日経コンピュータ 1998/11/09号

危機からの脱出
帝都高速度交通営団(営団地下鉄)
通信機器の故障で地下鉄が5時間不通 異常検出機能の強化で再発防止

 1998年8月19日午前7時27分,帝都高速度交通営団(営団)の地下鉄有楽町線の全駅のプラットホームに,「緊急停止」を指示するブザーが鳴りわたった。列車が走行するトンネルの内部では,緊急停止を示す表示器が点灯。運行中のすべての列車は,乗客を乗せたまま即座にトンネルのなかで停車した。(155〜157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
東京地下鉄(東京メトロ)
update:19/09/24