カスタムページの設定変更

11件の検索結果  1〜11件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    阪大,中空ナノ粒子で超軽量な構造材料を作製(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    2005725no.45目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1ホットニュース阪大,中空ナノ粒子で超軽量な構造材料を作製スペシャルフィーチャー2■政府団体第3期科学技術基本計画5■インタビュー大井英之氏クレステック代表取締役社長ニュース■先端材料9ナノポーラス金

  • 3

    第3期科学技術基本計画(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    スペシャルフィーチャー内閣府総合科学技術会議http://www8.cao.go.jp/cstp/第47回総合科学技術会議http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/giji/gijisi47.htm科学技術基本法http://www8.cao.go.jp/cstp/cst/kihonhou/mokuji.htm第1期科学技術基本計画http://www.mext.go.

  • 3

    人類が手に入れた最高の道具電子ビーム”で産業界に貢献する(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    ■インタビュー人類が手に入れた最高の道具”電子ビーム”で産業界に貢献する大井英之氏クレステック代表取締役社長一筆書きである電子ビームリソグラフィーは,光でいっきに行うフォトリソグラフィーに比べて描画速度が遅いと決め付けられている。しかし,ステージ側の工夫によって,次世代dvdディスクの上にわずか数時間で2000億個のピットパターンを描けるようになる。そんな装置をリコーや産業技術総合研究所と共同

  • 3

    STM国際会議, 生体試料観察に関する発表相次ぐ(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    ■ライフ05/07/12stm国際会議,生体試料観察に関する発表相次ぐ2005年7月3日~8日,札幌コンベンションセンターで開催された走査型トンネル顕微鏡(scanningtunnelingmicroscopy)に関する国際学会.stm'05(走査型プローブ顕微鏡に関する国際学会icspm13と共催)では,生体試料観察に関する先進的な発表が相次いだ。.金沢大学教授の安藤敏夫氏(写真1

  • 3

    高付加価値を付けて新たな市場を拓く ─MEMSソリューション2005より(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    ■マシン05/07/13高付加価値を付けて新たな市場を拓く─memsソリューション2005より2005年7月7日と8日の2日間,東京コンファレンスセンター品川で「memsソリューション2005」が開催された。第2回目となる今回は,memsデバイスの実用化に向けたアプリケーション側のニーズとデバイス側のシーズをマッチングさせる試みを継承。携帯電話や自動車といった実際のビジネス,ファウンドリ,最新

  • 3

    内閣府,縦割りの各府省に 横串を通す8人を決定(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    ■政府団体05/07/15内閣府,縦割りの各府省に横串を通す8人を決定内閣府は2005年7月15日,国家的社会的に重要で関係府省の連携で推進する「科学技術連携施策群」(.関連記事)で,最初のコーディネーターとなる8人を発表した。「科学技術連携施策群」の中には,「水素利用/燃料電池」「ナノバイオテクノロジー」という特にナノテクノロジーと関係の深い2つのテーマがある。水素利用/燃料電池のコーディネ

  • 3

    米NNIのMurdy氏,ナノテクノロジーの社会受容促進に関し,国際的連携を呼びかける(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    ■政府団体05/07/11米nniのmurdy氏,ナノテクノロジーの社会受容促進に関し,国際的連携を呼びかける2005年7月3日から8日まで,札幌コンベンションセンターで開かれた走査型トンネル顕微鏡(scanningtunnelingmicroscopy)に関する国際学会stm'05(走査型プローブ顕微鏡に関する国際学会icspm13と共催)は6日間の全日程を終えた。期間中,stmそ

  • 3

    編集室─反対の技術の影響力(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    編集室反対の技術の影響力東京医科歯科大学に大日本印刷の寄附講座「ナノメディスン(dnp)」ができることになったので,共同記者発表会(7月22日)に行ってきました。そこで,中心的な立場にある.東京医科歯科大学分子細胞機能学教授の森田育男氏から興味深いお話をうかがいました。同氏はもともと,がん細胞に対する血管の新生を抑制する研究を行っていたそうです。がん細胞に栄養分を補給する血管ができないようにし

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/07/25)

    pdfplus2005.7.2523カレンダー目次へカレンダー目次へ日付名称場所主催問合先7月25日月~7月27日水第29回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム京都大学時計台記念ホール(京都市)フラーレンナノチューブ研究会.http://hydrogen.kuicr.kyotou.ac.jp/fullerene_29/29fullerene_j.html7月25日月第2回kyonanoフォト

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ