日経情報ストラテジー 1999/02号

特集2
人事情報システムの刷新を急げ
Human Resource management

 HRMに挑戦する企業が続々と登場している。社員の成果やスキルの評価を明確にするために,まず評価項目の内容や基準を見直すことで,各社員の活動実態を正しく把握できるように工夫した例が多い。 「仕事の成果を明確にするために,社員の“行動特性”を評価基準として採用した。社員の努力を評価する単なる目標管理制度では,本当の成果とは言えない。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4585文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(38〜41ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
特集2(42〜45ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
特集2(46〜48ページ掲載)
人事情報システムの刷新を急げ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 基幹業務システム > 人事管理システム*
update:19/09/24