日経デジタル・エンジニアリング 1999/02号

モデリングセンス Solid Edge(ユニグラフィックス OAチェアのプロトタイプモデル(2)
レイアウト機能使いトップダウンで設計
5カ所で半径指定し滑らかな徐変フィレットを作成

背もたれ,座面,パイプ,脚部といった複数のパーツに分割して作成する。レイアウト機能を使い2次元線画で大まかなレイアウトを作成。この線画とリンクさせて各パーツをトップダウンで設計する。 今回の課題は,背もたれ,座面,2本のパイプ,脚,座面と脚の接続部品の五つのパーツに分けて作成した。椅子(いす)という製品が対象なので,1パーツでは不自然と考えた。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
update:19/09/26