日経ソリューションビジネス 1998/08/07号

ニュース
日本オラクルがOracle7の出荷停止 Oracle8へのシフトで年25%成長へ

 日本オラクルは98年7月末で,自社製RDB(リレーショナル・データベース)Oracle7の出荷を原則として停止した。同社は「Oracle8の出荷から1年が経ち,製品移行期間が終わったと判断した」と説明するが,理由はそれだけではなさそうだ。 日本オラクルの98年度(98年5月期)の売上高は前年度比5.1%増の465億9200万円。97年度以前に比べ,成長率を大きく落としている。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:545文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
日本オラクル
update:19/09/25