日経ものづくり 1998/12号

特集
[10μm] ■[種目]作る気泡の径 ■[勝者]和泉電気と徳山高専

たしが測った限り『気泡径数μm』というカタログ値はまゆつばだ」—。和泉電気システムソリューション部GALF事業グループリーダーの町谷勝幸氏と,徳山工業高等専門学校教授の大成博文氏は,脳天気にうたわれるチラシ文を口をそろえて批判する。 気泡は主に水質浄化に使われる。水中に浮遊するゴミに付着し,“浮き袋”となってゴミを水面に浮かす。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2292文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
IDEC
update:19/09/26