カスタムページの設定変更

13件の検索結果  1〜13件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    NBCI,8産業分野のロードマップを完成(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    2915171921232526273031ホットニュースnbci,8産業分野のロードマップを完成スペシャルフィーチャー■解説技術トレンド自己組織化■インタビュー高柳英明氏ntt物性科学基礎研究所所長ニュース■電子情報ntt,基礎研究の広報活動に積極的電中研,東北大が有機/無機fet■先端材料信大,dwcntの大量合成法を開発■マシン東北大,東京でナノテクノロジーを紹介■ナノサイエンス「アイス

  • 3

    自己組織化 最新の研究成果をみる(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    スペシャルフィーチャー自己組織化最新の研究成果をみる原子や分子をナノ構造に集積するボトムアップ手法の中で,有力なテクノロジーとして注目されている自己組織化。例えば,フラーレンやカーボンナノチューブが代表的な自己組織化によるナノマテリアルであり,dnaの設計図に従いアミノ酸からタンパク質ができるのも典型的な自己組織化である。この自己組織化の手法によって,革新的な機能を持つ材料の開発システムの創製

  • 3

    NTT,基礎研究への理解を深めるため,積極的に広報活動(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    目次へ■電子情報ntt,基礎研究への理解を深めるため,積極的に広報活動.ntt物性科学基礎研究所は,2005年1月24日,「.サイエンスプラザ2005」と題して神奈川県厚木市の同研究所を一般公開した。午前10時から午後7時にかけ,講演,ポスターによる研究紹介,研究施設見学,ビデオ上映,懇親会と盛りだくさんの内容だった。同研究所は,nttの中では最も基礎的な研究を行っている機関であり,海外の第一

  • 3

    電中研,東北大が開発した有機/ 無機電界効果トランジスタ,広範な応用に期待(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュース電導を示すデータを得ました。高温超電導に関して,前例の無い説なので,まだ論文が受理されません」と本誌に述べた。超電導に関する発表は中島氏を含めて4件有った。全体で30件の中の4件は少なくない。ntt物性基礎研が超電導の研究を積極的に進めている理由には,超電導で得られる量子状態を将来的に情報通信に活用する目的があるようだ。高柳氏は本誌に対し,「私は年間数億円の所長予算を持っており,独創的

  • 3

    信州大の遠藤研,二層カーボンナノチューブの大量合成法を開発。電子源応用も視野(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュース作成においては,まず分子がほぼ完全に自然に整列した形で有機分子単結晶を成長させ,シリコンウェハー上の酸化シリコン絶縁膜にシラン系の自己組織化単分子膜(sam:selfassembledmonolayer)をコートした後,自然な静電引力を利用して有機物/無機物界面を作成する方法を開発したことで「理想界面」が得られ,この方法により通常の多結晶薄膜の場合に問題となる結晶粒界がなく,平坦で均一

  • 3

    東北大,東京でナノテクへの取り組みについてセミナー開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュースシートにした方が一般にはわかりやすいと思った。ただし,シートとして例えばfedなどの電子源として活用できると考えている」と述べた。同氏は,もともと量産という視点からcntの製法を開発してきた。今後は,dwcntの本格的な量産法を開発するステップに入るという。(黒川卓)■マシン東北大,東京でナノテクへの取り組みについてセミナー開催2007年に創立100周年を迎える東北大学は,「.科学が次

  • 3

    「アイスナノチューブ」の驚き(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュースが,国際的な共同プロジェクトが必要ではないか。ハードだけではなく,ソフトも必要であり,そういう観点からは新たな人材育成が重要だ。次の100年のために,我々は何をやっていくべきか考えながら進めて行かなければならない」と大西氏。「産業の基盤となるナノテクは,1社だけでは乗り切ることはできない。これから大きな産業に育てていくには,大きな目標を立てて推し進めていくべきであり,そのためには大学や

  • 3

    東京都がナノテクノロジーセンターを開設,中小企業の技術力向上と事業化支援が目的(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュースえるかもしれない。実際,構造の異なる単層ナノチューブは,異なる波長の光しか吸収しないため,単色のレーザーを照射することにより,お目当ての単層ナノチューブだけを加熱することが可能だという(図2)。今回の研究は,基礎科学の領域の「謎」を残しつつ,実用化が視野に入っているという点で,現代のナノテク研究の雛形といえるかもしれない。物理学的な「直観」が裏切られるのだなぁ,という感想を抱くと同時に

  • 3

    京都クラスター主催のナノテクMOT ビジネスプラン発表会,会場は盛り上がる(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュース業技術大学院(仮称)」開設(2006年4月予定)を決めた。東京都知事本局の公開資料(図)によれば,センターを開設する目的は中小企業のナノテクノロジー関連分野への取り組みを支援することである。例えば,地域の企業,大学,試験研究機関の知識を結集し,企業の現場のニーズを聞いて共同研究を支援する。また,高性能な機器類を設置して開放,さらに技術相談を受けながら,中小企業が希望する技術や製品の開発

  • 3

    名大,産学連携をめざして東京でフォーラム開催。青色発光ダイオードも展示(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    ニュースとビジネスプラン作成を行う演習から構成される。今回,ビジネスプラン作成の演習課題として,.京都大学大学院工学研究科材料化学専攻教授の平尾一之氏の「フェムト秒レーザーガラス微細加工」と.京都工芸繊維大学地域共同研究センター教授の吉本昌広氏の「極低温顕微フォトルミネッセンス装置」という,事業化に未着主な二つのシーズを主催側が準備した。この二つのシーズのうち一方を受講者が選択し,自由な発想で

  • 3

    ナノテクノロジーと社会(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    編集室ナノテクノロジーと社会ウイルスの意味を辞書で調べると,核酸(dnaまたはrna)と蛋白殻からなる微粒子,半生物,大きさ20~300nm…といった説明があります。lsi開発の最前線では,配線の幅や間隔を数十nmまで加工する技術がすでに得られています。ようするに,ウイルスとlsiの加工寸法はコンパラ(comparable)なのです。数十nmのサイズは,単にmm,μmの続きと言うだけでなく,生

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/14)

    目次へカレンダー2月14日月つくば発ナノバイオ融合テクノロジーシンポジウムつくば国際会議場(つくば市)つくばナノテクビジネスフォーラム,つくばバイオゲノム推進会議,つくばナノテクフォーラムつくばバイオフォーラム茨城県商工労働部つくば研究支援センター.http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/syoukou/shosei/newsnano3.htm2月21日月~2月2

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ