記事検索サービスHome / 産業動向レポート / 日本情報マートのビジネスレポート / 残業削減を成功させるポイントは事前の「現状把握」

残業削減を成功させるポイントは事前の「現状把握」

日本情報マートが提供するビジネスリポートの経営全般/法律の分野から「残業削減を成功させるポイントは事前の「現状把握」」を解説した報告です。A4判で、6ページになります(表紙を除く)。※2019年4月更新


目次

1.残業削減に取り組む前に押さえておきたい「4つの時間」

  • 所定労働時間
  • 法定労働時間
  • 残業時間
  • 実際の労働時間

2.業務過剰に陥る3つの要因

  • 業務遂行が非効率である
  • 従業員の就業意識に問題がある
  • 労働力に対する業務量が過剰である

3.具体的な現状把握の方法

  • 業務明細書
  • 労働時間変動グラフ
  • インタビューシート

4.部課長版 インタビューシートの例

  • 所定労働時間に対する業務量について
  • 残業の発生状況
  • 残業が発生するようになった出来事について
  • 業務の効率性について
  • 業務の割り振りについて
  • 業務に対する従業員の姿勢について
  • 残業削減策として好ましいものは

5.一般社員版 インタビューシートの例

  • 所定労働時間に対する業務量について
  • 残業の発生について
  • 担当している業務について
  • 業務の効率性について
  • 残業に対する意識について
  • なぜ、残業をするのか

pdf download 3600円こちらのボタンからクレジットカードでデータをご購入いただけます 。