日経ヘルスケア 1999/05号

特集1 介護保険の指定基準決定!その要点を徹低解 Part2
施設サービス

 介護療養型医療施設の指定を受けることができるのは、療養型病床群、介護力強化病院(2002年度末まで)、老人性痴呆疾患療養病棟だ。 指定は病棟単位が原則。ただし、例外的に病室単位での指定も認められる。この「例外」の対象はまだ確定していないが、現在、100床未満の病院に限って、1病棟内に一般病床と療養2群を併存させる“特例”が認められている。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4585文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
update:19/09/27