日経インターネットソリューション 1998/05号

TREND1
企業ユーザーのコスト低減目指す 第1弾はスパム制御機能備えた8.9
 Sendmail製品化へ

インターネット・メール・サーバーの業界標準であるフリー・ソフトのSendmailに,製品版が加わる。狙いは,企業ユーザーにとって導入しやすい製品を提供し,メール・サーバーの構築・運用・管理にかかるコストを抑えられるようにするためだ。開発者らが設立した米Sendmail社は,第1弾として,スパム・メールの制御機能を標準搭載した新版を発表した。 Sendmail−。(100〜103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3971文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > メールサーバー*
【記事に登場する企業】
米センドメール社
update:19/09/25