日経ものづくり 1998/12号

トピックス・テクノロジ 
マザック,MCの主軸を軸心冷却
主軸にすき間作り,冷却液を外部との間で循環

 ヤマザキ マザック(本社愛知県・大口町)は,軸心冷却する最高回転数が2万5000rpmの高速主軸を開発した*。横型MC「FH−4800」(パレットの大きさが400×400mm)「同5800」(同500×500mm)「同6300」(同600×600mm)の主軸を軸心冷却している。「FH−4800」「同5800」の主軸は40番で,最高回転数は2万5000rpm。「同6800」の主軸は50番で同1万5000rpmである。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:723文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
【記事に登場する企業】
ヤマザキマザック
update:19/09/26