カスタムページの設定変更

11件の検索結果  1〜11件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    IHI,4月に高温超電導モーターを発売(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1ホットニュースihi,4月に高温超電導モーターを発売スペシャルフィーチャー2■解説企業動向nanotech国際会議リポート9■インタビュー森昭雄氏セイコーエプソン生産技術開発本部本部長ニュース■電子情報16両極性動作をする

  • 3

    両極性動作をするC60FET 有機トランジスタ実用化へ一歩前進(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    ニュース東北大学金属材料研究所教授の岩佐義宏氏http://iwasa.imr.tohoku.ac.jp/第28回シンポジウムhttp://fullerenejp.org/28th/indexj.html■電子情報05/03/02両極性動作をするc60fet有機トランジスタ実用化へ一歩前進有機物を溶媒に溶かして塗布してトランジスタを作る。低コストで,扱いやすい,大面積化が可能,といった様々な特

  • 3

    東北大学,蛍光ナノ粒子を用いた新しいガン診断法を開発。患者への負担を大幅軽減(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    ■先端材料05/02/28東北大学,蛍光ナノ粒子を用いた新しいガン診断法を開発。患者への負担を大幅軽減ナノスケールによる精密な医療を実現するための方法の1つとして,1nm程度の量子ドットが活用されつつある。ただしその際,構成する原子数のほとんどが表面に露出するため,表面を毒性の低い物質でコーティングして,安定化させた物質として適用しなければならない。東北大学の研究グループは,このほど蛍光ナノ粒

  • 3

    半導体微粒子(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    ■先端材料05/02/22半導体微粒子半導体微粒子(量子ドット)は,光励起により生じた電子や正孔が3次元的に強い閉じ込めを受けるため,量子のサイズによって光学特性が変わることが知られている。また,バルク結晶に比べて表面や界面の影響や微粒子の周りの各種マトリクス物質によっても特性が変わる。さらに,半導体ナノ微粒子のサイズを一定の大きさにそろえると,半導体ナノ微粒子が発する光の色を非常に純粋な色と

  • 3

    京大の小山氏,白金やパラジウムなどの金属ナノ粒子の簡便な固定化法を開発。デバイス応用を視野に(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    ■先端材料05/02/22京大の小山氏,白金やパラジウムなどの金属ナノ粒子の簡便な固定化法を開発。デバイス応用を視野に金は赤,銀は黄…。ナノテクの大きな魅力の一つに,ある材料をナノメートルスケールまで小さくしていくと,日常のスケールのものとは違った性質を発現することが挙げられる。金属ナノ粒子はその最たる例で,金(au)はナノスケールになると,私たちが想像する色ではなく赤色を呈し,銀(ag)は黄

  • 3

    ナノテク関連市場を活性化する − 世界初のロードマッピング(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    ■その他05/02/28ナノテク関連市場を活性化する世界初のロードマッピング2005年2月23日~25日の三日間,東京ビッグサイトで国際ナノテクノロジー総合展技術会議「.nanotech2005」と「ナノバイオexpo2005」が開催された。世界最大規模のナノテクノロジーのイベントになったことは言うまでもないが,今回,特に注目すべき点の一つは,ナノテクではおそらく世界初となるロードマップの発表

  • 3

    plus(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    日経ナノテクノロジーのwebサイトに掲載したその他の記事です。nanotech2005,4万人近い来場。日仏の商談なども成立http://nano.nikkeibp.co.jp/members/news/20050225/11497/index.shtml米intel社と英qinetiq社,共同でトランジスタを研究http://nano.nikkeibp.co.jp/members/news/

  • 3

    編集室─国立大学を改革する若手パワーに驚きました(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    編集室国立大学を改革する若手パワーに驚きました2005年3月6日の日曜日,大阪大学で開かれた.阪大フロンティア研究機構の.「平成16年度若手教職員育成プログラム経過報告および成果発表会」に審査員として参加させていただきました。「厳選なる審査の結果で選ばれた人だけが発表するとお聞きしていますが,私が付ける点数によっては,若手研究者が困ることにならないでしょうか」と,機構長である阪大教授の.池田雅

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/03/14)

    pdfplus2005.3.1428カレンダー目次へカレンダー目次へ日付名称場所主催問合先3月14日月「fpdinternational2005」プレセミナー第2回『次世代テレビ市場を勝ち抜く液晶パネル生産技術』東京コンファレンスセンター(東京品川区)nikkeimicrodevices./bp_techon/seminar/050314_2.html3月2

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ