定年後を見据えた働き方、生き方を意識し始めたシングル会社員の悩みに、「キャリア」と「お金」の両面から実践的なアドバイスをお届けします。相談者は前回に続き、ハードワークからのシフトチェンジを考えている49歳のユリさん。仮にフリーランスでゆるやかに働くスタイルに変えた場合、収入減が想定されますが、経済面で問題はないのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、話題の「FIRE」の紹介も交えながらシミュレーションしていきます。

相談者No.4 ユリさん(49歳、監査法人)

監査法人に勤める公認会計士。これまで同社で15年以上バリバリ働いてきて、専門職としてのキャリア・収入ともに満足している。だが、出張の多い生活で、最近は体力的に限界を感じている。これからの人生は、仕事ばかりでなく自分のやりたいことをしてみたいので、働き方をもっとゆるやかに自由なものにシフトできないかと真剣に考えている。仕事柄、数字には強く、資産運用はしっかりとしてきた。

お金編アドバイザー 高山一恵さん(ファイナンシャルプランナー)

 ユリさんのように、専門職でバリバリ働いている方は、仕事にやりがいを感じている一方で、ハードワークの日々で多大なストレスを抱えている方が少なくないのではないでしょうか。体力の低下が気になるお年ごろということもあり、もっとゆるやかな働き方にシフトしたいとご希望されるお気持ちはとてもよく分かります。

 とはいえ、もっとゆるく働くということは、現実的には収入が下がることが多いもの。ですから、経済的な面もしっかり考えておく必要があります。

話題の「FIRE」を実現するのに必要な資産は…

 今、世間では若い世代を中心に「FIRE」が話題になっています。FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとった造語。経済的に自立し早期退職を目指す、といった意味です。昔のいわゆる早期リタイアは、億万長者になって仕事を辞め、後は資産を取り崩して生活するといったイメージですが、FIREでいう早期退職は、資産運用によって収入(不労所得)を増やし、支出を減らし、きちんと貯蓄を行い、毎年の生活をまかなっていくというものです。

 例えば年間の生活費が300万円の場合、年間の資産運用で300万円の利益が出れば、計算上は資産を減らさずに、資産運用の収入だけで暮らしていけることになります。

 ユリさんは完全なFIREを目指しているわけではないと思いますが、仮定の話として、FIREを実現するためのルールについてお話しします。

 FIREを実現するために必要な資産(FIRE資産)を計算するのに用いられるのが「4%ルール」。簡単に言うと、「年間の生活費の25倍の資産を運用すれば、年利4%の運用益で生活費をまかなえる」というルールです。つまり、年間の生活費が300万円ならば、その25倍の7500万円のFIRE資産を運用すればいいというわけです。この場合の運用益は7500万円×4%=300万円ですから、年間の生活費と釣り合いますね。上記のケースで完全FIREを目指す場合には、リタイアする時点で7500万円の資産が必要ということです。現実的にはかなりハードルの高い話ですね。

 もっとも、4%ルールの「4%」はあくまで米国の株式市場を元に過去のデータからはじきだされた数字ですので、必ずしも4%で運用が続けられるという保証はありません。年4%の運用ができなければ不労所得が減ってしまうので、そのときは支出を削るか、働くなどして他の収入で補う必要が出てきます。それでも足りない場合は、資産を取り崩すことになります。

 ユリさんは仕事柄数字に強く、資産運用をしっかり行ってきたということで、現時点で資産は3000万円あります。FIREを目指すかどうかはさておき、ユリさんが希望するように、ゆるく働きながら生活が成り立つのかどうか見ていきたいと思います。

働き方をペースダウンして収入が減った場合も、しっかり増やした資産を頼りに生活は成り立つのか
働き方をペースダウンして収入が減った場合も、しっかり増やした資産を頼りに生活は成り立つのか

月20万円の収入で、65歳までの生活はどうなる?

 社会保険労務士の佐佐木由美子さんのアドバイスによると、ユリさんは専門性を生かしてフリーランスとして活躍する道もあるとのこと。では、仮に50歳でフリーランスに転身し、3000万円の資産に加えて、退職金が800万円支給されるとして計算してみます。ユリさんは現在、会社近くのマンションに賃貸暮らしですが、退職したら今よりも家賃が安いマンションに引っ越す予定です。また、試算上ではフリーランスになって以降、資産運用はしていない想定としています。

50~65歳までの必要資金を試算する

 50歳で仕事を辞めて、年金が支給される65歳までに必要な生活費は次のようになります。

 25万円(ユリさんのご希望の1カ月当たりの生活費)×12カ月×15年間=4500万円

 50歳からは仕事のペースを落とし、フリーランスとして月20万円程度の収入を得る予定として、その分の収入を計算すると、20万円×12カ月×15年間=3600万円。50~65歳までの収入では足りない金額を単純に計算すると、4500万円から3600万円を差し引いた900万円ということになります。

 この不足分を金融資産から取り崩すわけですが、50歳の時点で前述の通り3800万円あるとした場合、50~65歳までの足りない金額900万円を差し引くと、残りの資産は2900万円となります。 数字の上では、計画通りに進めば65歳までは問題なくやっていけそうですね。

 ただ、上記に加えて65歳以降の生活費も考える必要があります。

90歳まで生きると、さらに○○○○万円が必要

 基本的に65歳以降は働かず、年金だけで生活するとします。まず、どれくらいの年金がもらえるかですが、大学卒業後から50歳まで正社員で働き、現在の年収は1200万円とします。フリーランスになった後は、60歳まで国民年金に加入するとします。

 詳細な計算は異なってくるかもしれませんが、今回は、三井住友銀行のウェブサイトで提供している年金試算シミュレーションを利用して試算します。

 試算結果を見ると、65歳以降にもらえる年金の金額は月額16万3000円となります。

 65歳以降の生活費も変わらず月額25万円と仮定します。そうすると、生活費の不足分は、毎月8万7000円になります。

 仮に90歳まで生きるとして、65歳以降の不足金額はこうなります。

 8万7000円×12カ月×25年間=2610万円

 高齢になると、病気になったり、介護が必要になったりするケースが多く、医療費や介護費用として1人当たり500万円程度必要といわれています。

 65歳以降に必要なお金は、老後の生活費と医療・介護費用を合わせると、3110万円です。65歳の時点で残りの資産は2900万円なので、生活費を少し調整すれば、なんとかギリギリ間に合うといったところです。

 ただし、将来高級老人ホームに入る、海外旅行に行くなど、ゆとりある老後を送りたい場合や想定以上に長く生きる場合には、資金が足りなくなる可能性は高いでしょう。試算はあくまで会社を辞める時点での資産に基づいたものなので、実際にはフリーランスになってからも資産運用を続けたり、65歳以降も働き続けたりすれば、家計にゆとりを生むこともできるようになります。

フリーランスは自分自身で「万一」に備える必要がある

 試算上は、ユリさんがフリーランスに転身するなどして働くペースをダウンさせてもなんとか基本的な生活は成り立つことが分かりました。ですからぜひフリーランスも含めて、今後の働き方を考えてみていただければと思います。

 ただし、フリーランスになると会社員のときと違い、社会保障が手薄になります。

●厚生年金から国民年金に変わるので、受け取る年金の金額が少なくなる
●勤務先が加入する健康保険組合から国民健康保険に変わるので、病気やケガなどで休んでも傷病手当金は支給されない(ただし退職後2年間は任意継続被保険者になれる)
●雇用保険に加入しないので、仕事がなくなってしまった場合に自分で備えなくてはならない

 病気やケガで働けなくなった場合に民間の保険で備える、フリーランスの退職金づくりとして小規模企業共済を活用するなど、会社員のときよりも自分自身で不測の事態に備えておく必要があります。

 働き方を変えると加入する制度が変わりますので、制度の概要をよく確認するようにしましょう。

 人生100年時代、その時々の状況に合わせて働き方を変えるのはむしろ必然なのかもしれません。とはいえ、経済的に安定していないと自由に働き方を選択することも難しいでしょう。働き方を見直したいと考えている方は、事前にマネープランもしっかり立てることが大切です。

文/高山一恵 イメージ写真/PIXTA