日経ものづくり 1998/12号

クローズアップ
グリーン調達ネットワーク
環境配慮がモノを売る条件に

 97年10月に国内でいち早くグリーン調達基準(図1)を公表したキヤノンはその狙いを「協力メーカーを巻き込んだ総合的かつ全体的な競争力向上のための方策」(キヤノン常務取締役環境保証担当の酒巻久氏)と位置づける。その趣旨は製造業が抱える環境負荷(=リスク)の低減製造する製品・部品・材料の環境適合性を高めることによる商品の競争力向上—となるだろう。(24〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5543文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
update:19/09/26