日経メディカル 1998/09号

今月のキーワード 急性ヒ素中毒
和歌山では初期対応に課題残す 症状だけからの原因特定は困難

 急性ヒ素中毒は,一定量以上のヒ素を一度に摂取した場合に起き,悪心や嘔吐,下痢,腹痛,筋肉の痙攣,血圧の低下,チアノーゼなどの症状を呈する。ヒ素は呼吸器や消化管,皮膚といったあらゆる器官から吸収され,細胞代謝を阻害する。死亡に至るまでには,通常24時間から4日ほどの経過をとる。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1424文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27