日経ものづくり 1998/12号

特集
[8.3m] ■[種目]1枚鏡の直径 ■[勝者]三菱電機

年1月末,国立天文台が三菱電機を主契約者として建設している大型光学赤外線望遠鏡「すばる」*(図1)が,いよいよファーストライト*を迎える。「すばる」をはじめとする新世代望遠鏡の活動開始は,新しい天文学の幕開けを告げる大きなエポックになるだろう」(国立天文台教授の海部宣男氏)(1)と期待されている。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2627文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
三菱電機
update:19/09/26