記事検索サービスHome / 産業動向レポート / 日本情報マートのビジネスレポート / HACCP手法にみる効果的な食品衛生教育を行うためのポイント

HACCP手法にみる効果的な食品衛生教育を行うためのポイント

日本情報マートが提供するビジネスリポートの危機管理の分野から「HACCP手法にみる効果的な食品衛生教育を行うためのポイント」を解説した報告です。A4判で、6ページになります(表紙を除く)。※2018年3月更新


目次

1.準備段階のポイント

  • 衛生教育の重要性
  • 衛生管理手法としてのH A C C P
  • H A C C P による衛生教育はトップ主導で行う
  • チームリーダーに必要な資質
  • H A C C P 手法推進チーム構成のポイント
  • 教育は階層ごとに分けて行う

2.効果的な衛生教育を行うためのポイント

  • 現状の把握
  • 食中毒とは何かを理解させる
  • 実際に起きた事故事例は最良のテキスト
  • 微生物教育は視覚化する
  • マニュアルの手順には根拠を明記する
  • 定期的なチェックと再教育で衛生意識維持を

3.従業員教育のちょっとした「コツ」

  • 現場のリーダー格の従業員を味方に付ける
  • ゴールをきちんと示す
  • マイナス要因だけではなくメリットも伝える
  • 専門用語の多用は避ける

pdf download 3600円こちらのボタンからクレジットカードでデータをご購入いただけます 。