日経ヘルスケア 1999/05号

特集1 介護保険の指定基準決定!その要点を徹底解 Part2
痴呆対応型共同生活介護

 痴呆対応型共同生活介護とは、痴呆性老人向けグループホームで行われるサービスに相当する。現段階では、市町村が「痴呆対応型老人共同生活援助事業」として行うほか、民間企業などが補助を受けずに独自に実施するケースもある。 介護保険では、以下に紹介する基準を満たす事業所であれば、痴呆対応型共同生活介護の指定を受けられる。(22〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5274文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
update:19/09/27