日経メディカル 1998/08号

患者指導ノート 脂肪肝
患者指導ノート 脂肪肝
監修:飯島  敏彦(順天堂大学浦安病院内科助教授)

 近年,脂質を中心とする食事や,過度の飲酒などを原因とした“栄養過剰型”の脂肪肝が増えている。過剰に摂取した脂質,アルコールにより,肝臓に中性脂肪が蓄積された状態である。 とくに超音波検査が一般化した最近では,肝生検をすることなく,画像診断から脂肪肝と診断が下される例が増えており,増加傾向に拍車をかけている。(117〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2706文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
順天堂大学
update:19/09/27