日経コンピュータ 1998/11/09号

短期集中連載 NTのメモリー・リーク対策
メモリー・リーク発生の原因 複雑なWindows NTの仕組みに関係
1回

サーバー・システムを長期間にわたって連続稼働させるときの安定性に重大な影響をおよぼす「メモリー・リーク問題」。Windows NTを使ったシステム構築において,この問題が最近注目を集めている。今回から4回にわたって,この問題の原因と対策を解説していく。宇野  俊夫ハラパン・メディアテック代表取締役 「システムが3日ごとに落ちてしまう」。(126〜128ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4166文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ハラパン・メディアテック
update:19/09/24