カスタムページの設定変更

11件の検索結果  1〜11件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    韓国サムスン,38 インチFED の商品化に意欲(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    261214171820222324ホットニュース韓国サムスン,38インチfedの商品化に意欲スペシャルフィーチャー■解説技術トレンド細胞シート工学■インタビュー村野和雄氏富士通研究所代表取締役社長ニュース■先端材料九大,可溶化カーボンナノチューブの潜在能力北大,自己組織化でナノマイクロ構造創製時空間機能材料─人工物に生物の曖昧さ■ライフ食総研,マイクロチャネルでナノ粒子生成■その他北大と産総

  • 3

    細胞シート工学 東京女子医大 岡野氏が先導して開拓(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    スペシャルフィーチャー細胞シート工学東京女子医大岡野氏が先導して開拓ナノテクノロジーを医療に活用するナノメディシンという研究領域において,「細胞シート工学」が注目されている。この工学を最初に切り開いたのは.東京女子医科大学再生医工学分野教授の岡野光夫氏(写真)である。すでにこの分野の研究に取り組む研究者は増えつつあり,それぞれの研究内容は非常に細分化されている(表)。国内外合わせて40近い研究

  • 3

    九大の中嶋教授,可溶化カーボンナノチューブの潜在能力を解説(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    目次へ■先端材料九大の中嶋教授,可溶化カーボンナノチューブの潜在能力を解説高い電導度,高い引っ張り強度,超弾性,2800°cの耐熱性(空気がない場合)。いわば様々な極限的機能を持つのがカーボンナノチューブ。これまでは,バラバラにすることができず,バルクの材料としてしか扱えないと思われてきた。それは,ファンデルワース力が働くため,強力なバンドル構造になっているため溶媒に溶けないだろうという理由か

  • 3

    北大の下村教授,自己組織化を利用する極めてシンプルなナノ・マイクロ構造の創製法を解説(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    もちろん,そうはいってもちょっとしたテクニックは必要だが,誰にもできるということだ。さて,可溶化する技術は分かったが,その次に何をするかである。dnaの薄膜をつくることだ。これは,poly(c)とpoly(g)を使い,レイヤーバイレイヤーという技術によって,それぞれの溶液にカーボンナノチューブが可溶化されているので,交互に積層していくと透明な薄いフィルムができる(.関連記事)。それでは,この可

  • 3

    「時空間機能材料」─ 人工物に生物のような曖昧さを取り込む(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    ニュースうことだ(写真2)。そのうえ,ピンクッション構造であるため,この上に乗った水滴は超撥水構造になるという。水滴の接触角度は160度以上になるということだから,最大限に丸い水球になっている状況である(写真3)。この特性から,テキスタイルをはじめ,水を弾く特性を活用する用途は数多くあるが,生体適合性の高分子を使えるということから創傷被覆材としてかなり有望な技術として活用できそうだ。(佐藤銀平

  • 3

    食品総研の中嶋氏,自在にナノ粒子を生成するマイクロチャネル技術を解説(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    ニュースが既に知られているが,こういった不安定な材料を肯定的に捉え,材料設計に生物的な不安定性をうまく取り込むことができると,現在我々の身近にある材料とは根本的に異なる発想から生まれる全く新しい材料がでてくる可能性がある。ナノテクノロジーにおける空間制御の限界現在研究が盛んなナノテクノロジーの分野においても,不安定性が問題となっているが,その不安定性を積極的に取り込んだ材料設計によるナノテクノ

  • 3

    北大と産総研,連携プログラム協定を締結(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    ニュースによる分子集合体は,ナノメートルサイズの粒子を安定的に形成でき,種々の機能性分子を組み込むハイブリッド分子集合体の作製が可能である。例えば,生体適合性の高い脂肪酸とポリグリセリン脂肪酸エステル(pgfe)を用いたナノ粒子の場合。脂肪酸としてオレイン酸,界面活性剤としてpgmm(polyglycerinmonomyristate)という食品グレードのもので作ると,粒径を10nmから100

  • 3

    基礎研究の蓄積(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    編集室基礎研究の蓄積私たちが.nanotech実行委員会と共同で主催した.国際会議では,日立製作所副社長の中村道治氏を含めて講師全員が,「基礎的な研究の蓄積が有るからこそできるのです」と自信を持って発言されました。講師全員が世界的に名の通った日本と韓国の大手エレクトロニクスメーカーの研究部門リーダーだから言えることかもしれません。国際ナノテクノロジー総合展技術会議.nanotech2005の最

  • 3

    plus(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    plusヘッドライン目次へ以下のニュースは日経ナノテクノロジーのwebサイトに掲載した速報記事です。urlをクリックしてご覧下さい。20052/17●(nanotech国際会議プレビュー)http://nano.nikkeibp.co.jp/members/news/20050217/11487/index.shtml富士通研,トップがシミュレーションの重要性を述べる2/16●(nanotec

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/02/28)

    カレンダー目次へ3月3日木第3回京都ナノテクスクール京都大学宇治キャンパス京都大学ナノテクノロジー総合支援プロジェクト,京都大学化化学研究所共同研究棟大学研究所,文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセミナー室(京都府宇治市).http://www.vbl.kyotou.ac.jp/nanotech/school/日経ナノテクノロジーpdfplus3月14日月「fpdinternati

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ