日経ものづくり 1998/11号

挑戦の軌跡  
「ミニ高炉」でダイオキシンレス
近代高炉の産みの親はただいま廃棄物処理に邁進中

 久米は八幡製鉄(現新日本製鉄)に入社以来,製銑畑を歩き続けた。現場,研究所,現場─。23〜25歳の研究所時代,久米は博士号取得の原点となる,ある発見をした。それが上司の目に留まり,鉄の歴史に名を残す大仕事をやり遂げる。ところが,喜びも束の間。大事故が起きる。●   ●   ● 上司がいきなり呼びつけて,「おまえは最近,面白いことを言っているらしいなあ。(76〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4699文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:19/09/26