カスタムページの設定変更

14件の検索結果  1〜14件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    産総研,ナノテクの社会受け入れ促進で調査研究開始(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    産総研,ナノテクの社会受け入れ促進で調査研究開始ホットニュース独立行政法人産業技術総合研究所は,2005年7月から「ナノテクノロジーの社会受容促進に関する調査研究」を開始した。これは,平成17年度の科学技術振興調整費による事業で,期間は2006年3月31日まで。これからナノテクノロジーを本格的に産業に役立てる前に,ナノテクノロジーの利点,逆に間違って利用されることによるリスク,一般市民が受ける

  • 3

    コンピューターシミュレーションで新物質を創製─ 東北大学 教授 川添 良幸氏に聞く─(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    スペシャルフィーチャースペシャルフィーチャー■技術トレンドコンピューターシミュレーションで新物質を創製─東北大学教授川添良幸氏に聞く─一般的に理論計算と聞くと,実験結果や自然界で起こっている現象を見て,それを説明するために使う方法だととられるかもしれない。ところがその理解は間違っている。新機能物質の創製において,理論計算と実験は車の両輪として共に無くてはならない。どちらを先に行うか,それは鶏と

  • 3

    ナノテクノロジーで医療機器事業を大きくします(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■インタビューナノテクノロジーで医療機器事業を大きくします小川治男氏オリンパス新規中核事業企画本部本部長オリンパスは2005年4月,新しい中期事業を作るための社長直轄組織である新規中核事業企画本部を設けた。責任者の人選には2カ月を要し,研究開発センターmems開発本部長を務めていた小川治男氏を本部長に抜擢した。小川氏を中心に,ナノテクノロジーやバイオテクノロジーを積極的に活用して医療機器事業な

  • 3

    クラス0.1を簡易なクリーンユニットによって実現 北大の石橋氏に聞く(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ニュース■電子情報05/07/01クラス0.1を簡易なクリーンユニットによって実現北大の石橋氏に聞くクラス1のクリーンルームと言えば,いわば究極の空間。国内でもこれを実現するクリーンルームは数えるほどしかないだろう。当然,これほどのシステム設置には膨大な費用がかかる。6月25日~26日に京都国際会館(写真1)にて行われた.第4回産学官連携推進会議で,.北海道大学電子科学研究所電子機能素子部門量

  • 3

    本年最大のナノチューブ国際会議, スウェーデン・イエテボリで開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■先端材料05/06/30本年最大のナノチューブ国際会議,スウェーデンイエテボリで開催スウェーデンのイエテボリにある.chalmers工科大学(chalmersuniversityoftechnology)において,2005年6月26日から“internationalconferenceonthescienceandapplicationofnanotubes“(.nt'05)が始ま

  • 3

    米大,ケージ状「Zintlアニオン」の単離と構造解析に成功。新機能の発現に期待(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■先端材料05/06/25米大,ケージ状「zintlアニオン」の単離と構造解析に成功。新機能の発現に期待米国インディアナ州にある.notredame大学博士研究員のjose.m.goicoechea氏と教授のs.c.sevov氏は,ゲルマニウム(ge)原子が形成するラグビーボール状ケージに,2つのパラジウム(pd)原子が内包された,zintlアニオン(図)を安定に単離し,構造解析に成功した。研

  • 3

    東京女子医大の大和氏,「細胞シート」を始めとする再生医療の現状と今後の展望(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■ライフ05/06/29東京女子医大の大和氏,「細胞シート」を始めとする再生医療の現状と今後の展望東京女子医科大学再生医工学分野助教授の大和雅之氏(写真)は,東京女子医大を中心とした「細胞シート」による再生医療に関する研究に関して現状の課題と今後の展望について総括した。この記事をもって細胞シート工学の連載を終了する。大和氏によると,再生医療は,今までの対症療法的な治療とは異なり,1回の治療で疾

  • 3

    理研,ナノスケールの観察技術や合成化学の発展に資する「ナノドメイン生物学」を紹介(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■ライフ05/06/22理研,ナノスケールの観察技術や合成化学の発展に資する「ナノドメイン生物学」を紹介2005年6月9日,日本薬学会長井記念ホール(東京都渋谷区)において,「ナノドメイン生物学ワークショップ05発展する新たな生命膜情報科学」が開催された。このワークショップは,ラフト理論という新たな細胞の膜モデルを中心にしたもの。このラフト理論によって,糖鎖やスフィンゴ脂質を含めた膜脂質の機能

  • 3

    メーカーが最新分析機器を解説 ─ 京都ナノテクスクールより(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■マシン05/07/01メーカーが最新分析機器を解説─京都ナノテクスクールよりメーカーの開発者を講師に招き,最新分析機器についてセミナー形式で解説する.京都大学工学研究科ナノ工学高等研究院主催の.京都ナノテクスクールが,2005年6月29日,.京都大学ローム記念館にて行われた。年に数回行われているこのイベントは,今回で4回目となる。企業を中心に350人の参加者が集まった。分析機器の原理紹介から

  • 3

    MEMSパークコンソーシアム, MEMS分野技術ロードマップを解説(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■マシン05/06/28memsパークコンソーシアム,mems分野技術ロードマップを解説産学官によるmemsの事業化を目指す組織「.memsパークコンソーシアム」は2005年6月24日,仙台商工会議所で「mems分野技術ロードマップ研究会」を開催した。この研究会では,経済産業省,新エネルギー産業技術総合開発機構(nedo技術開発機構),産業技術総合研究所が,市場動向や技術動向を踏まえてまとめた

  • 3

    阪大,次世代デバイスを作るボトムアップ技術として,AFMによる原子・分子操作法を提案(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■マシン05/06/22阪大,次世代デバイスを作るボトムアップ技術として,afmによる原子分子操作法を提案.大阪大学大学院工学研究科教授の森田清三氏(写真)の研究室では,原子間力顕微鏡(afm)を用いて室温で原子や分子を移動し,微細なパターンを作製できる技術を開発している。森田氏は,この技術が将来的に次世代のデバイスの製造に役立つと期待している。パソコン,携帯電話,その他の精密電子機器の性能は

  • 3

    時だけが真実を告げる?(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    ■ナノサイエンス05/06/22時だけが真実を告げる?ナノテクノロジーとは直接関係がないが,「科学全般」という視点から非常に興味深いニュースを2つばかりとりあげてみたい。1つはペンタクオークの話題であり,もう1つは宇宙定数の問題である。いや,ニュースというには古すぎるかもしれない。実は,両方とも「science」誌の2005年4月22日号に掲載されたニュースなのである(ペンタクオークの問題は「

  • 3

    編集室 着実な努力で夢はだんだん現実に(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    編集室着実な努力で夢はだんだん現実にオリンパスで最新の内視鏡のお話を伺った時,ここまで進んでいるのかと驚きました。図にあるような手術は,医師や受けた患者さんならとっくにご存知のことかもしれませんが,私は詳しく知りませんでした。この図で示している手術の場合,内視鏡でがんを見つけ,内視鏡から出てくる注射針で生理食塩水を入れてがんを浮かせ,つまんで切り取るというもの。これはすでに当たり前のように実施

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/11)

    産学連携事務局http://csseip.nikkeibp.co.jp/b_servlet/pushservlet?template=jst.tmplhttp://bizboard.nikkeibp.co.jp/b_servlet/pushservlet?template=jst.tmplhttp://bizboard.nikkeibp.co.jp/list/fr_jst/

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ