カスタムページの設定変更

12件の検索結果  1〜12件を表示

キーワード |

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 3

    京大,ナノ構造制御で蛍光体フリーの白色LEDを開発(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    200588no.46目次のタイトルをクリックすると、各ニュースのページへ飛ぶことができます。本文中のキーワードに関するホームページにリンクしています。そのページに動画があることを示しています。1ホットニュース京大,ナノ構造制御で蛍光体フリーの白色ledを開発スペシャルフィーチャー2■解説企業動向最先端ナノテクノロジーに挑むnhk放送技術研究所9■インタビュー佐野睦典氏イノベーションエンジン代

  • 3

    最先端ナノテクノロジーに挑むNHK放送技術研究所(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    スペシャルフィーチャー■解説企業動向最先端ナノテクノロジーに挑むnhk放送技術研究所東京の愛宕山放送所から,nhkの前身である東京放送局のラジオ放送が始まったのが1925年のこと。その5年後の1930年,技術研究所(現nhk放送技術研究所)が設立される。以来75年,.nhk放送技術研究所(以下,nhk技研)は,放送技術全般の発展に関わる調査をはじめ,放送機器やシステムなどの研究開発を進めてきた

  • 3

    日本が海外に勝るのはナノテクを中心とする先端製造技術だ(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    イノベーションエンジンhttp://www.innovationengine.co.jp/野村総合研究所http://www.nri.co.jp/■インタビュー日本が海外に勝るのはナノテクを中心とする先端製造技術だ佐野睦典氏イノベーションエンジン代表取締役過去約30年間,国内外の企業動向をウォッチし続けてきた佐野睦典氏は,ナノテクノロジーを中心とする日本の先端製造技術とそのベースとなるサイエン

  • 3

    Stanford大学 教授の西氏, 半導体の将来について語る(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ニュースstanford大ナノファブリケーション研究所http://snf.stanford.edu/index.html集積システム研究センターhttp://cis.stanford.edu/■電子情報05/07/19stanford大学教授の西氏,半導体の将来について語る札幌コンベンションセンターで2005年7月3日から8日まで開催された走査型トンネル顕微鏡(scanningtunneli

  • 3

    ナノチューブの光学的性質とその分光学に関するワークショプ,米コロラドで開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■先端材料05/07/20ナノチューブの光学的性質とその分光学に関するワークショプ,米コロラドで開催カーボンナノチューブ,とりわけ単層カーボンナノチューブと二層カーボンナノチューブは,その光学的性質,物理的性質に関して,ラマン分光法や近赤外蛍光分光法,紫外可視近赤外吸収分光法などの実験と,第一原理計算などの理論の両面から精力的な研究が続けられている。この分野で,特にナノチューブの光学的性質を研

  • 3

    次世代データ記憶メディアの開発で SIIナノテクノロジーのMFMに高い関心(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■マシン05/07/24次世代データ記憶メディアの開発でsiiナノテクノロジーのmfmに高い関心走査プローブ顕微鏡の研究者の間で,.エスアイアイナノテクノロジーが開発をした磁気力顕微鏡(mfm:magneticforcemicroscope)が注目されている。札幌コンベンションセンターで開催された走査トンネル顕微鏡(stm:scanningtunnelingmicroscope)に関する国際学

  • 3

    スイスNeuchtel大,膝治療などに 活用する走査型フォース内視鏡を開発(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■マシン05/07/24スイスneuchtel大,膝治療などに活用する走査型フォース内視鏡を開発医療バイオ分野に関連する発表が相次いだ走査型トンネル顕微鏡(stm:scanningtunnelingmicroscopy)に関する国際学会.stm'05(走査型プローブ顕微鏡に関する国際学会icspm13との共催,2005年7月3日~8日,札幌)では,.スイスneuchtel大学マイクロ

  • 3

    中村 修二氏,九州大学 新キャンパス誕生記念講演で成功の奇跡を熱く語る(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■政府団体05/07/29中村修二氏,九州大学新キャンパス誕生記念講演で成功の奇跡を熱く語る九州大学医学部百年記念講堂大ホールで2005年7月27日,青色発光ダイオードの開発者である.米california大学santabarbara校(ucsb)教授の中村修二氏(写真1)が,『ブレークスルー全ての壁をぶちやぶれ!~青色発光ダイオードの中村修二教授,挑戦の奇跡を語る~』と題して講演を行った。今

  • 3

    阪大と東北大,従来の枠組みを超えた共同研究システム「新産業物質基盤技術研究センター」設立で発足式開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■政府団体05/07/28阪大と東北大,従来の枠組みを超えた共同研究システム「新産業物質基盤技術研究センター」設立で発足式開催.東北大学多元物質科学研究所(多元研)と.大阪大学産業科学研究所(産研)による「新産業創造物質基盤技術研究センター(物質基盤センター)」の発足記念講演会が2005年7月25日に東京都千代田区の学士会館で開催された。この物質基盤センターは,個別の大学内での連合といった従来

  • 3

    福岡ナノテク推進会議,産業化支援を目的に総合イベントを開催(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    ■政府団体05/07/21福岡ナノテク推進会議,産業化支援を目的に総合イベントを開催.福岡ナノテク推進会議は2005年7月19日,福岡市内にあるアクロス福岡で,ナノテクノロジーによる産業界の活性化を支援する目的で,講演会,展示会,商談会からなるイベントである「.福岡ナノテクnow2005」を開催した(写真1)。このイベントは,「福岡ナノテク推進会議第4回総会」,「シンポジウム」,「ナノテク製品

  • 3

    編集室─プレゼンテーションの重要性(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    編集室プレゼンテーションの重要性ここに書くことは,釈迦に説法で誠に失礼な内容かもしれません。お許しください。本号のインタビューで,イノベーションエンジンの佐野さんからお聞きした中で特に頭にこびりついたのは,「怒らせたらおしまい」というご発言でした。新しい事業に投資したいと考えた時,評価者から受ける質問に対して誠実に答えず,怒らせてしまったらその案件はボツになるということです。多くの方がご経験を

  • 3

    カレンダー(日経ナノテクノロジーPDFplus, 2005/08/08)

    カレンダー目次へカレンダー目次へ日付名称場所主催問合先8月11日木~8月23日火文部科学省第一回ナノテクノロジーサマースクール「量子効果素子の物理」(財)人材開発センター富士研修所(山梨県富士吉田市)文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンター.http://www.nanonet.go.jp/japanese/event/event20050811.html8月16日火~8月18日

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ