日経ものづくり 1998/09号

トピックス
200℃以上で使えるアルミ合金の粉末鍛造品
住友電気工業,nmオーダーの結晶粒径で実現

 住友電気工業伊丹研究所は,200℃以上の高温で引っ張り強さや靭(じん)性に優れているアルミニウム合金の粉末鍛造品「ナノアルミ」を開発した(図1)。結晶の粒径がnmオーダーと小さいナノ組織にすることで優れた機械的性質の達成にこぎ着けた。 例えば,一般のアルミ合金に比べて200℃の引っ張り強さは350〜450MPaと2倍程度高く,伸びは5〜15%大きい。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1940文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
【記事に登場する企業】
住友電気工業
update:19/09/26