日経コンピュータ 1998/11/09号

現場が喜ぶ情報化 15の鉄則
当事者意識を持たせよ
第3回

情報化プロジェクトは,「結果が出るまであきらめることが許されない地獄の特訓」と言える。「参加することに意義があるオリンピック」では決してない。つまり,情報システムの構築に参加する現場の担当者たちに,情報化の目的である業務改善を達成するまで気を抜けない,という当事者意識を持たせることが重要である。(160〜162ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24