日経ヘルスケア 1999/05号

病医院
負担増の影響薄れ患者数上向きに 被用者保険の本人だけは回復に遅れ
被用者保険の本人だけは回復に遅れ

 97年9月の改正健康保険法等の施行による患者負担増で、多くの病医院が患者減に見舞われた。特に、自己負担率が2割に増えた被用者保険の本人の激減は、経営に大きな打撃を与えた。 しかし、最近では、現場から「患者数の減少傾向はおおむね収まったようだ」との声も聞かれるようになった。各種の統計からも患者数に増加の兆候がうかがえ、負担増の影響は薄れつつあるようだ。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3832文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27