日経ものづくり 1998/10号

挑戦の軌跡  
ゼロ・エネルギが当たり前になります
バイクのエンジン使ったヒートポンプを開発したことも

 1973年の第一次オイルショックのころでした。石油が入ってこなくなるといって,日本中が大パニックになった。そんな中で,もしも石油が入ってこなくなるなら,自前でエネルギを作ってしまえばいい。そういう発想からゼロ・エネルギー住宅のコンセプトが出てきたのです。 そのころ当社は,エコ・エネルギ住宅の研究を進めていました。(72〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6071文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
【記事に登場する企業】
ミサワホーム
update:19/09/26