日経情報ストラテジー 1999/02号

特集2
人事情報システムの刷新を急げ
Human Resource Management

 「取引相手とのEDI(電子データ交換)を推進する狙いは,単なる受発注の合理化ではなく,実は人事制度の改革がその背景にある。EDIで営業部員1人ひとりの正確な実績を把握し,個人の成果を給与に反映させることが目的だ」。 こう話すのは大手食品会社,ニチレイの中野勘治専務である。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(38〜41ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
特集2(42〜45ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
特集2(46〜48ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 基幹業務システム > 人事管理システム*
update:19/09/24