日経ESG 1999/07号

特集1 自動車産業が巻き起こすグリーン革命 part.5
本番迎える車体軽量化競争 鉄、アルミ、プラスチックが激突

 戦後、自動車業界とともに二人三脚で日本の産業を引っ張ってきた鉄鋼業界の雄、新日本製鉄が危機感を強めている。 自動車メーカーは、車体の軽量化のためにアルミに強い関心を寄せている。「アルミに対抗できる軽い鋼板を開発し、事業としていかに収益をあげていくかが最大の経営課題」。新日鉄の三村明夫常務はこう強調する。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2837文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
ビズボードスペシャル > 素材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:19/09/24