で討論■先端材料ナノポーラス材料で2次電池の瞬発力アップフラーレンナノチューブ研究会シンポ報告■マシンmems構造設計─立命館大磯野氏■ラ

  • 3

    ナノファイバー 医療,IT など広範な分野で生きる最先端素材(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    スペシャルフィーチャーナノファイバー医療,itなど広範な分野で生きる最先端素材ナイロンやポリエステルなどの合成高分子,あるいはタンパク質やキトサンといった生体高分子を用いて,繊維径あるいは内部構造をナノメートルオーダーで加工したナノファイバー。このナノファイバーの研究開発が,今,欧米で急速に進展しており,数年後には本格的な市場が形成されると言われている。先行している欧米の現状報告,そして日本が

  • 3

    ナノスピントロニクスの産業利用促進と用途拡大に向け, 要素技術別に専門家が討論(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    目次へ■電子情報ナノスピントロニクスの産業利用促進と用途拡大に向け,要素技術別に専門家が討論トンネル磁気抵抗効果を利用するtmrヘッドやmram,スピンfetなど.スピンエレクトロニクス(スピントロニクス)が,このところ注目されている。しかし,従来の電子デバイスに用いる技術に比べ,その加工技術や計測技術がまだ十分に確立されていないというのが現状だ。このため,ナノ加工と計測技術の開発は,スピント

  • 3

    産総研, ナノポーラス材料で2 次電池の瞬発力2 桁アップ確認。電気自動車開発に朗報(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    ニュース目次へずれのポスター発表も充実した内容で,参加者の熱心な質問に発表者が丁寧に応じていたのが印象深い(写真3)。(佐藤銀平)■先端材料産総研,ナノポーラス材料で2次電池の瞬発力2桁アップ確認。電気自動車開発に朗報.独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門主任研究員の周豪慎氏らは,チャネル幅が約5nmで内径が約4nmの孔が三次的に規則正しく配列したナノポーラス材料(図1,写真)

  • 3

    フラーレン・ナノチューブ研究会シンポ, 産総研の高純度CNT 大量生産法などが注目される(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    ニュースや酸化スズ(sno2)をドープして電子伝導性を持たせた多元結晶性金属酸化物複合ナノポーラス材料(tio2p2o5cuoとtio2p2o5sno2)も合成している。今回,これらの多元系材料を用いた電池特性の評価も行った。その結果,導電性酸化物をドープしない材料に比べ,さらに高い電流密度でも高い充放電密度を維持できることを確認した。今回の産総研の成果によって,2次電池や燃料電池だけを動力源

  • 3

    「MEMS 構造設計にはマイクロ・ナノスケールでの機械的特性評価が重要」 ─ 立命館大 磯野氏(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    ニュースマン分光法を用いた単層カーボンナノチューブの光学的特性を発表した。cntの分光学的な基礎理論が発達することで,cntの電子状態や品質などを正確に評価できるようになり,このような基礎研究は応用研究をするうえで大変重要である。また今回特に注目を集めた産総研の畠氏らによる「スーパーグロース」の発表について篠原氏は,「その直径の太さなどからオールマイティーな合成法にはなりえないだろうが,純度が

  • 3

    生物機能活用と健康に焦点を当てたNEDO のバイオ・プロジェクト(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    ニュース度が6.5gpaとマクロスケールのものよりも向上していることが分かった。この理由については現在詳細を検討中とのことだが,材料寸法がナノスケール化することで表面粗さが小さくなり,これによって潜在亀裂の影響が小さくなったためではないかと磯野氏は述べている。なお,磯野氏は,.財団法人マイクロマシンセンター等が,世界に先駆けてmemsの評価試験等の標準化,データベース化を推し進めていることを報

  • 3

    ナノテクとタコの目と軍事的な応用(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    ニュース目次へ【図2】先進ナノバイオデバイスプロジェクトいるタンパク質やdnaを簡単に分析できるという(図2)。これは、遺伝子によってナノピラー部分での速度が異なるという特性を利用したもの。前処理から,分離精製,検出という一連のプロセスを1チップ内でできるため,一般の病院での臨床検査はもとより,家庭での健康診断をスピーディに低コストでできることになる。採取する血液についても,まもなく無痛針採取

  • 3

    関西大学,「学の実化」を目指した先端科学技術研究の成果を一挙公開(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    理は,ようするに空気中から水中に光が入射する二層の例を思い浮かべれば納得することができるにちがいない。それにしても,なんで,ナノテクを駆使してタコの目などつくったのだろう?軽い材質の新製品を投入して眼鏡屋さんでも始めるつもりなのか?実は,この研究,資金が.darpaからでているようだ。そう,泣く子も黙るアメリカの軍事研究の拠点である。今回の試作品は,将来的に,もっと柔らかいプラスチックを使うこ

  • 3

    小型燃料電池の実用化が近づきつつあります(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    編集室目次へ小型燃料電池の実用化が近づきつつあります2005年1月19日から21日,テーマを燃料電池だけに絞ったイベント「.国際燃料電池展」が東京ビッグサイトで開かれました。主催者によれば,第1回目の開催にも関わらず,237社が出展し,3日間の来場者数は2万人を超えたそうです。「まさかこんなに来場者が多いとは期待しなかったので,お付き合いで1小間しか出展しませんでした」と,大日本印刷の説明員は

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/01/31)

    カレンダー目次へ2月1日火ナノテクノロジーと社会日本経団連会館国際会産業技術総合研究所,物質材料研究機構,国立環境研究所議場(東京千代田区).http://www.aist.go.jp/aist_j/research/honkaku/symposium/nanotech_society/symposium.html日経ナノテクノロジーpdfplus(毎月第2,第4月曜日発行)2月1日火cres

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ